サスペンス

【ネタバレ】「ナイト・ドクター」第11話あらすじ・見逃し【事故が同時多発!どうするナイト・ドクター】

第10話あらすじ・第11話(最終話)見どころ・次回予告事故が同時多発!どうするナイト・ドク
ター

美月は搬送が遅れて救えない患者もいる現実に無力感にさいなまれた。
ある夜、豪雨のために大規模な停電が発生し、海浜病院に大勢の患者がなだれ込む。
わずかな電源供給を確保し、美月達は1人でも患者を救おうと奮闘した。
患者や救急隊員から感謝されて達成感を味わう仲間達に、本郷はナイト・ドクター解散を告げる。
その夜、同時に3つの事故が起こり、ナイト・ドクターたちはそれぞれ単独で救急患者の処置を任せられた。
ナイト・ドクターたちは独り立ちできるのか?

ナイト・ドクター解散決定

柏桜会 あさひ海浜病院は昼間のドクターの離職を減らすために職場環境を改善するために夜間だけのナイト・ドクター制度を設立した。行き場のない事情がある医師たち――朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、高岡幸保(岡崎紗絵)、桜庭瞬(北村匠海)、深澤新(岸優太)が集まった。年代も事情も違う医師たちはぶつかり合いの中で次第に団結していく。指導医・本郷亨(沢村一樹)は救命医の過酷な環境で1人でも患者を救うために、自分で考える姿勢を医師達に教えた。
しかし、柏桜会会長・桜庭麗子(真矢ミキ)は非情の決定を下した。深夜の患者数は増えて、昼間の医者の転職希望者は増えたものの、人件費が増え、医療費の取りこぼしなどで赤字となりナイト・ドクターは今月で解散となった。

「ナイト・ドクター」第11話あらすじ・解散を告げられて

解散を告げられてショックを受ける美月たちだったが、動揺している暇はなかった。
線路、ゴミ処理場、エレベーター、立て続けに事故が発生して対応に追われた。
他の者は出払い桜庭だけが残った。
本郷は桜庭が一人だけで治療の場を回せるか試していた。
本郷はチームの解散を喜んだ。
ナイトドクターの有効性が証明されて、柏桜会グループの病院全てにナイトドクター制度が試験施行されることになったのだ。
そこで美月たちはナイトドクターの経験から得た知見を持って各病院に移動するように打診される。
決断はもちろん本人に委ねられる。
美月たちの心は「今の仲間とずっと一緒に働きたい」しかし「ナイトドクターは必要だし、救命医として経験も積みたい」と2つの答えに揺れ動く。
美月、片岡、深澤は事故現場で直接処置を行うことになる。
深澤が担当した患者は、重量のあるものに下敷きとなり足を切断せざるをえない。
深澤は切断を反対する同僚たちを今なら命が助かると説得し、処置をほどこした。

「ナイト・ドクター」第11話あらすじ・それぞれの成長

桜庭院内の救急患者のオペを行った。看護師は不安がるが、成瀬は桜庭の指示に従うように言った。
深澤が切断した男性はゴミ処理場の職員だった。
ゴミ処理場の仕事を好んで選ぶ者はいない。
職員と同僚はいつかみんなが憧れる職業になるように頑張ろうと約束したという。
人が眠っているときに働く仕事は、敬遠されがちだが、誰かがやらねばならない社会に必要な仕事だ。
一人遅れて美月が戻ってきて、今度はナイトドクター全員で患者の対応をした。
夜明け前に病院の屋上に集まった仲間たちの心は決まっていた。
みんなナイトドクターはここだけでなく全国に必要だと確信している。

それぞれは新しい職場に移った。
院長の狙い通り職場環境が改善され、女性の救命医も増えている。
場所は変わっても思いは同じだ。
今夜も月が上がったとき、ナイトドクターの仕事がはじまり、離れていても仲間たちは絆で繋がっている。

ナイトドクターは解散し、美月たちは全国のグループ病院に移動することになった。
事故現場に出動した仲間たちは、夜に働く人たちは自分たちだけでなく、人知れず人のために働いている人がいることを知った。
別々の場所で働いても、心はひとつだ。

ドラマ「ナイトドクター」第11話あらすじ 目次

ドラマ「ナイトドクター」第10話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第9話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第8話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第7話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第6話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第5話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第4話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第3話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第2話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第1話あらすじ(ネタバレ)