ホラー

「ウォーキング・デッド」シーズン8全話あらすじ(ネタバレ有!)

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン8あらすじ

ついにニーガン率いる救世主一味との大戦争開始。アレクサンドリア・ヒルトップ・王国・オーシャンサイドは連合を結び、救世主へ攻撃を仕掛けます。連合軍は見事に奇襲攻撃を成功させ、救世主一味を追い詰めるのです。

戦争の中、連合軍では救世主一味を全員殺すのか、殺さないのかで意見が分かれます。そして、意見の食い違いが原因で、救世主が反撃するのです。まさに一進一退の攻防戦。

シディックという男を救ったカールには悲劇が訪れます。カールの悲劇は、リック、そしてミショーンにも大きな影響を与えます。

怒りと秩序の狭間で、悩み行動するキャラクター達と圧巻のアクションシーンが見ものです。そして、シーズンは驚きの結末を迎えます。リックとニーガンの運命はどうなるのでしょうか?

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン8

第1話「全面戦争」

ニーガン率いる救世主を打ち倒すため、リック・マギー・エゼキエル率いる各コミュニティが1つになります。彼らは救世主の本拠サンクチュアリーへ攻撃を仕掛けます。

ニーガンやサイモン、ドワイトなどの幹部たちと共に出てきたのは、ヒルトップのグレゴリー。グレゴリーは、ヒルトップは救世主につくと宣言しますが、ジーザスがヒルトップはマギー側につくと言うのです。

連合軍はサンクチュアリーのフェンスを破壊し、大量のウォーカーを放ちます。全員退散しているところ、ゲイブリエル神父は残されたグレゴリーを救出しようと試みるのです。しかし、グレゴリーはゲイブリエル神父の車を盗み、一人逃走。

ウォーカーに囲まれたゲイブリエル神父は、トレーラーの中へ避難します。しかし、そこにはニーガンがいたのです。

第2話「予期せぬ再会」

連合軍はいくつかのグループに分かれ、複数の救世主のアジトを攻めることに。作戦は見事に成功して、多くの救世主を殺害します。しかし攻撃の最中、エリックが重傷を負い、恋人のアーロンがエリックを助けるのです。

タラとモーガン、ジーザスも順調に救世主のアジトを占領。タラは降伏した救世主を殺害しようとしますが、ジーザスが彼女をストップ。一方、モーガンは単独で次々と救世主を殺害します。

降伏した救世主を生け捕りにしますが、モーガンは全員を処刑しようとします。しかし、ジーザスがモーガンを止め、不穏な空気が流れるのです。

リックとダリルは二人で救世主の武器を捜索。ダリルと分かれてアジトを捜索中、リックはアトランタでの仲間モラレスに銃を突きつけられるのです。

第3話「歪んだ正義」

モラレスがリックを脅しているところをダリルが発見。そこで、ダリルは躊躇なくモラレスを殺害するのです。二人は引き続き銃器の探索を続けるものの、アジトにはありませんでした。そして、リックとダリルは武器を移送している救世主の一味を追跡することに。

グレゴリーがヒルトップへ戻りました。マギーに必死の弁明をして、彼はヒルトップ内に入る許可を得るのです。負傷を負ったエリックが死に、アーロンは悲しみにくれます。

ジーザスは、タラとモーガンの反対を押し切って、降伏した救世主の一味をヒルトップへ連れていくことにするのです。道中、ウォーカーの群れが出現し、救世主の一味が脱走します。しかし、モーガンが再確保。モーガンは全員を殺そうとしますが、ジーザスが現れ、二人は喧嘩するのです。

エゼキエル率いる王国のグループは、順調に救世主たちを倒しています。しかし、マシンガンが登場し、多くの戦士たちがエゼキエルの身代わりとなるのです。

第4話「王への忠誠」

救世主のマシンガンにより、王国の戦士がほぼ全滅。生き残っているのは、エゼキエルとジェリー、そしてキャロル。キャロルは秘密裏に建物内に侵入していて、一人で多くの救世主を殺害するのです。

エゼキエルは救世主の男に捕まります。男はエゼキエルを痛めつけ、ニーガンに差し出すつもりです。しかし、ジェリーが斧で男を真っ二つに。

男の脅威から逃れたものの、ウォーカーの群れが二人に迫っていました。そんな二人を助けたのがキャロルです。エゼキエル達を救うことにより、キャロルは救世主の男二人を逃がしてしまいますが、リックとダリルが無事に始末。

エゼキエル達は、森の中でもウォーカーに追われますが、虎のシヴァが自身を犠牲にすることで助かります。3人は王国に帰還するものの、指導者としてのエゼキエルの自信は喪失していました。

第5話「懺悔」

トレーラーの中で、ゲイブリエル神父はニーガンに懺悔をするように言います。ゲイブリエル神父が自身の罪を告白した後、ニーガンは妻を裏切り、この世界になって妻は死んだと言うのです。

サイモンと幹部達は、リックのグループが内部情報を知っていたことから、この中に裏切り者がいるのではと互いを疑います。サンクチュアリーの労働者は、生活環境の悪化にストレスを抱え、サイモンに抗議するのです。

争いが起きる寸前で、ニーガンが登場。ニーガンのカリスマ性により、再び労働者は忠誠を誓うのです。ユージーンはゲイブリエル神父の入った牢屋を訪れます。そして、病気で苦しむゲイブリエル神父を発見するのです。

その頃、リックとダリルは救世主の扱いに関する意見の食い違いで、殴り合いの喧嘩をしていました。

第6話「分かれ道」

リックは清掃人を味方につけるため、ジェイディスの元を訪れます。しかし、ジェイディスはリックの提案を断り、リックをコンテナの中に閉じ込めるのです。カールは森の中でシディックという名の男と出会い、彼をアレクサンドリアに誘います。アレクサンドリアへ向かう途中、カールはウォーカーに押し倒されてしまうのです。

タラとダリルは、リックの計画に背き、サンクチュアリーの破壊を考えるのです。ロジータとミショーンも参加し、4人はサンクチュアリーへと向かいます。

その頃、エゼキエルは王国で一人閉じこもったまま。キャロルが彼にリーダーになるよう頼みますが、エゼキエルははっきりとした返事をしません。

ジーザス達が、ヒルトップに救世主の生き残りを連れてきました。マギーは、一味をエリアに閉じ込めます。そしてヒルトップを裏切った罰として、グレゴリーを救世主たちと共に閉じ込めるのです。

第7話「心の葛藤」

ユージーンはドワイトが密告者だと気づくものの、ドワイトに黙っているように言われます。また、ゲイブリエル神父からは正しいことをするように諭されるのです。しかし、ユージーンはニーガンに忠誠心を誓い、ウォーカーの群れを引き離す計画を伝えます。

モーガンとタラの協力を得たダリルは、トラックを運転してサンクチュアリーの壁へ突撃します。壁が破壊され、ウォーカーの群れが内部に侵入しました。多くの救世主はウォーカーに殺されています。

リックはなんとかジェイディスを説得。しかし、サンクチュアリーを確認したいと清掃人が言うので、リックは彼らを連れていきます。サンクチュアリーに到着して、リックたちが見たのは、壊れた壁といなくなったウォーカーの群れでした。リックの表情には恐怖の色が浮かびます。

第8話「暗夜の口笛」

ユージーンの計画により、救世主たちはサンクチュアリーから脱出成功しました。そして、3つのグループに分かれて、アレクサンドリア・ヒルトップ・王国へと向かうのです。

アーロンとイーニッドはオーシャンサイドの奇襲を受けます。そのため、やむを得ずにイーニッドはナタニアを殺害。その頃、ユージーンはゲイブリエル神父と医者を治療していました。

ニーガンがアレクサンドリアへ到着。彼は罰として、誰か一人を殺すと言うのです。そこで、カールが自分を殺すように名乗り出ます。結局、ニーガンはカールを殺さず、アレクサンドリアへの攻撃を開始。

