ホラー

「ウォーキングデッド」シーズン9登場人物・キャスト紹介

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン9 (時代)舞台紹介

シーズン9前半は、救世主のリーダー、ニーガンを倒してから18か月後の世界を描いています。アレクサンドリア・ヒルトップ・王国・救世主は互いに協力し合いながら、街の復興を進めるのです。しかし、救世主との溝は埋まらず、殺人事件も発生。そんな中、ウォーカーの群れが現れ、リックは自分を犠牲にして、コミュニティを救います。

後半はリックを失ってから6年後の世界。各コミュニティは以前のような交流関係を失っています。けれども、ウォーカーの皮を着た新たな敵「囁く者」の登場で、コミュニティは再び1つに。囁く者のリーダー、アルファは多くの人間を殺害し、彼らの生首で境界線を作ります。アルファは境界線を超えれば、ウォーカーの大群をコミュニティに向けて放つと脅すのです。

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン9 人物紹介

主人公  リック・グライムズ

救世主との戦争を終えて18か月、リックは白髪が目立つ短髪になっています。彼はアレクサンドリアのリーダー、そして共同体の総リーダーとして、復興に取り組んでいるのでした。

リックはニーガンを地下に閉じ込め、生き残った救世主にも手助けする姿勢を見せています。そんな彼のやり方に、不満を抱えるメンバーが多いのも事実。リックは平和的に治めようとしますが、住民と救世主との間で争いが起こります。

マギーとダリルによるニーガン処刑計画を防ぐ中、ウォーカーの群れがコミュニティに迫ります。リックは復興しつつあるコミュニティを守るため、自分が渡り切る前に、コミュニティへとつながる橋を爆破するのです。

仲間たちはリックは死んだものと思い込みますが、実は清掃人のアンに救われていました。リックとアンは謎のヘリコプターに乗り、どこかへ向かうのでした。

主人公  ジュディス・グライムズ

まだまだ幼いジュディスは、リックとミショーンと共に幸せに暮らしていました。シーズン9前半は目立った活動こそないものの、リックがいなくなった後は、一躍メインキャラクターになります。

おそらく9歳ほどに成長したジュディスは、カールのハットを被り、腰にはリックの拳銃、そして刀を背負っています。ジュディスはウォーカーの群れに襲われているマグナのグループを助けるのです。

ジュディスはミショーンとアレクサンドリアで生活を送っています。どうやらミショーンが訓練を施しているのが、強さの秘密のよう。ジュディスは幽閉されたニーガンと奇妙な関係性を築いています。こっそりとニーガンに会いに行っては、二人はお喋りを楽しんでいるのです。

ある日、吹雪の中ジュディスは一人でダリルの犬を探しに向かいます。ニーガンは自身の命を危険にさらしながらも、ジュディスを救うのです。

主人公  ダリル・ディクソン

ダリルは救世主の新リーダーとなり、粗暴なメンバーをまとめています。けれども、リーダーになったのはリックに頼まれたからであり、一人で暮らしたいのが本音。シーズン9前半、ダリルとリックの関係は良くありません。

その理由は、ダリルもまたニーガンや救世主の処刑をすべきと思っているから。ダリルはマギーと手を組んで、ニーガン処刑を目論みます。途中、リックと喧嘩するものの、二人は仲直り。協力して迫るウォーカーの群れを引き離そうとするのです。

リックを失ってから6年後、ダリルはどのコミュニティにも属さず、「ドッグ」という名の犬と暮らしています。彼は一人、リックの遺体を探し続けているのでした。しかし、囁く者が登場したとき、彼は再びコミュニティのために立ち上がるのです。

ダリルは囁く者のリーダーの娘リディアを厳しく尋問しますが、彼女は虐待の被害者と分かると、優しく接するようになります。というのも、ダリルもまた虐待された過去があるからでした。ダリルはリディアを守ることにします。

主人公  マギー・リー

引き続きマギーはヒルトップのリーダーとして活躍します。彼女はグレン・リーとの間にできた子供を出産したようで、名前を父親と同じハーシャルとつけていました。

マギーはヒルトップの住民のためなら何でもする一方、救世主への支援はしない強固な姿勢を見せます。ある日、暗殺未遂事件の被害者となり、マギーはグレゴリーを処刑するのです。

ダリルと共にニーガン処刑を目指しますが、マギーはリックがニーガンを生かす目的を理解します。それは、ニーガンにとっては死ぬよりも生きる方が辛いことでした。結局、マギーは処刑を取りやめるのです。

リックを失った責任を感じて、マギーはヒルトップのリーダーを辞任します。リックを失った後の世界、マギーは新たなコミュニティを探す旅へ出ています。

主人公  ミショーン

ミショーンはリックと同様、民主主義的な方法で、各共同体を治める努力をします。

リックがいなくなった後、アレクサンドリアの警備責任者として活躍。ミショーンはリックの娘ジュディスを養子にし、リックとの間にできた子供R・J・グライムズの母親でもあるのです。

ミショーンは以前よりも、ずっと冷たく厳しくなっていました。その理由は、リックがいなくなった後、かつての親友をアレクサンドリアへ招いたものの、裏切られたトラウマがあるからです。その事件が原因で、ヒルトップは他のコミュニティとも疎遠になります。

しかし、囁く者の登場とジュディスの影響もあり、ミショーンは再びかつての旧友たちと仲を深めることに。最終話では、ジュディスを救出したニーガンに感謝の意を示します。

主人公  エゼキエル

救世主との戦争で、虎のシヴァや多くの戦士を失ったものの、引き続きエゼキエルは王国のリーダーです。

シーズン9はエゼキエルとキャロルの関係に進展がありました。エゼキエルはキャロルに指輪を渡してプロポーズ。初めこそキャロルは戸惑いますが、後に指輪を受け取るのです。

そして6年後、キャロルとエゼキエルは夫婦になっていました。彼らは王国のヘンリーを養子にし、刀鍛冶の見習いとしてヘンリーをヒルトップへ送るのです。また映画館の復活を実現させる、王国でコミュニティが1つになるなど、王国は文明再開化の場となります。

しかし、厳しい冬が王国を襲い、彼らは王国を去ることに。途中、囁く者のテリトリーに侵入しますが、彼らは無事にヒルトップへ避難するのです。

主人公  キャロル・ペルティエ

シーズン前半、キャロルはエゼキエルにプロポーズされます。そのことをダリルに伝えると、ダリルは驚き、キャロルと一緒にいていいかと尋ねるのです。しかしキャロルは「ダメよ」と断り、彼の肩にもたれかかります。

また、ダリルの代わりに救世主のリーダーを務めるなど、相変わらずの活躍ぶり。

リックを失ってから6年後、キャロルは白髪を長く伸ばしていました。彼女はエゼキエルとヘンリーと共に幸せな生活を送っています。

しかし、最愛の息子ヘンリーが囁く者の指導者アルファに残忍に殺されるのです。アルファの娘リディアが自分を殺せと言ったとき、キャロルは彼女を殺せません。

ヘンリーの死に打ちひしがれたキャロルは、エゼキエルとも離婚します。王国の避難を手伝った後、キャロルはダリルたちと共にアレクサンドリアへ戻るのです。

主人公  ニーガン

リックの意向により、ニーガンは処刑されず終身刑の囚人として、アレクサンドリアに閉じ込められています。

リックがいなくなった後も、彼は囚人の身のまま。しかしゲイブリエル神父が不注意で、牢屋の鍵を閉め忘れると、7年半ぶりに外の世界に出るのです。ウォーカーや獰猛な犬に襲われながらも、かつての本拠地サンクチュアリーへ到着。

そこでニーガンが見たのは、もぬけの殻となったサンクチュアリーでした。ニーガンは自らの意思で、再び牢屋へ戻るのです。

今シーズンで、ニーガンはリックの娘ジュディスと関係性を築いていきます。吹雪の中、ニーガンは危険を顧みずジュディスの救出へ向かうのです。ミショーンはニーガンに感謝の気持ちを伝え、「共通の敵を持つことで良い人間が集まる」と言います。それに対し、ニーガンは「自分のことを悪人と思う人間は一人もいない」と答えるのでした。

主人公  アルファ

ウォーカーにまぎれて生活する囁く者の残忍なリーダーです。アルファが登場するのは、リックを失ってから。彼女は捕らえられた娘リディアを取り戻すために、ヒルトップへ到着するのです。

アルファはダリルと交渉しますが、ダリルはアルファが虐待していると断ります。しかし、彼女はヒルトップの住民2名を人質として捕らえていたので、交渉成立。

リディアが戻ってきたものの、ヘンリーがリディアを追いかけます。ヘンリーを捕らえたアルファは、リディアにヘンリーを殺すように言うのです。結果的に、リディアとヘンリーは逃亡。

その後、アルファは王国に潜入して、タラやヘンリーを含む数名を殺害します。殺害した住民の首を並べ、境界線を作るのです。その後、ダリルに境界線を超えれば、ウォーカーの大群をコミュニティに放つと脅します。

主人公  ベータ

囁く者の右腕で大柄の男です。常にウォーカーの皮を被っているため、素顔は分かりません。リディアを追いかけてきたヘンリーを捕らえたのがベータです。ベータはヘンリーをアルファに渡し、共にリディアに殺害を強要するのです。

ヘンリーとリディアがダリル達と共に逃亡した後、ベータはすぐにグループを結成し、彼らを追跡します。建物内で、ベータはダリルと直接戦います。戦闘力の高いダリルを力で圧倒しますが、最後はダリルがエレベーターからベータを突き落とすのです。それでも、ベータは死ぬことなく、タフさを見せます。

ダリルとの戦闘シーンだけでも、ベータの恐ろしさを垣間見れます。アルファの命令であれば、疑問を持たずに実行するほど、アルファに大きな忠誠心を誓っている人物です。

タラ・チャンブラー

リックがいなくなった後、マギーはヒルトップを去りました。そこでタラは、ジーザスと共にヒルトップのリーダーを努めるのです。しかしながら、ジーザスが囁く者の手によって死亡するので、実質的に信頼の厚いタラが一人でヒルトップのリーダーとなります。

王国で行われた総会議に参加し、タラはゲイブリエル神父やエゼキエルなどと共に、共同署名を行うのです。しかし、王国に潜入していたアルファの手により、誘拐・殺害される最期を迎えてしまいます。

ユージーン・ポーター

リックがいなくなった世界で、ユージーンはアレクサンドリアのエンジニアとして働いています。ユージーンはロジータと、ラジオの増幅器を取り付けるため、森へ向かいます。その際、暗にながらもロジータに気持ちがあることを伝えるのです。

ユージーンとロジータは、互いに会話をするウォーカーを発見。ユージーンは、ロジータを先に逃がします。その後、ダリルたちが囁く者から隠れていたユージーンを発見・救出。ユージーンは頻繁に、ロジータと交際しているゲイブリエル神父に対抗心を見せます。

ロジータ・エスピノサ

リックがいなくなって6年後、ロジータはゲイブリエル神父と交際しています。しかし、ゲイブリエル神父の前にシディックと交際しており、今はシディックとの間にできた子供を妊娠中。

その事実をゲイブリエル神父に伝え、彼女はそれでもゲイブリエル神父に一緒にいてほしいと頼むのです。二人は仲良く過ごしますが、嫉妬したユージーンが彼らに干渉します。

吹雪の日、ニーガンがロジータをちゃかして、ゲイブリエル神父に向かい「Father(神父), not a father(父親ではない)」と言うと、ユージーンは楽しそうな様子を見せるのでした。

ジーザス

救世主との戦いの後、ジーザスはマギーの良き友であり、相談役のような存在となっています。リックとマギーがいなくなると、ジーザスがヒルトップのリーダーに選ばれるのです、しかしながら、ジーザスはリーダーに向いていないと感じています。

アーロンとかつてのように、各コミュニティを近づける方法を考えるなど、良き指導者として活躍。しかしながら、ユージーン救出中に背後から囁く者に刺されて、死亡するのです。コミュニティが1つになる夢を見ることはできませんが、囁く者の登場で彼の夢は叶います。

ゲイブリエル・ストークス

リックがいなくなった後、ゲイブリエル神父はアレクサンドラの審査会の委員長になっています。町の審査会は、民主主義的な方法であらゆる決定を行うのです。マグナのグループが到着した際も、ゲイブリエル神父が長となった審査会で、入居の可否が決められました。同時に、シディックの子供を身ごもるロジータと交際もしていました。

今シーズン中、ゲイブリエル神父はラジオを使い、他の生存者やコミュニティとの接触を図ります。王国で各コミュニティが集まって会議が開かれた際、ゲイブリエル神父はアレクサンドラの代表として署名するのです。

アーロン

救世主との戦争で恋人のエリックを失ったアーロンは、ジーザスと戦闘のトレーニングを行っています。橋の復興中、ウォーカーの群れが一同を襲います。その時、大木がアーロンの片腕を挟み、イーニッドの手によって腕を切断することに。

6年後、義手をつけたアーロンはアレクサンドリアに住んでいました。彼は、かつてリックが救世主の隠れ家から救った赤ん坊と共に暮らしています。

ユージーンがいなくなった時、アーロンはダリルとジーザスと共に、彼の捜索へ。囁く者の罠にかかり、ジーザスを失うことになりますが、アーロンたちはなんとか脱出します。

その後、アーロンは王国民が無事にヒルトップへ移住できるよう、付き添います。任務が完了したところで、アーロンはアレクサンドリアへ戻りました。

アン

清掃人のリーダーで、シーズン8ではジェイディスと呼ばれていました。戦争後、アンはアレクサンドリアに住み、復興の手伝いをしているようです。彼女はゲイブリエル神父と恋愛関係を発展させています。

密かにアンは謎のヘリコプターと連絡を取り、誘拐した人と物資交換をしていました。ゲイブリエル神父にその場面を発見されると、昔のようにウォーカーに食べさせようとしますが、変わったアンは残酷になれませんでした。

リックが橋に取り残された時、アンはリックの救出へ向かうのです。そして2人はヘリコプターでどこかへ向かうのでした。

イーニッド

戦争の後、イーニッドはヒルトップに住み、シディックに医療技術を教わっています。まだまだ見習いですが、大木に挟まれたアーロンの腕を切断して、見事に彼を救出するのです。

6年後、イーニッドは一人前の医者となり、ヒルトップに欠かせない人物となっています。そして彼女はアルデンの恋人。ヘンリーとリディアが隠れた時、イーニッドは彼らを見つけて、ヘンリーの説得を行います。

幸せな生活を送っていますが、王国に潜入したアルファの手によって、殺されてしまいます。

アルデン

元救世主のメンバーです。戦争の後、アルデンはヒルトップに住んでいます。彼はイーニッドの恋人でもあります。

アルデンはルークと共に捜索へ向かいますが、そこで囁く者の罠にかかってしまうのです。二人は人質として捕まり、アルファと共にヒルトップへ到着。アルファがダリルと交渉中、アルファが泣き叫ぶ赤ん坊を置き去りにしようとします。その光景を見たアルデンは、叫びアルファを説得しようとするのです。

王国で大会議が開催された際、アルデンはルークとステージで歌います。しかし、イーニッドの姿を見かけないことに不安が募るばかり。イーニッドを殺されたアルデンは、怒りをリディアへと向けてしまいます。

シディック

シーズン8でカールに救われたシディックは、コミュニティの医者かつリックとミショーンの相談役となっています。

リックがいなくなって6年後、シディックはロジータと恋人関係にあったようで、ロジータは彼の子供を身ごもっているのです。しかし二人はすでに破局していて、ロジータはゲイブリエル神父と交際中。

シディックもまたアルファに誘拐されますが、証人として一人生かされます。アルファの惨殺が発覚した後、シディックは皆の前でアルファが行ったことについて話をするのです。

マグナ

森の中でウォーカーに襲われていたところ、ジュディスに救われます。マグナたちの受け入れは、アレクサンドリアの審査会へかけられますが、ミショーンがマグナは元囚人だと指摘。そのため、受け入れられない雰囲気が漂いますが、彼女たちはヒルトップへ移住することに。

ミショーンがユージーンの捜索へ向かった際、マグナとユミコも彼女についていき、ダリルたちの加勢をするのです。

アルデンとルークが行方不明になると、マグナたちはタラの命令を無視して、単独で捜索へ向かいます。翌朝、無事に帰還するものの、囁く者がマグナたちを尾行していました。

ユミコ

マグナの恋人であり、弓矢を扱う戦闘スキルの高い女性です。森の中でウォーカーに襲われた際、ユミコはコニーを救おうとして、頭に怪我を負ってしまいます。アレクサンドリアに運ばれた彼女は、シディックに治療されるのです。

ヒルトップへの移住後、ユミコはマグナと共に、ミショーンの加勢をしたり、単独でルークの捜索を行ったりします。

ダリルたちと共に、アルファによって殺害された仲間の首が並べられた光景を見て、彼女は怯え膝をつくのです。

ケリー

マグナのグループに属す女性。コニーの妹であり、言葉を喋れない彼女の通訳者でもあります。
ルークが行方不明になった時、捜索すべきと強調するユミコとタラに従うべきというマグナが話し合いをします。そこにケリーがユミコに同意して、彼女達は単独で捜索へ向かうのです。

コニーがダリルと共に、ヘンリーの捜索へ向かったため、ケリーは不安を募らせていました。王国でコニーと再会した時、ケリーは幸せそうにコニーにハグするのです。

その後、ケリーは泣きそうになりながら、何も告げずにどこかへ行かないでほしいとコニーに訴えます。

コニー

マグナのグループに属し、ケリーの姉妹。彼女は手話を使ってコミュニケーションをとります。

アルファが交渉のため、ヒルトップに到着した際、赤ん坊をウォーカーの犠牲にしようとします。コニーはその赤ん坊を救出するのです。一見すると大人しそうな人物ですが、コニーは知性があり勇敢な女性だと分かります。

またコニーはダリルと共に、ヘンリーとリディアの救出に向かうのです。囁く者から逃げている中、コニーの提案で建物に隠れることにします。彼らは追手に奇襲攻撃を仕掛け、ダリルはなんとかベータをエレベーターから突き落とすのです。

王国でケニーと再会し、コニーは彼女に謝罪します。その後、タミーを探しているアールを手伝うのです。

ルーク

マグナのグループに属する男性です。ウォーカーが出現する前の世界では、彼は音楽の先生でした。そのため、今でも人々に音楽を教えようとしています。

彼はアルデンと森の捜索に向かった時、囁く者の罠にかかり、捕らわれの身となるのです。アルファとダリルが取引をし、無事に彼らはヒルトップへ戻ります。

ルークの印象的なシーンは、王国で開催されたフェスティバル。そこでルークはアルデンを誘い、簡単なコンサートを実施するのです。音楽という文化が戻り、人々は平和に楽しそうにしている様子が映されます。けれども、そのすぐ後にアルファがコミュニティの住民を虐殺するのです。

リディア

囁く者のリーダーアルファの娘です。囁く者たちの襲撃の帰り道、ダリルたちに捕まり、リディアはヒルトップへ連行されました。初めはダリルとミショーンに厳しく尋問されます。しかしダリルは、リディアは虐待の被害者と知ると、優しく接するようになるのです。

アルファとの取引で、囁く者に戻るものの、再びダリルたちと王国へ戻ることに。王国でリディアはアルファと遭遇し、アルファはリディアと親子の関係を断つのです。アルファの虐殺の後、リディアはキャロルに自分を殺すように言います。

そしてリディアはダリルたちと共に、アレクサンドリアへ戻るのです。

ヘンリー

ヘンリーは王国の戦士で、エゼキエルとキャロルの息子となっています。彼は刀鍛冶の見習いとして、ヒルトップで過ごすことに。しかし、同じ年頃の少年たちとこっそりヒルトップを抜け出し、お酒を飲んだことから牢屋に閉じ込めらます。

隣の牢屋にはリディアが入れられ、二人は親しくなるのです。リディアが囁く者に戻った際も、ヘンリーはリディアを追いかけ連れ戻します。

リディアと恋人になりますが、王国に潜入したアルファの手によって殺害されるのです。

オジー

王国に登場するハイウェイマンのリーダーです。彼らはエゼキエルとキャロルに王国の物資を要求します。しかし王国が抵抗するので、一触即発の事態に。そこにキャロルが王国には映画館があると告げたらオジーの意志が揺らぎます。

最後は、ハイウェイマンが王国周辺の道路を警備する代わりに、自由に王国に出入りし、映画も観れるという条件で仲良くなるのです。

ニーガンとは違い、オジーは可能な限り殺しを避ける、悪い人間ではありません。アルファに誘拐された時も、仲間たちを守ろうと必死に戦いましたが、最後は殺されてしまいました。

