ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第7話あらすじ・見逃し【激化する出世バトル】

妻の父は自分の父を死においやった男だった

上條漣(玉木宏)は子供の頃、上條勇仁(岡部たかし)を警視庁内の何者かに死に追いやられており、犯人をつきとめ復讐するために、警視庁に入ることを決意した。

上條はねつ造も厭わず手柄を立てて、出世の道を突き進んだ。
結果、やっと分かった父の敵は自分を後押した上司・千堂大善(椎名桔平)だと分かった。
千堂を追い落とそうとした上條だったが返り討ちにあって、再び服従の日々を送る。

5年が経ち、捜査二課の課長になった上條は同期と新たに改革派を立ち上げ、千堂との対立は深まる。
一方、千堂の娘である妻・優愛(仲里依紗)は冷え切った関係を修復しようとするが……

次期総監の座は?

次期警視総監を決める会議まで、あと1週間になった。
千堂に実家に戻るように言われている優愛に、上條は千堂を監視して欲しいと頼み、実家に戻そうとした。
優愛は上條の日記を盗み見てしまう。
優愛は日記の内容を全て、スマホに撮る。

そんな折、若槻大臣が演説中にライフルで何者かに狙撃された。
上條は若槻大臣との関係が危うくなった千堂の裏で糸をひいていると思ったが……。

前回、上條や恋人・水樹爽(広末涼子)を裏切り、千堂のために証拠を持ち出した富樫遊馬(岡田健史)。かつて爽に逮捕されて、今は父・水樹鉄朗(小松和重)の中華店で働く蒲生兼人(森崎ウィン)に助けられ、爽に許してもらった。

狙撃の容疑者は?

吉永晴樹(光石研)からの情報で、容疑者に元SATの久瀬(浜田学)という人物が浮上する。
久瀬は千堂と深いつながりがあった。
そして久瀬は情報屋の元刑事・刈谷銀次郎(橋本じゅん)の元同僚だった。

久瀬は取り調べで、警備の脆弱性を訴えるためだと言うが……。
刈谷と同僚深海は警察に戻る約束で、暴力団に潜入捜査に入った。
深海が麻薬に手を出したため、刈谷は引け目を感じて警察に戻れなくなっていた。
優愛から千堂が久瀬の封筒を探しているという知らせを受け、上條は久瀬の犯行の本当の意図を知る。

久瀬は深海を殉職扱いにして、退職金を交換条件に、狙撃を頼まれていた。
久瀬が自供する寸前に、千堂が取調室に入ってきて久瀬の自供を妨害する。
千堂は久瀬に約束しておきながら、約束を守るつもりは初めからなかった。

しかし、久瀬と千堂がかわした誓約書が出てこない。
久瀬が居酒屋の店主に預けた誓約書は富樫が手に入れていた。
富樫は誓約書を千堂に渡さず、千堂の陰謀をあきらかにしようとするが……。
矢上警視総監があらわれ、富樫の刑事生命がなくなることで脅され、またも千堂側に転んでしまう。

改革派はもう終わりなのか?

吉永、改革派の後見人・権藤秀夫(吉田鋼太郎)も警視総監になる道は閉ざされた。
上條の同期の新垣広海(馬場徹)も馳道忠(渡辺大知)も改革派もうおしまいだと絶望する。

警視総監になることが決まったと確信する千堂の前に刈谷が現れ、千堂の腹部を刺した。
やがて、逃亡した刈谷が射殺される。
矢上に転んでしまった富樫も共助課の捜査員の中で孤立してしまう。

「桜の塔」第7話 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじネタバレ