サスペンス

【ネタバレ】「ナイトドクター」第3話あらすじ・ネタバレ【桜庭の秘密】

助けた患者に襲われる

柏桜会 あさひ海浜病院は夜間専用の救急医療チーム・ナイトドクターを設立。
救急患者のたらい回しで母を亡くした朝倉美月(波瑠)はやっとやりがいのある仕事につけて張り切っていた。

しかし、私生活を犠牲にしたつけが貯まって、婚約者・佐野大輔(戸塚純貴)は浮気。
美月に平凡な仕事についてもらいたい父・哲郎(佐戸井けん太)が患者に紛れ込んで、美月の様子を見に来ていた。
ナイトドクターができて、昼間に診療を受けられないコンビニ受診が増えて、緊急患者の治療がおざなりになってチームを苦しめた。
コンビニ受診だと思われた鮎川希実の子玲生だったが、実は重大な病気が隠れていた。
美月が見逃した玲生の症状を深澤新(岸優太)が指摘した。
「ただ無難に過ごして給料さえもらえればいい」そう思われていた深澤だったが、両親を亡くした後、難病の妹深澤心美(原菜乃華)の世話をしながら、医者になった苦労人だった。
美月は深澤を見直し、おせっかいだと思った父に感謝した。
舌を嚙みきり自殺未遂だと思われた患者・斎藤は、実は女子高生を襲った変質者だと分かる。
美月に襲いかかる斎藤に、ときどき発作を起こして現場を離れる桜庭瞬(北村匠海)が飛びかかった。

桜庭の正体

斎藤は取り抑えられたが、桜庭は負傷。
それがきっかけで桜庭は柏桜会会長麗子(真矢ミキ)の息子で、生まれつき心臓に疾患を抱えていることが分かる。
体力的に負担のかかる救命医をするには体力的に難しく、麗子も医者をやめ経営側に回るように言われていた。
担当医からも入院して治療することを勧められた。
指導医の本郷亨(沢村一樹)と麗子はかつて同僚で、父を知らない桜庭は本郷によく遊んでもらっていた。
水族館で救急患者が出たとき本郷は鮮やかに処置する姿を見て、桜庭は医師に憧れた。
しかし、麗子は桜庭をナイトドクターから外し、病院経営のために留学させようと仕向ける。

桜庭は来週のシフトに自分の名前が無いのに気がついた。
桜庭は無保険で診療が遅れて亡くなった救急患者のように、自分の運命も決まっていると諦める。

人の運命は決まっているのか?

やがて、くも膜下出血の患者が運ばれてくるが、無保険なので手術したくないと言う。
患者は認知症である母の介護で退社して以来、無保険で、生活保護を受けるには家を手放すしかない。
患者の息子は厳しすぎる現実を前に、生きる気力を失っているようだった
本郷はどんなに親からの影響を受けても、
「自分の人生を決めるのは自分自身だ」と息子を励ます。
桜庭は本郷の言葉を自分に向ける。
息子の説得により患者は手術を承諾し、くも膜下出血の手術が始まる。
その間、桜庭と深澤だけで、患者の気道閉塞の処置を行う状況に……
「何のためにナイトドクターになったの?」
美月に発破をかけられ、桜庭は治療をやりとげた。
美月はちょっとずつでも、今日の桜庭は昨日の桜庭より成長していると言った。

余計な治療をするなとセンター長の嘉島征規(梶原善)はナイトドクター達を責めたが、桜庭は手応えを感じていた。
桜庭は麗子に直談判して、心臓のメンテナンスも完了し、ナイトドクターを続けることになった。

ある日、美月の部屋にゴキブリが発生。
そこで成瀬暁人(田中圭)は美月の母の心臓提供者が桜庭ではないかと気づく。
一方、アパートから飛び降りた女性が救急で運ばれてきたが、付き添いの恋人は高岡幸保(岡崎紗絵)の恋人のはずの青山北斗(竹財輝之助)だった。

ドラマ「ナイトドクター」第3話 目次

ドラマ「ナイトドクター」第10話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第9話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第8話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第7話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第6話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第5話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第4話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第2話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「ナイトドクター」第1話あらすじ(ネタバレ)