ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第3話あらすじ・見逃し【内通者を追え!

警視正に昇進!

警視庁刑事部共助課の理事官上條漣(玉木宏)は警察上層部の圧力で自殺に追いやられた父・上條勇仁(岡部たかし)の敵を討つと誓っている。
そのためには手を汚しても構わない。
銀行立てこもり事件、連続通り魔事件などを裏で手を回し、出世の糸口にしてきた。
東大派で昇進確実と思われた東大派の馳道忠(渡辺大知)を追い抜いて、警視正になった。
上條の不正に気がついた幼馴染みでノンキャリア刑事の水樹爽(広末涼子)。
爽は拳銃を向けて暴走を止めようとするが、上條は聞く耳を持たない。
上條は上司・千堂大善(椎名桔平)の娘・千堂優愛(仲里依紗)との交際をスタートさせた。

警務部に異動。拳銃横流し事件を追え

警務部に異動すると「警察の警察」と呼ばれる監察官に任命され、警視庁内の拳銃横流し疑惑を担当する。
警務部は東大派の吉永晴樹(光石研)がトップに立つ組織で、外様派の上條は部外者だ。
千堂は警察官の情報を握るチャンスだと発破をかけた。
上條は水樹班の誰かが拳銃横流しをしていると目星をつける。
押収された拳銃は科捜研に回す際に、高杉賢剛(長谷川朝晴)と轟啓一(駒木根隆介)が保管庫に届けた。
ところが、保管庫の中で拳銃は偽物にすり替えられていた。
管理が厳しい保管庫の中ですり替えられた可能性は低い。
高杉・轟の両刑事に疑いがかかる。
高杉はギャンブル好きで多額の借金があり、轟は情報屋も傭って、暴力団とのつながりもある。
どちらも疑われる要素がある。
上條は二人の関与を晴らすために爽に捜査協力を迫った。
囮の拳銃を使い罠を仕掛ける。

やがて、タレコミがあって廃工場のソファから拳銃が発見された。
高杉、轟が保管庫に届けた拳銃はホンモノで、二人の疑いは晴れた。
しかし、富樫遊馬(岡田健史)が、爽と上條の動きを知り、二人に漏らしてしまった。

横流しの真犯人は?

上條は部署のデスクの裏にボイスレコーダーを仕掛けており、その音声から拳銃横流し事件には裏があることに気づく。
そんな折、容疑者の家から覚醒剤が押収された。
その覚醒剤をすりかえ、高杉が暴力団員に売り捌こうとした現場に上條と爽は現れた。
富樫が情報を知らせたのは高杉を仕掛けるトラップだった。
保管庫の覚醒剤はすみやかに砂糖にすり替わっており、高杉の他に警察内に関与している人物がいる。
馳は上條に連絡してきて、高杉は警視総監・荒牧雅彦(段田安則)の甥であることが判明した。
馳は警視正の昇進が見送られて以来、不正会計の処理係を押しつけられていた。
そのことを苦にした馳は薬を飲んで自殺を図った。
一命は取り留めたものの、上條は同期を死に向かわせた自分の行為を悔やんだ。

内通者の正体は?

上條は証拠を出して馳に不正処理を命じていた吉永を糾弾する。
しかし、千堂は自分の出世のために吉永と警視総監に借りを作って、今回は見逃すことにした。
憤る上條だったが、警視庁内の処世にかけては千堂が一枚上手のようだ。
依願退職になった高杉は、すり替えを指示した警察OBの名前を爽に告げた。
その名前を知った上條はクラブSに向かう。
内通者は情報屋の刈谷銀次郎(橋本じゅん)だった。
Sのママ・小宮志歩(高岡早紀)ともども、上條の父・上條勇仁(岡部たかし)と関わりがあった。
上條は二人から父の死の真相を聞かされる。

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじ 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじネタバレ