日曜の夜ぐらいは

「日曜の夜ぐらいは...」のあらすじは、古ぼけた団地や郊外の借家、街中を走るタクシーといった日常の光景の中で、さまざまな事情を抱えた人々の暮らしが描かれています。足の不自由な母と二人暮らしを支えるため休みなくバイトに励む娘、家族と縁が切れてもタクシー運転手として楽しみを見出す女性、両親との縁が薄く借家で祖母と暮らし工場勤務を続ける孫娘など、それぞれ異なる状況下で生きる3人がいます。

これら3人は、あるラジオ番組を通じて運命的な出会いを果たします。最初は戸惑いながらも、次第に心を通わせ始める彼女たちに、驚くべき「奇跡」が訪れます。この奇跡をきっかけに、彼女たちの人生は静かに変化し始め、行き詰まっていた日常が新たな道へと進むことになります。