ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第4話あらすじ・見逃し【父の死の真相】

復讐のためなら地獄へ行く

上條漣(玉木宏)は警視庁によって自殺に追い込まれた父・上條勇仁(岡部たかし)の復讐のため、警察キャリアとなった。
東大派、薩摩派が幅を効かせるキャリアの中で、外様派である上條の出世の可能性は低い。
上條は同僚を罠にはめ蹴落とし、事件の証拠をねつ造して手柄をたて警視正までになった。
刑事課から警務部に異動した上條は、監察官として押収品横流しの疑惑をつきとめる。
拳銃横流しをしていたのは現警視総監・荒牧雅彦(段田安則)のおい高杉賢剛(長谷川朝晴)だった。
警務部の部長・吉永晴樹(光石研)の不正を暴こうとしたが、刑事部長・千堂大善(椎名桔平)警視庁内の処世のために、2人の不正に目をつぶり弱みを握って置くことにした。
上條は自分の調査を外部に漏らしている人物を特定した。それは元警視庁で情報屋の刈谷銀次郎(橋本じゅん)だった。

父の死の秘密

刈谷は優仁の死は自殺ではなく他殺だったと明かした。
優仁が最後まで追いかけていた事件は押収品の横流し事件。
クラブSの小宮志步(高岡早紀)は当時、警視庁に所属しその事件に関わっていた。

刈谷は優仁を殺した真犯人をつきとめるために、わざと23年前と同じ押収品事件を起こして、事件に関与した人物を揺さぶろうとした。
押収事件で動き出したのは薩摩派の権藤秀夫(吉田鋼太郎)だった。
上條は水樹爽(広末涼子)に好意がある富樫遊馬(岡田健史)を爽とデートできることを条件に、薩摩派に接近させる。
当時の押収品横流し事件は、現在の薩摩派の中枢が関わっていたと分かる。
その名簿には上條の同期の警視正・新垣広海(馬場徹)の父の名前もあった。
しかし、上條の行動が目をつけられ、休暇を言い渡されてしまう。
動けなくて苛立つ上條だったが、結婚が決まっているにも関わらずほったらかしだった千堂優愛(仲里依紗)が、爽に嫉妬して関係は悪化するばかりだ。

アジト発見

そんな折、押収品横流しのアジトに使っていた家がみつかる。
そこにはホンモノとすり替えるためのモデルガンと優仁が死んだ日に撮影されたVTRが発見された。
新垣は23年前の父の手帳を提供した。
新垣の父はシロで、事件後にその事実を知ったが既に手遅れだった
上條は証拠をつきつけ権藤に迫る。
権藤は事件当時、子供だった上條を盾にして、優仁に事件追及から引き下がるように迫った。
しかし、優仁は息子に恥じることのない警察官でありたいと信念を貫ぬき、権藤の要求を拒んだ
やはり優仁は自殺ではなかった。
権藤の言葉を息子が聞いており、父の不正を責めた。
権藤は事件の主犯ではなかったが、事件を防げきれなかったと詫びた。

父をはめた張本人は?

証拠のVTRに映っていたのは、優仁に拳銃を向けて自殺に追い込む男の姿だった。
机の上にあるライターは権藤愛用のものだったが、権藤は事件後に千堂からもらったものだと答えた。
父を死に追いやったのは千堂だった。
もっとも信頼した人物に騙され利用されていたと気づいた上條。
今までは敵と思っていた現職の警務課の長・吉永晴樹(光石研)の力を借りて、千堂の過去の不正を洗い出そうと奔走する。
しかし、敵の娘だと分かった千堂優愛(仲里依紗)は婚約者のままだった。

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじ 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじネタバレ