国内テレビドラマ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話【第2の殺人が発生!会社は大ピンチ!】あらすじ・見逃し

女刑事と入れ替わったサイコキラーが新たな殺人を!

警視庁の刑事望月彩子(綾瀬はるか)と容疑者・日高陽斗(高橋一生)が入れ替わった。
彩子は日高を逮捕するために固めた証拠を、自分が捕まらないためにひっくり返す必要が出てくる。

後輩・八巻英雄(溝端淳平)に頼んで証拠の革手袋の入れ替えさせ、日高の殺人の証拠を消すことができた。

彩子は奄美大島に出向き、元に戻るための手段を探し求めたが、何も手がかりはなかった。
日高は河原三雄(北村一輝)に手袋の情報を提供して、手袋を科捜研に検証させた。
科学変化のせいで、日高の指紋は消え、証拠は消えてしまっていた。
彩子の逮捕は免れたが、日高は新たにゴルフ経営者を殺害。

彩子も日高も殺人犯ということになってしまうのだった

第2の殺人が起こったが……

第2の殺人が起こり、早速日高に疑いの目が向けられ、彩子は事情聴取を受けた。
しかし、日高にはアリバイがあり釈放される。
それもそのはず、犯行を行ったのは日高の魂が入った彩子なのだから。
警視庁を後にする日高が彩子に掴みかかる姿を見た河原は二人にただならぬ秘密があるのを嗅ぎつけるのだった。

日高は彩子が証拠の革手袋を手に入れているとふみ、革手袋の提出を要求してきた。
日高は捜査には深く関与せず、データベース係に徹する。
日高の経営するコ・アースは日高の殺人事件の容疑から、顧客が大量に流出していた。
取引会社に謝罪に向かったものの、彩子は顧客から責められても、逆に居直り、相手を激怒させてしまう。
その上、社内会議の連続で彩子は辟易してしまう。

売上の半減を訴えられると、やり方が悪いと返して社員全員に総スカンをくらった。
秘書の五木樹里(中村ゆり)に警察から戻ってきてから様子がおかしい。
何かを隠しているなら打ち明けてくれと迫られた。
苦し紛れに階段から落ちて記憶障害になったと言い訳をする。
富樫義貴(馬場徹)ら社員が涙ながらに詫びて来て、会社全体で信頼回復しようと士気が上がるのだった。
一方、日高は処理能力の高さでたちまち捜査陣に重要視され、捜査会議の記録係になる。

河原は手袋が届けられた時と左右逆になっている事実に気づき、八巻か彩子のどちらかがすり替えを行ったと確信した。

彩子の同居人・渡辺陸(柄本佑)は生ゴミから血まみれの防護服を見つけて、ずっと気がかりだった。
職場の先輩・湯浅和男(迫田孝也)はそれは二重人格で、もう1人の人格が殺人をしていると断定する。

河原の執念がついに彩子と日高の関係をあぶり出す

河原は事件現場付近の通行人から、事件当夜に彩子の姿を見かけた外国人の目撃者を見つけだした。
日高に網をかけて、わざと目撃者の個人情報を流した。

日高の妹・日高優菜(岸井ゆきの)が記憶障害の話を聞きかけつけた。

優菜は日高が優しい男で、悪い人と誤解されている老人と交流があったと言う。
風邪を引いた時に老人は階段から転げ落ちて死んだらしい。
彩子はその老人も日高が殺したのではないかと疑う。

コ・アースの社員たちもみんなワケありでみんな日高に拾われて仕事ができていると聞いた。
彩子は日高の人情家の部分と、狂気の殺人鬼の二面性が理解できない。

彩子は日高を呼び出し、手袋を渡すかわりに「もう殺人をしないと誓え」と脅す。
彩子は日高と刺し違えても、これ以上の殺人を喰い止めようとした。

河原は目撃者に言って、見たのは彩子だと言うように頼む。
しかし、河原が目撃者に嘘の証言を言うように頼んでいる動画が捜査本部に送られおり、彩子の容疑は免れた。
彩子が警察を偽り、コ・アース経営者の人脈を使い、就職の世話をしていた。

非常な殺人鬼か? それとも優しい男なのか?

目撃者に証言を頼んだことで、河原は捜査本部から外されてしまった。
彩子は日高の心優しい一面を見て、本当に根っからの殺人鬼なのか分からなくなってしまう。

陸は彩子のもとに現れる。

彩子が使うコインロッカーに、日高宛の手紙を見つけたからだ。
一方、日高が殺人の容疑者であることがネット上に拡散し、コ・アースは経営の危機に立たされるのだった。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話 続き

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話あらすじへ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第3話あらすじへ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」シリーズ目次へ