ドラマ

ドラマ「監察医朝顔2」第10話あらすじ&ネタバレ!【迫る感染の危機】

「監察医朝顔2」第10話あらすじ&ネタバレ

茶子先生が辞めてしまった法医学教室。
牛島くんも責任を感じて悔やんでいましたね。
忙しくなった法医学教室に第10話もまた危機が迫ります。

父の違和感

朝顔との電話で、父・平(時任三郎)は朝顔の名前を亡き妻、里子と呼び間違えます。
本人は気付いていない様子でしたが、気になった朝顔は、夫・桑原(風間俊介)に相談し、父の様子を伺ってほしいと頼みました。

桑原は平に電話をしてみましたが、特に不自然な所はなく、単なる言い間違えでは?
と朝顔に伝えます。

多忙を極める法医学教室

法医学教室にパンの移動販売をしている「ホワイトベーカリー」がやってきます。
アルバイト店員の北村愛菜(矢作穂香)と仲がよさそうな高橋(中尾明慶)。
大学に移動販売の許可をもらったり、新商品のパンを買ったりと何かと贔屓のようです。
忙しい中ごはんを買いに行く時間もないため、パンの移動販売に朝顔たちも喜びます。

多忙を極める中、再び解剖の依頼が入りました。
高所からの転落で死因もはっきりしている事から、朝顔がサポートに入り、光子が初執刀を行うことになりました。

光子が執刀中にケガ

連日続く仕事の疲労から解剖中に光子(志田未来)は、うっかり指を切ってしまいます。
幸い誰も見ていなかった事から、ケガを隠して解剖後のミーティングに参加しました。

しかし遺体は、感染症にかかっていた可能性がある事が分かったのです。

すぐに各所に対応の指示を出す中、光子の様子がおかしいことに気付く朝顔。
そして、光子が手をケガしていることを見つけてしまいます。

感染症の危機

法医学教室で簡易的な検査を行ってみるがどれも引っかからず、どのウイルスかが分からない状態でした。

一方で、解剖中の事故の事、遺体に感染症の疑いがあることがネットに出回ってしまいます。

つぐみの涙

保育園につぐみを迎えに来た朝顔。
しかし、つぐみは膝を抱えていて元気がありません。
どうやら仲良しのつばさくんとケンカをしたようでした。

家に帰り、つぐみが食べたいと言っていたピザを注文して机に並べる朝顔。
ケンカの原因をもう一度聞き出そうとするも「みんなきらい!ママもきらい!」と声をあげます。
「いい加減にしなさい!」と怒ると泣き出してしまい、つぐみは寝室に逃げてしまいます。

「大きな声出してごめんね」と謝る朝顔に、つぐみはようやく話はじめました。
どうやら法医学教室での事故の噂が広がり「朝顔とつぐみも感染しているのでは」と母親たちの間でも広まってしまったようです。
それが原因でつぐみも、つばさくんから辛い言葉をなげられてしまったことが原因でした。
そんなつぐみに謝ることしか出来ない朝顔。

感染したら100%助からない

高橋の元にウイルス検査の結果が届きます。
どうやら遺体は狂犬病ウイルスに感染していた疑いがあるとのこと。
狂犬病は発症すれば100%助からない、危険な感染症でした。

高橋から検査結果の連絡を受けた朝顔。
つぐみの事も重なり、やりきれない気持ちになっていました。

余裕がなくなっていた朝顔の元に、桑原から電話がかかってきます。
桑原は電話越しの朝顔の様子がおかしことに気付きます。

朝顔は、光子が執刀中ケガをしたこと、遺体に狂犬病の疑いがあること、つぐみが自分のせいで嫌な思いをしたことを話します。
桑原は最後まで黙って聞いていました。

「4時間待ってて、今から行くから」

桑原は長野から4時間かけて帰ってきて、朝顔を抱きしめました。

遺体は狂犬病に感染していた

遺体は狂犬病ウィルスに感染していたことが判明。
法医学教室に光子を呼び出し、その事実を伝えます。

みんなの前で平静を装う光子に朝顔は、『私たちの前で無理をしないで』と諭します。
糸が切れたように、涙を流す光子。

「自分が悪いのに、一瞬だけ遺体の事を恨んでしまった。」と自分は法医失格だと言葉を詰まらせます。

そんな光子の背中を見ていられなくなり、思わず抱きしめる朝顔。

『怖くて当たり前だよ、だって私たちは生きてるんだから!』

光子の運命は!?

法医学教室に最後のウイルス検査を終えた光子が帰ってきます。
結果は「陰性」。
心配していた朝顔たちも、ようやく安心することができました。

SNS事件の一件で、光子から冷たく当たられていた牛島ですが、光子の無事に涙を流し、誰よりも喜んでいました。

父の物わすれ

家に帰ると、母・里子の同級生である美里(大竹しのぶ)から、里子が使っていたという楽譜が届いていました。

美里にお礼の電話をかける朝顔。
平はよく美里の店で食事をしているようで、朝顔は思い切って父の物わすれについて聞いてみます。

つい今しがた、美里の店で忘れものをしていた平。
忘れものは里子のハンカチでした。
ハンカチの中に、人の歯が入っているのを見つけ言葉を失う美里。
すぐに平が取りに来ましたが、なにも聞かずハンカチを渡したのです。

里子は平の物忘れが多いことに気が付いていましたが、朝顔にそのことを隠しました。

ドラマ「監察医朝顔2」第10話 まとめ

今回の記事では『監察医朝顔』第10話のあらすじとネタバレを紹介しました。

感染症の恐怖に、現在の世間の状況とリンクする部分がありましたね。

そして家族のピンチに飛んで帰ってきてくれる桑原くん。
暗いシーンながら、キュンとした女性も多いのではないでしょうか。

最後に、平の物忘れが多いことを朝顔に伝えない美里。
彼女は一体なにを考えているのでしょう。

ドラマ「監察医朝顔2」目次

ドラマ「監察医朝顔2」第11話あらすじ

ドラマ「監察医朝顔2」第9話あらすじ

ドラマ「監察医朝顔2」シリーズ総集編