ドラマ ラブストーリー 海外ドラマ

海外ドラマ「アグリー・ベティ」舞台・登場人物紹介

海外ドラマ「アグリー・ベティ」舞台紹介

舞台は世界のファッションシーンの最先端をゆく大都会ニューヨークのマンハッタン。マンハッタンに建つミード出版社のビルの中にある、一流ファッション雑誌『モード』は、近未来的でお洒落なオフィス。そこには見た目が全てでおしゃれに気を抜かない一流スタッフが働いている。
対照的に、主人公のベティはニューヨークの移民が多く住むクイーンズ育ち。ベティ同様ラテン系も多く住むクイーンズには、ベティの実家スアレス家があり、レトロなインテリアが可愛いお家に家族4人で暮らしている。スアレス家には、ダニエルやマーク、ベティの歴代彼氏たちなど、なぜかモード関係者も集まってくるが、明るく家族愛溢れるスアレス一家が迎え入れてくれる。

海外ドラマ「アグリー・ベティ」登場人物

ベティ・スアレス

ファッションセンスなし、見た目もイケてないが、真面目で賢く明るい女性。
夢は自分の雑誌を作ることで、目標はエディターになること。
その見た目から、女好きで有名な『モード』編集長ダニエルに手を焼いていたミード出版社のオーナーブラッドフォードに見込まれ、ダニエルのアシスタントとして採用される。
華やかなファッション雑誌の編集部の中で、センスのないベティは一際目立ち、周囲から冷たい視線を向けられる。しかし持ち前の明るさと根性で、いつもトラブルを引き起こしてばかりの上司ダニエルをサポートしながら、徐々に周囲から認められる存在に成長してゆく。
近所に住むウォルターや経理のヘンリー、サンドイッチ屋のジオなど、モテるベティは恋多き女性。
のちに念願のエディターになりロンドンでの大きなチャンスをものにする。

ダニエル・ミード

ミード出版社の御曹司で『モード』の編集長。ウィルミナや家族の権力争いによく巻き込まれる。
親の七光りと言われることが多く、女好き、すぐにアシスタントの女性に手を出しては、ミード出版社のオーナーでありダニエルの父であるブラッドフォードを困らせていたが、ベティのサポートのおかげで、編集長としても日々成長していく。
数年前に死んだはずの兄が女性になって現れてからは、編集長の座を狙われていたがのちに和解する。家庭環境に難ありのおぼっちゃまで、愛情に飢えていた。
初めはベティのことが目障りだと思っていたが、徐々に友情が芽生え、仕事でもプライベートでもお互いに支えあい良き理解者になる。
やっと心から愛する女性モリーに出会えたが、モリーの病気が再発し死別する。それからは怪しいカルト教団にハマってしまう。

ウィルミナ・スレイター

『モード』のクリエイティブ・ディレクター。常にファッショナブルで美しい外見だが、自らの野心のためには手段をいとわない野心家タイプの女性。『モード』の編集長になるために、敵対するダニエルを蹴落とそうと日々策略を巡らせるが、なぜかいつも上手くいかない。ダニエルの兄で性転換手術をしたアレクシスと手を組むが後に裏切られる。最終的にはミード出版社を乗っ取るために、オーナーのブラッドフォードの妻の座を奪う。
アシスタントのマークにボトックス注射をさせるのが日課になっている。
そんなウィルミナも紆余曲折を経て真実の愛を見つけるが、その相手であるコナーはミード出版社のお金を持ち出し逃亡してしまう。実は整形した過去がある。

アレクシス・ミード

ダニエルの元兄。数年前にスキーの事故で死んだと思われていたが、性別適合手術を受け美しい女性として生まれ変わり、家族の前に現れる。ブラッドフォードに自らの女性としての性質を否定されたことからミード出版社を乗っ取り復讐しようと企む。ダニエルとは仲が良い兄弟だったが、父への復讐のためウィルミナと手を組み敵対することとなる。女性になる前はブラッドフォードに期待されるほどの敏腕編集長で、ダニエルの憧れだった。

マーク・セントジェームス

ウィルミナのアシスタント。ウィルミナの野心のために忠誠を尽くし、いつもダニエルとベティの邪魔をしようと画策するが、ことごとく上手くいかない。ベティと同様エディターになることが目標で2人は良きライバルになる。オネエ言葉で話し、ゲイであることをカミングアウトするが、母親には本当のことは伝えられずベティを彼女だと紹介してしまう。『モード』受付のアマンダは常に行動を共にする親友。ジャスティンに自分自身を重ねよく相談に乗っている。

アマンダ・タネン

『モード』編集部の受付嬢。ファッションが大好きなブロンド美人だが、頭は弱く男運はない。以前は売れない女優だった。体の関係と割り切っていたダニエルのことを本当は好きだが本音を伝えられずにいる。初めはダニエルの側にいるベティをいじめていたが、今ではベティのことをいじって楽しんでおり、本当はベティが好き。亡くなった『モード』の元編集長フェイサマーズの隠し子だったことが判明し、本当の父親探しを始める。いつもマークと一緒に行動しており大の仲良し。

ヒルダ・スアレス

ベティの姉でシングルマザー。ベティとは違いナイスバディで美人。とても明るい性格でおしゃれが好き。ヘアメイクが得意で自分のヘアサロンを持ちたいと一念発起し学校に通う。その後、念願のヘアサロンを自宅にオープンさせる。学生時代にサントスとの間にジャスティンを妊娠するが別れてしまい、結婚はしなかった。後にサントスに正式にプロポーズをされ受け入れるが、結婚を前にサントスが強盗に殺害されてしまう。ベティとは仲の良い姉妹だが、実は頭の良いベティにコンプレックスを感じていた。

ジャスティン・スアレス

ヒルダの息子でベティの甥っ子。ファッションとミュージカルが好きで、運動が苦手。ちょっと女々しく個性的なファッションのせいで学校には馴染めず、同級生にいじめられることもある。ベティ以上にファッションに詳しいため、ファッションや流行についてのアドバイスをするなど、いつもベティに頼りにされている。ファッション業界に憧れがあり『モード』に頻繁に出入りする。演劇の発表会当日に血の繋がった父親サントスが強盗に撃たれて亡くなる。マークは良き相談相手。

クレア・ミード

ダニエルの母。夫のブラッドフォードがフェイと長い間不倫関係だった事が原因でアルコール依存症になる。フェイ殺害犯として服役するが、ウィルミナがブラッドフォードの妻の座を狙っている事を知り、子供たちが心配で脱獄をする。ベティの事を心から信頼し、頼りにしており、脱獄をした時も、万引きをした時もベティに連絡を取る。資金難のミード出版社に出資したハートリーがオーナーになってからは副社長に就任。そのハートリーとの間に出来た子供を里子に出した過去がある。

クリスティーナ・マッキニー

『モード』編集部の衣装保管係。デザイナーになるため、スコットランドに夫を残してアメリカに渡ってきた。普段は『モード』のクローゼットと呼ばれる場所で働き、ウィルミナのウェストサイズを知っている。華やかな編集部の中で少数派の地味で人間味のある女性。編集部の中で貴重なベティの味方で良き相談相手となる。病気にかかった夫の高額な治療費のために、ウィルミナの代理母になるという悪魔の契約を交わしてしまう。後に、イギリスでデザイナーとして大成功を収める。

イグナシオ・スアレス

ベティの父親。料理が得意で料理バトルに出場するほどで、クリスマスやイベントの時には故郷のメキシコ料理を振る舞う。元々は料理人として今は亡きベティとヒルダの母ローサに出会うが、ローサは結婚相手からDVを受けていた。イグナシオはローサを守るため、アメリカに不法入国していた。仕事やプライベートで上手くいかず落ち込んでいるベティをいつも優しく励ましサポートしてくれる一家の大黒柱。イグナシオの担当になった移民局のケースワーカーや看護師など女性にモテる一面もある。

ウォルター

ベティと同じクイーンズ出身の電気屋の彼氏。ベティと付き合っていたが、他に好きな人が出来たためにベティを振る。その後ヨリを戻すが、今度はベティがヘンリーを好きになったことで、断っていた昇進話を引き受ける。

