ドラマ

ドラマ「監察医朝顔2」第9話あらすじ・ネタバレ【SNSで解剖写真流出・法医であることの責任の重さ】

ドラマ「監察医朝顔2」第9話あらすじ・ネタバレ

2020年最後の放送は2時間拡大版です。
SNSで拡散されてしまった解剖の写真。
誰が何の目的でアップしたのでしょうか。

モデル殺害事件

保育園の運動会に行っている朝顔(上野樹里)に代わり、解剖を行なうことになった藤堂雅史(板尾創路)。21歳大学生・小湊真由、死因は背中を刺されたことによる失血死でした。
背中の傷跡の向きから、犯人は左利きの可能性が高そうです。

小湊は読者モデルをしており、SNSでも事件のことが話題になっていました。犯人は仲が悪かったモデル仲間の吉永明日花と、かつて交際していたとされる橘凛太朗のどちらかではと噂されています。

最近、検視官・丸屋の姿が見当たらず、心配していた藤堂絵美(平岩紙)たち。丸屋の上司となった伊藤純(三宅弘城)から丸屋は、目指したいものがあると言って警察を辞めたと聞かされます。

過去の解剖資料の保管場所として、夏目茶子(山口智子)の部屋を片付けていた安岡光子(志田未来)たち。男手を呼ぼうとしますが、なぜか姿が見当たりません。解剖室の掃除中、水道管が破裂してしまい、男たちは対応に追われていました。

解剖室がしばらく使えないため、朝顔に有休を消化するよう勧める茶子。

入れ違い

朝顔はつぐみと一緒に万木平(時任三郎)の住む東北へ遊びに行くことに。

一方その頃、神奈川の家には桑原真也(風間俊介)の姿がありました。2人を喜ばせるため、サプライズで帰ってきたようです。朝顔たちと入れ違いになってしまいました。

桑原がこちらに顔を出したのは、以前の発砲事件の件で臨時の審議会が開かれるためでした。

入院している嶋田浩之(柄本明)の元にお見舞いに来た朝顔たち。浩之はやっぱり歯を調べて欲しいと朝顔に預けます。

そして桑原は審議会で責任を取り、自主降格を促されていました。

重要参考人死亡

ようやく解剖ができるようになった法医学教室に運ばれて来た遺体。先日の事件の重要参考人でもあった、モデルの吉永明日花でした。

吉永も小湊と同様、背中を刺された事による失血死です。凶器の刃物も、刺された位置も小湊の事件と酷似しており、同一人物の犯行と推測されました。

自らを守るため

発砲事件の発端となった拳銃を奪われた刑事・山田巡査部長が自宅で亡くなりました。銃を奪われた時に負った脳の損傷が原因でした。山田は警察官が銃を撃ったら問題になると、引き金を引かなかったようです。

審議会で桑原は、山田を殉職扱いにするよう訴えました。自分を守るために撃てば桑原のように問題にし、撃たずに亡くなれば個人の責任だと、都合良く話を進める上層部。

『私にも家族がいます。家族を守るためにも、死ぬわけにはいかないんです』

そこに桑原の取り調べも担当した監察官・五十嵐が入ってきました。自分たちの責任を逃れるため、桑原を自主降格させようとしているのなら、監察官として見逃せないと指摘。
桑原は「自主降格はしない」と、きっぱり言い切りました。

画像流出

小湊の事件の重要参考人であった橘が、ネットの誹謗中傷により自殺してしまいました。

小湊と吉永の再解剖をはじめようとする中、朝顔の携帯に浩之の容体が悪くなったと連絡が入り、朝顔は東北へ向かいます。

一方、解剖室で怪しい行動を取っている牛島翔真(望月歩)。その後SNSで、解剖した橘の写真が流出してしまい騒ぎになってしまいました。

すぐに牛島を呼び出すと自分がやったと白状します。被害者だけ個人情報をさらされ、2人も殺した橘は守られているのはおかしいと。

しかし、橘は犯人ではありませんでした。真犯人はデートクラブに出入りしていた医師だったのです。橘は無関係の事件で犯人扱いされ、自殺してしまった被害者でした。

牛島はようやく、自分がやってしまった事の重さを悔やみます。

『悲しいなら、死因を突き止めて命を奪われてしまった人たちのために、できる限りのことをやるの。悔しいなら、確固たる証拠を掴むの』

誤った憶測や情に流されてはいけないと、朝顔は涙ながらに訴えました。

最後のお茶会

茶子からメールで、お茶会をしようと誘われた朝顔たち。牛島も流出事件を改めて謝罪します。そんな牛島にこれからも法医を目指さないかと言う茶子。

『未来を自分の手で変えていってください』

さらに茶子は、自ら辞職することを朝顔たちに伝えました。

茶子のことを平にも知らせますがその際朝顔は、平の異変を感じ取ります。電話の終わり際「じゃあな里子、朝顔によろしく」と言ったのでした。

ドラマ「監察医朝顔2」第9話 まとめ

不確かな憶測で誰かの人生を狂わせてしまう怖さ、今のネット社会だからこそ身近に感じますね。そして茶子先生が法医学教室を去ってしまいました。新たな旅に出ると言っていましたが、事件の責任を問われての辞職のようにも見えます。

最後の平の発言は一体何なのでしょうか。単なる言い間違いだと良いのですが。

ドラマ「監察医朝顔2」目次

ドラマ「監察医朝顔2」第10話

ドラマ「監察医朝顔2」第8話

ドラマ「監察医朝顔2」シリーズ総集編