ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第8話あらすじ・見逃し【最終決戦開始!】

父の仇見つかる! されど何度も押し返されて

父・上條勇仁(岡部たかし)を死に追いやった仇を探り当て復讐するために警視庁に入庁した上條漣(玉木宏)。
どんな卑怯な手を使っても出世をすると誓って不正にも手を染めてきた、そのおかげで警視正までに昇りつめたが父を死に追いやった真犯人は恩師である千堂大善(椎名桔平)だった。
上條は何度も千堂を追い詰めるが、ことごとく今一歩のところで覆されてしまう。
千堂は元 SWAT隊員久瀬(浜田学)を利用して、大臣狙撃事件を企てた。
上條は千堂を糾弾するが、証拠はまたも富樫遊馬(岡田健史)の寝返りで隠蔽され、久瀬との約束は最初から守るつもりはなかった。
全ては久瀬が単独で行った犯行にされ、事件は闇に葬られた。
非道に憤った元警視庁で情報屋の刈谷銀次郎(橋本じゅん)は千堂を襲う。

刈谷の死

病院に搬送された千堂は上條の関与を疑っていた。
妻・千堂優愛(仲里依紗)は上條の日記を見て、千堂の悪事を全て知ってしまう。
刈谷はクラブSNSのママ・小宮志步(高岡早紀)の元で匿われていた。
刈谷は父が死んだときに、父の危機を知りながら見て見ぬふりをしていた。
そして、刈谷は密かに警視庁の人間と内通していると言う。
しかし、逃亡する矢先に何者かに射殺されてしまう。

一方、千堂は早々に復帰したが、権藤秀夫(吉田鋼太郎)や吉永晴樹(光石研)は千堂の刈谷殺しの関与を疑っていた。
そして、富樫は上條と千堂をどちらも裏切ったため庁内で孤立した。
クラブSで上條は刈谷が残したぬいぐるみにSDカードが残されていたことを知る。

刈谷とつながっていた男は?

上條は、千堂、権藤、吉永を集めて、吉永が刈谷と関与していたことを追及した。
刈谷の残したデータに、吉永の命令で刈谷が千堂を襲った事実が判明した。
吉永は不正をしたが、全ては警察の未来のためにやったことだと居直る。
権藤は過ちを犯してもそれを改めることができる人間が上に立てるという。
千堂は清濁併せ持てるものだけが、上に立つ器だと言う。
吉永は不正を認め、辞任することに納得したが、刈谷を殺したのはここにいる他の者だと言う。
優愛は上條に離婚届のサインを求めた。
「これからもずっと愛している」と言った優愛は家を出た。
やがて、刈谷を撃ったと思われる拳銃が発見され、それが蒲生兼人(森崎ウィン)のものだと断定される。
すべては千堂が仕組んだことだった。
逃走した蒲生は廃校の屋上から飛び降りようとする。
水樹爽(広末涼子)の説得で、蒲生は自殺を思いとどまるが、隣の校舎からSATがライフルを構えていた。SATが銃撃したせいで、蒲生は足を踏み外し意識不明の重体になる。
蒲生が改造銃を所持している疑いがあることで、蒲生の転落は正当化されてしまう。

サッチョウの悪魔はどちらか?

卑劣な千堂に上條は人間ではないという。
そういう自分もまた復讐のために悪魔に魂を売った男だと言う。
ついに二人の最期の戦いが始まろうとしていた。

そんな中、刈谷殺しの容疑者に意外な人物が浮上する。

ドラマ「桜の塔」第8話 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじネタバレ