ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第5話あらすじ・見逃し【父の敵の弱みをあぶり出せ!】

父の敵の正体は?

まじめな警察官だった父・上條勇仁(岡部たかし)が警視庁の警察関係者によって死に追い込まれた上條漣(玉木宏)。
復讐を果たすために、証拠のねつ造や事件を裏で起こすなど、グレーなやり方で警察キャリアの階段を着実に踏み、ついに警視正に昇進する。
刑事部から警務部に異動し、監察官に任命され警察内部の腐敗を調査することになる。
そこから浮かび上がってきたのは23年前の警備部が多く所属する薩摩派の、押収品横流し事件だった。
優仁はその調査を独自に行い、口封じのために自殺に見せかけて殺されていた。
父の死の真相が残されたビデオには犯人のライターが映っていた。
それは薩摩派の権藤秀夫(吉田鋼太郎)が、千堂大善(椎名桔平)からもらい受けたものだった。
恩人と思っていた千堂こそ父を死に追いやった張本人だったのだ。

千堂の過去の不正を暴け

上條は千堂を問い詰めたが、罪を認めたものの居直って、自分の罪は暴けないと豪語する。
父の死の瞬間が映ったVTRは画像が粗すぎて、証拠にはならない。
上條は千堂の敵派閥の吉永晴樹(光石研)に、千堂追い落としの協力を要請したが、あっさり断られる。

そのかわりに5年前の傷害事件の犯人がいまだあがらないと不平を漏らした。
その傷害事件に千堂の不正が隠れていたのだった。
千堂の娘・千堂優愛(仲里依紗)との婚約はそのままだったが、優愛は上條と幼馴染みの刑事・水樹爽(広末涼子)の仲を疑っていた。
爽は部下の富樫遊馬(岡田健史)と相思相愛を装い、優愛の嫉妬をかわしていた。
しかし、富樫の方は爽に本気だった。

やがて、傷害事件の隠蔽に千堂の自家用車が関わっていることに気が付くのだった。

千堂を告発

上條は千堂をクラブSに呼び出した。
傷害事件の犯人は優愛で、人身事故を起こし、被害者にレイプされそうになり、突き飛ばして重傷を負った。
娘の事件をもみ消すために、千堂は動いていた。
優愛も罪を認めていたが、上條が用意した証拠は偽物だった。
上條に罠にはめられ、警視庁を辞めた佐久間義孝(少路勇介)も上條に復讐するために、千堂に協力することに。
上條に協力するはずだったジャーナリストも、千堂の芸能人の薬物使用の情報で寝返った。
ママの小宮志步(高岡早紀)も、母親のがん治療の提供とひき替えに、上條の情報を千堂にもらしていた。
千堂は上條の悪事を全て知りながら、あえて泳がせていた。

千堂対上條

上條は卑怯な千堂のやり方に怒りを露わにしたが、千堂は
「俺とお前は合わせ鏡だ」と、出世のためなら不正を厭わないのは上條も同じだと罵った。
千堂は優愛のために今回は全て水に流すと、上條を追放しなかった。

土砂降りの雨の中で、敗北感に打ちのめされる上條の足は爽の元へ向かっていた。
爽は上條の震える背中に優しく手を添えた。
そこへ……優愛のメールが……
「これ以上傷つく顔は見たくない」
引き止める爽だったが、上條は優愛の元へ向かった。
再び、千堂の下へつき逆転のチャンスを狙うつもりだ。

数ヶ月後、教会で警視庁の警察官の見守る中、上條と優愛の結婚式が行われた。
5年が経ち、千堂は副総監に、上條は刑事部捜査二課の課長に昇進していた。
上條と千堂は、国会議員の受託収賄事件をめぐって、再び激しく対立する。

ドラマ「桜の塔」第5話 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじネタバレ