国内テレビドラマ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第二話【豪華ゲストに驚きの声】あらすじ・ネタバレ

潤之介の姉が麗子!?焦る奈未は・・・

第一話のラストで、潤之介(玉森裕太)の姉が鬼編集長の麗子(菜々緒)と発覚!
奈未(上白石萌音)は、最悪の状況を何とか逃れようと、次々と嘘を重ねてしまいます。
そして、「けん玉チャンピオン」であるという嘘までついてしまい・・・
この嘘が、奈未を大変な事態へと招くことになってしまうのです。

翌日、雑誌「MIYAVI」の創刊号で、人気漫画家荒染右京(花江夏樹)とのコラボ企画を進める話になり、奈未は、その交渉役に抜擢されます。
実は、荒染は大のけん玉ファン!麗子は、自称けん玉チャンピオンの奈未に交渉を任せれば、うまくはずだと考えたのです。
しかし、奈未のけん玉チャンピオンは嘘なので、奈未は、何とかして交渉役を降りようとするのですが、麗子は「できなければクビ」と宣告!奈未は、窮地に追い込まれてしまいます。

漫画家荒染右京への交渉

窮地に追い込まれた奈未は、潤之介に助けを求めました。
潤之介は、奈未のけん玉の練習に付き添ってくれて、何とか上達しようと頑張るのですが、そんなに簡単に行くはずもなく・・・
とうとう、荒染との交渉日になってしまったのです。
交渉では、ベテラン編集長の半田(なだぎ武)が、荒染の作品の魅力について語り、何とかコラボ企画を通そうと試みますが、荒染は、なかなか首を縦に振ってくれませんでした。

半田は、最終手段として、けん玉チャンピオンの奈未に交渉のバトンを渡します。
案の定、けん玉が大好きな荒染は、食いつきました。
そして自身のけん玉を奈未へプレゼントし、技を披露して欲しいといいます。
奈未は、逃げ場を失い、意を決して挑戦したのですが、うまくいくはずもなく・・・
奈未の嘘はバレて、麗子からは「クビ」を宣告されてしまうのでした。

リベンジを決意!

奈未は、麗子に「クビ」を宣告され、一度は麗子に対抗するのですが、言い返されてしまい自分の中途半端さに落ち込みます。
さらに、潤之介にもショッキングなことを言われてしまい、奈未は、荒染に直接アポイントを取って、けん玉リベンジをする決意をしたのです。
けん玉を猛特訓し、簡単な技を習得できた奈未は、荒波にけん玉技を披露し、再交渉します。
荒染に、「こんなに何かを頑張ったのは初めて」だと伝え、荒染に仕事に対しての気持ちを話します。

奈未のひたむきさに心を打たれた荒染は、依頼を引き受けると決めたのです。
何とか「クビ」を免れた奈未でしたが、またしても麗子に試練を与えられてしまいました。
なんと、フランス大使館で開かれるパ―ティーで、けん玉を披露させられることになってしまったのです。
大役を命じられた奈未は、あまりの緊張から失敗してしまいます。

カルティエとのコラボに成功

奈未は、失敗したことが恥ずかしく、会場から飛び出してしまいました。
しかし、その頃、麗子はカルティエのマーケティング部長シモンの心をつかんでいたのです。
「MIYAVI」創刊号では、カルティエの広告掲載を交渉していたのですが、難航していました。
そこで、麗子はカルティエマーケティング部長のシモンが大ファンである、荒波とのコラボを行うことで、カルティエの広告掲載を可能にしようとしていたのです。
さらに、奈未に、荒波がデザインしたけん玉を持たせて技を披露されることで、シモンの心を動かそうと決めていたのでした。
それが見事に成功し、カルティエの広告掲載権も獲得!

奈未は、知らないうちに色々なことが進んでいたことに驚きます。
そして、これまでの自分とは違う自分になることを麗子に宣言したのでした。
ラストでは、奈未が潤之介に、恋人のフリをするのは辞めようと伝えるのですが、潤之介に「俺のこと好き?」と聞かれてしまい・・・一体どうなるのでしょうか。

第二話では、人気漫画家の荒染右京を演じていたのが、人気アニメ鬼滅の刃で竈門炭治郎役をしている花江夏樹さんでしたね。
これに対しての反響もとても大きかったようです。
俳優業は初挑戦ということらしいですが、そんな風に見えなかったですね~
荒染が描いたとされていた漫画が、鬼滅の刃みたいな感じもしました。
かなり豪華な特別ゲストに、驚きのラスト!
今後の展開がますます楽しみです。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第二話続き

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第三話あらすじへ

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第一話あらすじへ

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」目次へ