カールは住民に地下水道に隠れるよう誘導します。そしてリックが到着したとき、カールはウォーカーに噛まれたことを明かすのです。シディックをアレクサンドリアへ連れてくるとき、腹部をウォーカーに噛まれていたのでした。

第9話「夢」

ウォーカーに噛まれたカールは、残り時間が少ないと分かっています。そこで、カールは大切な人々に向けて手紙を書くのです。

救世主がアレクサンドリアを去ります。生き残った住民はヒルトップへ向かうことに。そして、リックとミショーンはアレクサンドリアに残り、カールと最期の時を過ごすことにします。

死が迫っているカールはリックに、救世主との戦いを止めるように言います。そして、救世主と共に良い未来を築いていくように頼むのです。

モーガンとキャロルは、捕らわれたエゼキエルの救出ミッションへ向かいます。そして、見事に救世主から王国を取り戻すのです。モーガンが幹部のギャビンの殺害を迷っていると、亡きベンジャミンの弟ヘンリーが彼を殺します。

第10話「託された手紙」

アーロンとイーニッドは、オーシャンサイドに救世主との戦いに参加するよう頼みます。しかし、オーシャンサイドは断るので、イーニッドはヒルトップへ戻るのです。一方、アーロンは協力を得られるまで、オーシャンサイドに残ることにします。

ニーガンは清掃人がリックと接触したことを知ります。そこでサイモンを清掃人のもとへ送り、一人だけ殺すように指示するのです。ニーガンは、人こそ資源と考えているのでした。

リックとミショーンは清掃人の元へ向かいますが、時すでに遅し。サイモンはジェイディス以外の清掃人を全員殺害したのでした。生き残ったジェイディスは、ウォーカーとなった仲間から逃れるため、シュレッダーの中にウォーカーをおびき寄せています。

第11話「捨て身」

救世主の一味は、ヒルトップへ避難しているアレクサンドリアの人々を追跡します。道中、ドワイトはダリルやタラなどの信頼を得ていません。タラは機会を見計らって、ドワイトを殺害しようとさえしていました。しかし、味方であることを示すため、ドワイトは追いかける救世主の前に現れ、ヒルトップのグループを逃がすのです。

ユージーンは新たな戦いを前に、救世主の一味と共に、銃弾を作っています。ニーガンは、銃弾をウォーカーの血で汚す計画を思いつくのです。

ゲイブリエル神父は高熱にうなされ、視力も失いつつあります。カーソン医師がゲイブリエル神父を助けようとしますが、ついに救世主に捕らわれてしまうのです。カーソン医師は殺害され、ゲイブリエル神父は再び捕らわれの身となってしまいます。

第12話「生残る鍵」

マギーとイーニッド、ロジータ、ミショーンはジョージーという名の高齢の女性と出会います。ジョージーはヒルトップの発展ぶりに驚き、接触を試みたのです。マギーたちはジョージーをヒルトップへ連れていきます。

ジョージーは食糧不足で悩むヒルトップを見て、レコードと引き換えに、食料と「未来への鍵」と書かれた本を渡すのです。

ニーガンは救世主を引き連れ、ヒルトップへ向かいます。彼らはウォーカーの血をつけた銃弾を持っているのでした。ヒルトップへ向かう途中、リックがニーガンの後を追い、二人は建物の中へ入ります。

なんとかニーガンは逃げ出しますが、彼は銃を持ったジェイディスに捕まるのです。ニーガンの行方を見失ったサイモンは、救世主にヒルトップの攻撃を命じます。

第13話「空虚の朝」

救世主は、ウォーカーの血をつけた銃弾でヒルトップを襲撃します。激しいバトルになり、両サイドひどい損傷を負っているようです。ドワイトはタラめがけて撃ちますが、それはサイモンがタラを殺すのを防ぐためでした。

夜になると、怪我を負った人々が死んでしまいます。原因は、ウォーカーの血に汚染された銃弾をくらったから。多くの仲間がウォーカーとなり、眠っている生存者を殺害するのです。

