ドラマ

ドラマ「監察医朝顔2」第7話あらすじ・見逃し【容疑者は桑原?・田村を射殺した犯人は誰か】

ドラマ「監察医朝顔2」第7話あらすじ・ネタバレ

田村聖奈を射殺したとして容疑者になってしまった桑原。
銃に慣れておらず手元が狂って当たってしまったのでしょうか。

真相を追う

朝顔(上野樹里)は解剖した焼死体が夫・桑原真也(風間俊介)が真犯人と主張していた桐谷だったことを知ります。

夫に容疑がかかっていることを抜きにして、調べたいことが沢山あると主張する朝顔。
そんな時、長期不在していた夏目茶子(山口智子)がちょうど帰ってきました。

朝顔は検視官の丸屋と共に、桐谷が発見された現場を見に行きます。
しかし県警に邪魔され手がかりを探す事はできませんでした。

法医学教室に監察官の五十嵐がやってきて、朝顔に再び事件から外れるよう告げます。
桑原の身内のため記録を改ざんする可能性があると疑われているようです。

茶子は安岡光子(志田未来)にこの事件を引き継ぐよう指示を出します。
そして朝顔には光子のサポートをするようにと茶子。
死体検案書にはサポートをした者の名前を記入する欄はないため、その目をかいくぐったようです。

こうして朝顔もみんなと共に事件の手がかりを探します。

事件の手がかり

事件の発端となった拳銃を奪われた現場周辺の監視カメラの映像が山倉伸彦(戸次重幸)たちの元に届けられました。
どうやら万木平(時任三郎)の耳にも入り、手配してくれたようです。
そして平は山倉に会って欲しい人物がいると話します。

一方、法医学教室でも夜遅くまで事件の手がかりを探していました。
茶子はたっぷり休暇をもらったからと、みんなを一旦家に帰らせます。

平もちょうど家に帰ってきました。
桑原の事件のことを聞き、「心配ないよ、大丈夫」と言葉をかけますが珍しく朝顔は感情的になり怒ります。

『大丈夫じゃないよ
家族だから心配するでしょ!』

母・里子に対してもいつも同じように大丈夫と言っていた平。
しかし里子がずっと心配していた姿を朝顔も見ていました。

揃ってくる証拠

朝顔たちが再び田村聖奈の脳を調べると、彼女は即死ではなかったことが分かりました。
頭を撃たれたあとも、話したり動いたり出来る状態であったと見られます。

一方、桐谷の方もミオグロビン値が異常に高かったことから、死ぬ前に筋肉を激しく損傷していた事を発見しました。
これは桐谷が足を撃たれていたという裏付けにもなります。
さらに防犯カメラの映像から、田村の歩き方がどこか不自然であることに気づいた朝顔たち。

これらの証拠を手に検視官・伊藤純(三宅弘城)は桑原の無実を訴えますが、確固たる証拠がなければ覆せないと相手にしません。

更なる手がかりを掴むため現場の遺留物を探していると、遺体に付着していた虫を発見します。
光子が調べてみたところタイに生息するハエだと判明。

桑原忍(ともさかりえ)は桐谷と同じ組員だった望月から話を聞き、行きつけの飲み屋があったこときかされます。
桐谷との関係は絶っていたという望月でしたが、やたら詳しいことに疑問を持った忍。

望月の渡航歴を調べてみると、頻繁にタイに旅行へ行っていることが分かりました。
さらに現場付近の防犯カメラに望月の姿を確認します。

弾の行方

桑原に足を打たれた桐谷はコンテナに逃げ込み、そのコンテナを借りていたのが望月だったのです。

桐谷が警察官から拳銃を奪ったのは望月の命令でした。
交際相手の田村に拳銃のことを気づかれ、さらに刑事の桑原とも連絡をとっていたことから、2人を始末しろと望月に言われたようです。

桑原のスマホに地図を送ったのは桐谷でした。
桐谷に撃たれた田村は、桐谷を追いかけて歩いたようです。
コンテナからは田村の血痕と桐谷を焼いた痕跡が発見されました。

無実が証明され、ようやく家に帰ることができた桑原。
心配をかけた朝顔にそれでも刑事を続けたいと想いを伝えます。
危険な仕事で心配もありますが、桑原の気持ちを朝顔も受け入れました。

そして平はいよいよ東北へと引っ越していきました。

ドラマ「監察医朝顔2」第7話 まとめ

頭を撃たれても歩けることがあるのはかなり衝撃でした。
桑原の無実が証明され、ようやくみんなの顔に笑顔が戻りましたね。

東北へ引っ越していった平。それぞれの新たな生活のはじまりです。

ドラマ「監察医朝顔2」目次

ドラマ「監察医朝顔2」第8話

ドラマ「監察医朝顔2」第6話

ドラマ「監察医朝顔2」シリーズ総集編