ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第6話あらすじ・見逃し【第2部スタート】

父の真の仇が明らかになったものの……

上條漣(玉木宏)は父・上條勇仁(岡部たかし)を死に追いやった人物を捜し出し復讐するために警視庁に入り、卑怯なやり方も辞さず出世に努めてきた。

ついに探りあてた張本人は、他ならぬ自分の恩人で婚約者・千堂優愛(仲里依紗)の父である千堂大善(椎名桔平)だった。
上條は数年前に発生した未解決の傷害事件が実は優愛が起こした事件で、千堂がもみ消したことを突き止めた。
隠蔽をネタに千堂の追い落とそうと画策するが、後一歩のところで、逆に自分の弱みを握られてしまい敗北する。
千堂は信頼していた小宮志歩(高岡早紀)やジャーナリストも抱き込んで、上條の情報を入手していた。
千堂は敗北を認め、優愛と結婚する。

それから5年が過ぎた。

それぞれの5年後

上條は警務部、警備部を経て捜査二課の課長に昇進していた。
矢上警視総監(尾美としのり)の下、千堂は副総監となっている。

部下となった富樫遊馬(岡田健史)と共に国会議員・加藤沙代里(中田有紀)の受託収賄の証拠を掴むが、千堂からストップがかかる。
傍目からは千堂の飼い犬に見えるかもしれないが、上條はひそかに反撃の準備をずっとしていた。
情報屋・刈谷銀次郎(橋本じゅん)はすっかり落ちぶれて、ギャンブルで借金をしては上條に金を無心している。

爽は相変わらずだったが、富樫と爽は婚約している。
爽の父・水樹鉄朗(小松和重)の中華料理店「龍鉄」にはかつて銀行立てこもり事件を起こした蒲生兼人(森崎ウィン)が働いている。
優愛と上條の関係はすっかり冷え切っていて、爽が悩みの相談相手だ。
そんな折、加藤の収賄の証拠がすっかり抜き取られてしまう。
警察内部の仕業に違いない。
キャリアであり千堂の配下の富樫に証拠持ち出しの疑いがかかる。

5年間の闘病の末、母を見送った小宮は上條の千堂追い落としに協力を申し出た。

昨日の敵は今日の友

かつては敵であり現在は内閣官房長官づきとなった権藤秀夫(吉田鋼太郎)は、すっかり出世コースから外れていた。
しかし、上條は権藤のような誠実な人こそトップに立つべきだと言い、2人は手を結ぶ。

加森は企業からの賄賂を撮影されるリスクのない産婦人科の授乳室で現金を受け取っていた。
上條は小宮と2人きりの写真で脅して、土門刑事部長から加森の逮捕状を取り付けた。
強引に加森を逮捕したことで、千堂は激高する。
上條は若槻大臣が収賄に関与している証拠の音声も入手していた。
千堂は本日限りで、上條を千堂派から破門すると言い渡す。
上條は同期のキャリア新垣広海(馬場徹)、馳道忠(渡辺大知)と10名を加え、改革派を旗揚げをした。
その後押しを権藤がするという。

上條と千堂の戦いは周囲を巻き込んで、さらに激しくなっていく……

親対子の対決、さらに激化

千堂に逆らった上條は捜査二課の課長から降格となり、古巣の共助課課長に異動となった。
千堂は後見人の若槻大臣の派閥である加森の逮捕を止められず、若槻との関係が悪化してしまう。
そんな中、次期警視総監の選出会議が1週間前に迫っていた。
千堂の出世にも暗雲が立ちこめていた。
若槻が演説中に、狙撃される事件が発生し、上條は千堂の関与を疑った。

ドラマ「桜の塔」第6話 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじネタバレ