ドラマ

【ネタバレ】「桜の塔」第1話あらすじ・見逃し【共助課理事官・上條漣】

銀行立てこもり事件発生

2016年警視庁管内の三友銀行で立てこもり事件が起こる。
担当になった水樹爽(広末涼子)は苛立っていた。
立てこもってから、時間が経過しいるが要請したSATはいつまでも来ない。
実は警視庁内では刑事部の千堂大善(椎名桔平)と警備部の権藤秀夫(吉田鋼太郎)との間で意見が分かれていた。
SITとSATの出動を巡って言い争いになり、前に進まない。
上層部は事件解決よりも、権力争いに気を取られていた。

結局、SATは間に合わず人質の女性は撃たれ、犯人は裏口から逃走する。
爽と後輩の富樫遊馬(岡田健史)は防げたはずの失態を引き起こした上層部に憤った。
一方、刑事部共助課理事官・上條漣(玉木宏)は事件そっちのけで賭け麻雀に興じていた。
まるでこれから起こる事件の経緯を全て知っているかのように……

責任の追及は?

翌朝の捜査会議で、現場の刑事たちは上層部の責任を追及する。
全ての責任を背負わされる捜査共助課課長の佐久間義孝(少路勇介)。
しかし、上條が間に入って、上層部の失態は理屈をこねて矛先をかわし、逆に刑事達の職務怠慢を追求した。
上條は犯人が使った銃は最新の3Dプリンタで製造されたと断定。
刑事たちは3Dプリンタを購入した業者の洗い出しを行う。
仕事で対立しながらも、爽と上條は幼馴染みだった。
上條の性格が変わったのは、人情派の警官だった父・上條勇仁(岡部たかし)が自殺して以降だった。
それからキャリアの上條とノンキャリアの爽とは、生き方は真逆になってしまった。
千堂に正義とは何かと問われた上條は「正義とは権力」だと答える。
千堂が佐久間をかばうのは、千堂の愛娘・千堂優愛(仲里依紗)の婚約者だからだ。
佐久間は未成年と一夜を共にして、画像を撮られ、脅されていた。
上條はそのもみ消しも行った。

キャリアとノンキャリア

警視庁内では外様派の刑事部の千堂、東大派の警務部・吉永晴樹(光石研)、薩摩派の警備部の権藤で次期・警視総監の座を巡って小競り合いを繰り広げていた。
そのせいか、捜査は遅遅として進まない。

やがて、3Dプリンタを購入した容疑者に蒲生兼人(森崎ウィン)が浮上する。
蒲生が趣味であるサバゲー店に潜入した爽は、蒲生の使った手袋を入手し、上條に渡した。「証拠がなければ造ればいい」という上條。

やがて、蒲生の指紋がついた改造銃が河川敷で発見された。
周囲の反対を押し切り、上條は強引に蒲生の逮捕状を出した。
蒲生は取り調べで、犯行当時は家にいたと証言する。
家宅捜索すると、床下から大量の改造銃が出てくる。
上條の指示通りに爽が誘導尋問すると、蒲生は犯行を認めた。

幼馴染みとの決裂

立てこもり事件の犯人は逮捕、さらに大量の改造銃が押収され、上條は大手柄を立てた。
爽は証拠をねつ造した上條を追求し、亡くなった父・勇仁が喜ばないと責める。
しかし上條はその忠告をはねつけ、爽を一本背負いで投げとばした。
佐久間は依願退職に追い込まれた。
しかし、佐久間に罠を仕掛けたのは上條自身だった。
クラブSのママ小宮志步(高岡早紀)に頼み未成年の少女にハニートラップを仕掛けさせた。

改造銃をねつ造したのは元刑事の情報屋・刈谷銀次郎(橋本じゅん)。
さらに蒲生に架空の取引を持ちかけ、犯行を誘導したのも上條だった。
たとえ、不正をしても悪魔に魂を売らなければ、本当の悪をただすことはできないという。上條の本当の狙いは何か?
手柄を立てた上條は次期・警視正の候補の一人に浮上するが……

ドラマ「桜の塔」第1話あらすじ 目次

ドラマ「桜の塔」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「桜の塔」第2話あらすじネタバレ