ドラマ

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話あらすじ・見逃し【青山の淹れる珈琲が飲みたい!】

ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、2021年4月スタートの新ドラマです。
4月5日にテレビ東京系で第一話が放送されました。

原作はコナリミサトさんの同名漫画です。主演は中村倫也さん、ゲストで毎話異なる女優さんが登場するようですね。ここでは、第一話のあらすじ・ネタバレを紹介します。

第1話「人情珈琲」あらすじ・ネタバレ

垣根志麻(夏帆)は、幼い頃厳しくしつけられていたこともあり、何でも丁寧にしなければ気が済まないという性格。仕事でも誠実さ、丁寧さを常に心がけていて、顧客にも毎回手書きでお礼状を添えるという手間をかけていました。

しかし、志麻の丁寧さは、部長(井上肇)から評価されることはなく、毎日のように仕事が遅い、仕事ができないと怒られる始末・・・一方、手抜きして楽している後輩の馬場(足立梨花)は、愛想がよいのでいつも褒められていました。

なんでいつもこうなんだろう・・・と不満を感じつつ、自分の信念を貫き通したい志麻。

周りがみんなでランチに出かける中、志麻は、いつも一人で手作りしたお弁当を食べていました。

寂しくないと思いながら外でお弁当を広げて食べていた時、とてもいい匂いが漂ってきます。香りのする方へ行ってみると、そこにはたこのマークが描かれた移動販売店がありました。

それは青山(中村倫也)が経営している「たこ珈琲」でした。

全部で8種類のブレンドコーヒーを用意していることから、「たこ」と名付けているとのこと。志麻は、青山の淹れる珈琲を注文してみました。

一杯ずつ時間をかけて丁寧に淹れられるコーヒーに、志麻は感動します。
その味は、今まで飲んだことがある珈琲とは全く別物でした。

志麻は、珈琲を飲みながら、自分の仕事の悩みを青山に打ち明けます。
青山は、「見てくれている人はちゃんといる」と志麻を励まし、その一言で、志麻の心は軽くなったのでした。

しかし、志麻が長年担当しているゴマ商事の仕事を、後輩の馬場が担当することになるという事件が発生!

志麻は納得できずにいました。
馬場の「適当に要領よくやればいい」という発言に対して、「顔だけ綺麗にしてて、靴は汚い」と言い返します。

志麻は、再び青山の元に行き、珈琲を飲みながら愚痴ります。
青山は「誰かにとって特別ならそれでいいのではないか」と再び志麻を励ましてくれました。

翌日、ゴマ商事とのやり取りで、馬場が大きなミスをしてしまいます。部長は、志麻に謝罪するように伝え、ゴマ商事の担当は再び志麻に。

さらに、社長からいつもきれいな字を書くと褒められて、志麻は本当に見てくれている人がいるんだなと嬉しくなったのでした。

仕事終わり、志麻が、青山の珈琲を飲んでいると、そこに馬場がやってきます。
馬場は、青山の淹れた珈琲を飲みながら、丁寧に淹れるとこんなに違うのかと驚きます。そして、いつも志麻が羨ましかったと告白・・・

志麻も、馬場が羨ましいと感じていて・・・お互い腹を割って話したことで、分かり合うことができたのでした。

翌日、再び青山の珈琲を飲みに行こうとした志麻でしたが、そこには移動販売車はありませんでした。

青山は次の場所へと去っていったのです。

第1話「死にたがり珈琲」あらすじ・ネタバレ

早野美咲(貫地谷しほり)は、クレーム対応をする電話オペレーター。

毎日「申し訳ございません」と謝罪するばかり。心を無にして毎日謝り続けていました。

休日に、洗濯物を干しながら、「死にたいな・・・」と思う美咲。
その時、良い香りが漂ってきます。
ふと下を見ると、そこには青山の移動販売車が。青山が顔を出して、美咲に笑いかけました。美咲はびっくりして、干していた洗濯物を落としてしまいます。

慌てて取りに行く美咲は、青山の移動販売車に興味を示し、洗濯物のお詫びにカフェオレを注文しました。カフェオレを飲みながら、美咲は、自分はカフェオレみたいに個性がないと自虐します。

しかし、青山はカフェオレの素晴らしさを美咲に伝えます。
そして美咲を助手席に乗せて、冒険の旅に連れて行ってくれるのでした。

青山が連れて行ってくれたのは、アパートの裏にあるカレー店でした。
カレーを食べながら、美咲は青山に悩みを打ち明けます。

「いつも謝ってばかりで、なんでこんなことしてるんだろうって思う」と美咲。
青山は、美咲を優しく励まし、隣にいたカレー店の店主も美咲を励ましてくれたのでした。

それから青山は、美咲に1杯のカフェオレをおもてなしします。ガラムマサラを一振りしたカフェオレの味に、美咲は驚きます。

少しだけなのに、こんなに味が違うということに、少しの変化で世界が変わるという体験をした美咲は、生きる希望を取り戻したのでした。

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話感想

ドラマ「珈琲いかがでしょう」は、1回で2話放送される形になっているようですね。
どちらも生きづらさを感じている主人公で、青山の珈琲を飲むことで、ほっとして、また頑張ろうって元気をもらえているという感じでした。
たこ珈琲のような場所があったら素敵だな~と思われてくれる、ほっこりしたお話ですね。ただ、青山には移動販売車をしている深い事情がありそうな感じもしました。
そのあたりは、今後明らかになっていきそうです。次回も楽しみです。

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第1話 続き

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第8話最終回あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第7話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第6話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第5話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第4話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第3話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「珈琲いかがでしょう」第2話あらすじ(ネタバレ)