グレゴリー

救世主との戦争のあと、グレゴリーはヒルトップに住み続けています。ケンの死で悲しみに暮れている両親をそそのかして、マギーの暗殺を計画するのです。しかし暗殺は失敗に終わり、マギーにも計画がばれます。彼は公衆の面前で処刑されるのです。

ケン

ヒルトップの青年で、アールとタミーの一人息子。リックたちと共に、ワシントン物資へ向かいますが、その帰り道にウォーカーの群れに襲われます。ウォーカーから馬を救出しようと試みたところ、ウォーカーに噛まれてしまうのです。

アール

ヒルトップの住民でケンの父親。息子を失い悲しみに暮れている時、グレゴリーにマギーの暗殺をそそのかれます。マギーの暗殺は失敗したものの、彼は罰を受けません。6年後、赤ん坊を養子に迎えますが、アルファの手により妻タミーを失ってしまいます。

タミー

アールの妻。一人息子のケンを失った時、ヒルトップのリーダーであるマギーを厳しく責め立てます。彼女もまた、アールと同様にマギー暗殺未遂の罪は咎められません。コニーが救出した赤ん坊を養子にし、幸せに暮らすものの、アルファにより殺害されるのです。

ダイアン

王国の女戦士です。マギーがニーガンの処刑を決意した際、ダイアンはマギーのお供をします。リックを失ってからは、彼女はヒルトップの守衛として働くのです。同時に、戦士の育成にも励んでいます。

一度は王国に戻るものの、厳しい冬のせいで王国を去る必要があったため、ダイアンは再びヒルトップへ戻ります。

シンディ

オーシャンサイドのリーダー。かつて救世主により、オーシャンサイドの男は皆殺しにされた過去があります。その復讐をするため、救世主の誘拐殺人を繰り返すのです。オーシャンサイドの男の殺人に関わった最後の男アラットを殺す前、ダリルとマギーに見つかります。しかし、2人はシンディを止めず、そのままアラットの殺害を許すのです。

ジェリー

王国の戦士で、エゼキエルの右腕です。リックがいなくなった後、ジェリーはナビラと結婚し、3人の子供と暮らしています。映画館の復興に大きく貢献し、家族全員で映画を観る微笑ましいシーンが映されるのです。王国が崩壊した後、ジェリーたちはヒルトップへ移住します。

ジェッド

救世主のメンバーで、オーシャンサイドの男殺し事件に関わりました。戦争に負けた後、ダリルの指示に従い復興に取り組んでいます。しかし、オーシャンサイドが殺人事件の犯人と知ると、救世主を抱えてリベンジしようとするのです。

結局、数名の救世主を抱えて、ジェッドはコミュニティから出ていきます。キャロルを襲ったところ、返り討ちに合い、生きたまま燃やされるのです。

レジーナ

救世主の元女幹部。戦争のあと、彼女はサンクチュアリーの復興に取り組んでいますが、ジェッドと共にヴィラン的存在です。レジーナはコミュニティを抜けて、キャロルを襲います。しかし、レジーナもまた、生きたまま燃やされるのでした。

アラット

救世主の元女幹部。彼女はオーシャンサイドのシンディの11歳の弟を殺害した過去があります。そのため、シンディたちに誘拐されるのです。アラットは「命令に背けば自分がサイモンに殺されていた」と言い訳しますが、シンディに殺されます。

フランク

囁く者のリーダーアルファの夫であり、リディアの父親でもあります。ウォーカーの世界になったばかりの頃、彼は家族と友人と共にシェルターに隠れていました。アルファがパニックになった友人を殺した時、彼は幼いリディアを慰めます。フランクはアルファと共にシェルターから脱出するのを拒否したので、アルファに刺されて死にます。

リック・グライムズ・ジュニア

リックとミショーンの間に生まれた子供です。彼はリックがいなくなって9か月後に誕生。現在は、ミショーンとジュディスと共に、アレクサンドリアに住んでいます。リックと強いきずなを築いていたダリルは、ジュニアを危険から守ろうとしているようです。

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズ 目次

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン1あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン2あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン3あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン4あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン5あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン6あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン7あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン8あらすじ

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン9あらすじ

 

 

 

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン10あらすじ