ドラマ

【ネタバレ】「珈琲いかがでしょう」第8話(最終話)あらすじ・見逃し【たこ爺さんの願いを叶えた青山】>

「珈琲いかがでしょう」第8話(最終話)あらすじ

ぼっちゃん(宮世琉弥)は、青山(中村倫也)の裏切りが許せず、報復しようとしていました。
「昔のトラモンみたいに、おしゃれな暴力をふるいたい」ぼっちゃんはそう言い、青山に帰ってきてほしいとお願いします。

しかし、青山がうなずいてくれないことに腹を立てて、志麻(夏帆)に手を出そうとしました。
それを見た青山は、
「17にもなってモノの分別もできないのか」とぼっちゃんに殴り掛かります。
「おしゃれな暴力なんて、そんなものはない」と青山は、ぼっちゃんを睨みつけ言いました。

ぼっちゃんは、
「愛されていない自分でどうやっていけばいいのか、権力と暴力でやらないと何も手に入らない」と言い出します。
そんなふたりを見て、夕張(鶴見辰吾)が、2代目の最期について本当のことを話し出しました。

2代目は、ぼっちゃんのことをとても愛していたのです。
愛されていないと思っていたぼっちゃんは、実は愛されていました。
いつも忙しくて自分のことをほったらかしにする父だと思っていたのに、とても子ども想いの父親だったのです。
そんな父の気持ちを知って、ぼっちゃんは驚きます。

夕張は、青山も自分もぼっちゃんを大切に想っているのだと伝えました。
そして、青山に
「もう行け」と言います。
青山は、
「組を継ぐのは早すぎたのかもな・・・」とぼっちゃんに言います。
すると「僕をなめるな」とぼっちゃん。

ぼっちゃんは、昔と変わっていなかったのです。
青山は、そんなぼっちゃんを見て安堵しました。
夕張は、ペイ(磯村勇斗)にも、
「もう行っていい」と言います。

ペイは、
「兄貴の永遠のLOVEなんて誰にもGETできない」と一言。
するとぼっちゃんは、
「やっぱりペイもトラモンLOVEなんだね」と。

ここから、ペイとぼっちゃんがどっちが兄貴を愛しているのか取り合い出しました。
すると、そこに志麻も乱入!
「青山さんの珈琲へのひたむきな愛を一緒に育めるのは私だ」

ぼっちゃんは、志麻を手ごわいライバルだと感じ、ペイに
「あの女を見張っておいて!」と言うのでした。

ポップ珈琲あらすじ・ネタバレ~じいさんが愛したさっちゃんのもとへ~

志麻は、青山とペイを乗せてたこ珈琲の車を運転します。
たこ爺さんの骨を届けるため、目的地へと急ぎます。
たどり着いた一軒家。
中から女性が出てきました。
「何か用ですか?」と聞かれた青山は、
「お爺さんと知り合いで・・・」と話しだしますが、うまく言葉がまとまりません。
志麻が代わりに話しますが、女性は
「うちには、お爺さんはいません」と一言。
青山が「珈琲の淹れ方を教えてもらったんです」というと、女性は何か思い出したように家の扉を開けて
「おばあちゃん、お客さん」と言いました。
たこ爺さんの奥さんは生きていたのです!

<h2>ポップ珈琲あらすじ・ネタバレ~たこ爺さんとさっちゃんの過去~

中に通された3人に、おばあさんが
「珈琲でもいかがですか?」と言います。
青山は「ぜひ」とおばあさんに言いました。
おばあさんが淹れてくれた珈琲を飲んで、志麻は
「青山さんの味だ・・・」とつぶやきます。
すると青山は
「いや、たこ爺さんの味だ」と言いました。
するとおばあさんは
「たこさんに珈琲の淹れ方を教えたのは私ですもの」と言います。
おばあさんは、やはりたこ爺さんの奥さんでした。
青山は、たこ爺さんの骨を、おばあさんに差しだしました。
「奥さんとおなじお墓に入りたい」とたこ爺さんが言っていたと告げて、おばあさんに渡します。
おばあさんは、たこ爺さんとの過去を話してくれました。ふたりは幼馴染だったのです。

ポップ珈琲あらすじ・ネタバレ~たこ爺さんとさっちゃんの別れ~

病気がちだったさっちゃんを、いつも心配していたたこさん。
たこさんはさっちゃんが地主のところに嫁がされてしまうと知り、プロポーズしました。
両親の反対を押し切り、ふたりは一緒に暮らし始めます。
そして、さっちゃんは子供を授かりました。
しかし、子どもを出産した後、さっちゃんは体の具合が悪くなってしまったのです。
たこさんは、どうしていいか分からず、さっちゃんの両親のもとへ行き、頭を下げます。
さっちゃんを助けて欲しいと。しかし、両親に受け入れてもらうことはできず、たこさんはさっちゃんの目の前から姿を消してしまったのです。
「たこさんは一人で逝ってしまったのね・・・」といったおばあさんに、青山は
「いつも人に囲まれていて、ひとりじゃなかったです」と言いました。
おばあさんは、それを聞いてほっとします。
そして、たこ爺さんの喉仏を砕いて、珈琲に入れて飲んだのでした。
「これでたこさんは私の一部」おばあさんはそう言いました。

珈琲の移動販売は、さっちゃんとたこさんの夢でもありました。
青山は、ペイと一緒にたこ珈琲で移動販売を続けることに。
そこに志麻がやってきて珈琲を注文。
ラストは青山の笑顔で終わりましたね。
志麻も手伝うのかな~と思ったら、手伝っているのがペイだったので、
「あらま~」という感じでしたが、ハッピーエンドで終わって良かったです。
今日も青山は、悩める人の背中をやさしく押してくれているのでしょう。

「珈琲いかがでしょう」第8話(最終話)目次

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第7話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第6話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第5話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第4話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第3話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第2話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話あらすじ(ネタバレ)