国内テレビドラマ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第三話【着ぐるみの潤之介に萌え!】あらすじ・ネタバレ

子犬系男子潤之介に翻弄される奈未

第2話のラストでは、恋人のフリを辞めたいと潤之介(玉森裕太)に伝えた奈未(上白石萌音)でしたが、潤之介に「俺のこと好き?」と聞かれてしまい動揺します。
そして潤之介は、奈未に自分の写真展の招待状を渡したのでした。

これは一体どういう奈未は、潤之介の思わせぶり態度に翻弄されている自分に気が付きます。
子犬系男子にこれ以上関わってはいけない・・・
そう感じた奈未は、写真展の招待状を受け取ったものの、行かないと決めたのでした。

その頃、編集部ではまたもや新たな事件が発生していました。
編集長の麗子(菜々緒)が、創刊号のインタビュー特集を、差し替えると言い出した
のです。
校了が1週間前だというのに、突然の変更・・・
すでに柔道家の瀬尾光希へのインタビューも終わっていて、内容もまとめられていたというのに、これは大変な事態です。

編集部のメンバーがボイコット

麗子のあまりにも勝手な判断に、特集を担当していた中沢(間宮祥太朗)をはじめ、編集部のメンバーは、麗子に対して反発します。
しかも、麗子は差し替えの理由について一切口にしません。
そんな麗子の態度に、「ついていけない!」と、編集部のメンバーは一斉にボイコットしてしまうのでした。

出社したのは、奈未と遥(久保田紗友)、そして編集長の半田(なだぎ武)だけ・・・、他のメンバーたちの仕事をこなさなければいけない状態に、疲労が蓄積されていきます。
そんな状況でも、麗子はいつも通りなので、奈未は、何とかみんなに戻ってもらえるように謝って欲しいと伝えます。
しかし、麗子は、差し替えについて柔道家の瀬尾光希も納得していると奈未に伝えたのでした。

衝撃の事実が発覚!

柔道家の瀬尾光希は、世界選手権で6連覇した実力ある選手で、父親を超えることが夢でした。
世界選手権の半年前に肩を故障し、休養していたのですが、何とか復帰できるということで、インタビュー記事では、彼女の復活特集という形になっていたのです。

しかし、光希のケガは完治しておらず・・・
世界選手権7連覇は難しいのでは?
と麗子は感じていたのでした。
彼女の選手生命を守るためにも、このインタビュー記事は差し替えるべきだと麗子は考え、特集の変更を決めたのでした。
奈未は、麗子に直接事実を聞いたわけではありませんでしたが、麗子の発言から、光希のケガは完治していないのでは?と推測し、光希に直接確かめに行きます。
そして、本当のことを聞き出すことができたのでした。
さらに、光希は、担当してくれていた中沢にも事実を伝え、謝罪します。

編集部も元通りに

麗子がどうして記事を差し替えるといったのか、知ることになった中沢や編集部のメンバーたちは、ボイコットを撤回し、職場に戻ってきます。
やっと元通りになった編集部!
なんとか創刊号の校了も終わり、ほっと一息。

そんな中、奈未は、潤之介の写真展のことが気になってしまいます。
もういないかもしれないと思った奈未ですが、写真展に足を運んだのでした。
すると、そこに潤之介もあらわれて・・・
写真展の感想を聞かれます。
奈未は、ちょっと変わった潤之介の写真に、「変なのばっかりですよね・・・」と正直な感想を伝えました。
潤之介は、大企業の御曹司ということもあり、今まで自分の写真に対しても、お世辞のような言葉しか言ってこない人達に不信感を持っていました。
正直に伝えてくれた奈未の気持ちがとても嬉しかった潤之介は、そっと奈未の頬にキスしたのでした。

第三話では、潤之介と関わるのをやめようと決めたはずの奈未が、逆に急接近という展開になってしまいました。
そしてどうやら編集部の中沢も、奈未のことが気になる様子・・・
これは三角関係に発展してしまうのでしょうか・・・

それにしても、子犬系男子の格好で、犬の衣装を着ていた潤之介には、あまりの可愛さにキュンとなりました〜あざと可愛いという言葉がぴったりでしょう。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第三話続き

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第四話あらすじへ

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第二話あらすじへ

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」目次へ