ヘンリー

『モード』の経理担当。オタク気質なところがある。ベティと気が合い、当時ウォルターと付き合っていたベティをデートに誘う。晴れて両思いになったと思いきや、元彼女のチャーリーが現れ、妊娠していることが発覚する。

ジオ

サンドイッチ屋の店員。口は悪いがいつもベティを気に掛けアドバイスをする。ベティのせいで働いていたサンドイッチ屋を辞めることになるが、自分のサンドイッチ店を開く。ヘンリーとベティを取り合うが、最終的には振られてしまいイタリアに1人、旅に出る。

ジェシー

ベティがマンハッタンで一人暮らしを始めた時のアパートの隣人。ミュージシャンでイケメンのジェシーにベティはすぐに夢中になるが、恋人には発展しなかった。後にベティのアパートに転がり込んできたアマンダと良い関係になる。

マット

YETIの仲間。後にベティの上司になる。初めはスポーツ雑誌に勤めていたためマットとベティは合わなかったが、次第に心を通わせるようになり、やがて恋人になる。実は父親が大富豪でマットは御曹司だった。ベティに振られた後『モード』に入りベティの仕事の邪魔をする子供っぽいところがある。

ブラッドフォード

ミード出版社のオーナー。『モード』元編集長フェイサマーズと長年の間不倫関係にあった。長男のアレックスを『モード』時期編集長として期待していたが、性転換適合手術を行った現アレクシスに失望し排除しようとしている。

チャーリー

ヘンリーの元彼女。ヘンリーを追いかけてマンハッタンにやってくる。マンハッタンに来てすぐに知り合ったベティと仲良くなるが、ヘンリーとの関係に気づいてからは意地悪な態度を取るようになる。ヘンリーの子供を妊娠している。

サントス

ヒルダの高校時代の恋人でジャスティンの実の父親。ヒルダが妊娠している時に別れた事が原因でイグナシオからは嫌われている。息子ジャスティンの演劇の舞台を見に行く途中に立ち寄った店で銀行強盗に銃で撃たれそのまま帰らぬ人になってしまう。

モリー

幼稚園の先生でダニエルの恋人。ダニエルの友人で婚約者のコナーと付き合っていたが、ダニエルと両思いになりコナーとは別れる。癌を患っていた事がダニエルの知るところとなり、一時距離を置いていた。病気が再発したあとダニエルからプロポーズを受ける。

コナー

ダニエルの友人でモリーの元婚約者。モリーに振られたが、後にウィルミナと愛し合うようになる。ウィルミナと敵対していたダニエルの計らいでミード出版社の最高財務責任者に就任するが、会社の金を横領し国外逃亡する。

キミー

ベティの高校時代の同級生。イグナシオが働くファストフード店の店長。高校時代はベティをよくいじめていた。ベティに『モード』で働かせてほしいと頼み込む。ベティのサポートもあり徐々に活躍し肩書きまで与えられるが、いじめっ子の本性が現れる。

フェイ・サマーズ

『モード』の伝説の編集長。何者かに車に細工をされ、事故に見せかけ殺害される。モード編集室には秘密の部屋がある。そこには秘密の日記を隠していたが、それを見つけたアマンダが実はフェイの娘であることが発覚する。

アーチー

クイーンズの市議会議員。誠実で優しく真面目な政治家。ヒルダがヘアサロンを開業させる際にアドバイスをするようになり、次第にヒルダの恋人に発展する。ヒルダと何度かデートを重ねるが、他の男性を好きになってしまったヒルダに振られてしまう。

海外ドラマ「アグリー・ベティ」シーズン 目次

海外ドラマ「アグリー・ベティ」シーズン1あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「アグリー・ベティ」シーズン2あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「アグリー・ベティ」シーズン3あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「アグリー・ベティ」シーズン4あらすじ(ネタバレ含む)

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■おすすめ国内ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ海外ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ韓国ドラマあらすじ(ネタバレ)

-ドラマ, ラブストーリー, 海外ドラマ