戦いの参加を拒否されたヘンリーは、一人で兄の敵を討とうとします。ヒルトップにいる救世主の元へ向かい、兄を殺した者が現れなければ、一人ずつ殺すと言うのです。しかし、ヒルトップに捕らわれた救世主を逃がす結果に。一部の救世主たちは逃げ出すものの、アルデンなどはヒルトップにとどまる決断をするのでした。

第14話「涙のわけ」

キャロルとモーガンはヘンリーの捜索をします。その頃、リックは逃げ出した救世主の一味を追跡しているのでした。モーガンはリックと共に行動し、救世主たちを発見するのです。リックたちは捕まってしまいますが、最終的には逃げ出した救世主を全員殺害します。

ジェイディスはニーガンを痛めつけています。ニーガンは、清掃人の虐殺については何も知らず、サイモンの単独行動だと言うのです。ヘリコプターが2人の近くを飛び、ジェイディスが手を振ります。しかし、ヘリコプターはジェイディスに気づかず、そのまま去ってしまうのです。

ダリルとロジータは、ユージーンと接触し、救世主のために銃弾を作るのを止めさせようと計画します。

キャロルは森の中でヘンリーを発見。2人は無事に王国へ帰還するのです。

リックとモーガンも帰還します。そしてミショーンは、カールの手紙を読むようにリックへ言うのです。

第15話「偽りの顔」

ニーガンがサンクチュアリーへ戻ります。ドワイトは秘密裏にニーガンの計画について記したメモを用意するのです。

ダリルとロジータはユージンを捕まえます。しかし、ユージーンはなんとか二人から逃げ出し、引き続き銃弾制作に取り組むのです。

ニーガンはサイモンに、命令に背いて清掃人を虐殺したことを責めます。そして、ニーガンとサイモンは争うのです。争いの間、ドワイトはグレゴリーにメモを託し、彼を逃がします。ニーガンがサイモンを殺害して、争いは終わります。その後、ニーガンはドワイトに、彼が裏切り者だと判明していると伝えるのです。

ミショーンが無線でニーガンに連絡を取ります。彼女はカールの手紙を読み上げるのです。カールは手紙でニーガンに、平和的に解決するように頼んでいるのでした。しかし、ニーガンはリックを殺さなければ終わらないと言うのです。

第16話「戦いの果て」

グレゴリーが、リックたちにニーガンの計画を伝えます。しかし、ドワイトの正体を見破っていたニーガンは、嘘の計画を立てていたのです。そのため、リックたちは罠にかかってしまいます。

リックたちは救世主に囲まれます。救世主一味が銃の引き金を引いたとき、銃が暴発するのでした。全てユージーンの計画通り。リックは逃げるニーガンを追いかけ、生き残った救世主たちは降参します。

そして、リックはニーガンの首を切るのです。しかし、すぐにシディックを呼び、ニーガンの治療をさせました。カールがニーガンの死を望んでいなかったからです。こうして救世主との戦争は終わりを迎えます。

コミュニティは再び発展を遂げますが、ニーガンを生かすのを許せないマギーは、いつかリックに背くと誓うのです。

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン8 感想

ある意味で衝撃的な終わり方を迎えたシーズンでした。まさかニーガンを生かしたままでいるとは。リックはカールが望んだように、平和的な解決を望んだようです。しかし、リックの決断に納得いかないメンバーもいましたね。

マギーはもちろん、ダリルなどもリックに背くのではないでしょうか。シーズン9は、リックとマギーたちが争うのかもしれません。いずれにせよ、ニーガンが波乱を巻き起こすメインキャラクターとなるのは間違いないでしょう。

個人的に驚いたのがカールの死。カールとダリルは生き残り続けると思っていましたが、意外な形で死にました。敵に殺されるならまだしも、まさかウォーカーに噛まれて死ぬとは。予想だにしなかったあっけない最期でした。どうやら、カール役の俳優とその家族も、突然の展開に不満を持っていたようです。

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズ 目次


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン1あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン2あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン3あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン4あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン5あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン6あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン7あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン8あらすじ


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン9あらすじ

海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン9人物キャスト


海外ドラマ「ウォーキングデッド」シーズン10あらすじ