サスペンス

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン1~7あらすじ紹介

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」あらすじ

ごく普通の主婦だったビーが、入所した女子刑務所でのストーリーです。

最初は囚人の考えなんて分からないし、どうやって過ごせば良いのかも分からなかったビーでしたが、気の合う仲間を見付けてどんどん強くなり、気付けば囚人達を取りまとめるボスにまで登りつめます。

刑務所では、酒、麻薬、金、喧嘩、SEXなど、毎日のように何かしらのトラブルがあります。そんな中でも生き抜くためにはどうすれば良いのか、それぞれ試行錯誤しながらやり過ごしています。

囚人達の生い立ちや、塀の外にいる家族や仲間との関係についてもとても面白いです。悪人は決して囚人だけでなく、囚人以上に落ちぶれる看守だっています。

囚人や看守、ひとり一人がまるで主役級のキャラクターとストーリーに、本当に目が離せませんよ!!今、一番おすすめしたい海外ドラマです。

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン毎の紹介

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン1

ウェントワース女子刑務所に一人の女性が入所する。名前は、ビー・スミス。この物語の主人公だ。ビーは、長い間夫からのDVに悩まされていたが、年頃の可愛い娘のためにずっと我慢して生活してきた。周りから見ればごく普通の主婦であるビーだったが、どんどんエスカレートしていくDV被害に耐えきれず、夫を殺害しようとする。しかし、あと一歩のところで娘に見付かってしまい、未遂に終わってしまう。

殺人未遂で入所したビーは、愛する娘のために一日でも早く出所したいと思っていた。ここは、私の居場所ではない。きっと直ぐに出られると願っていたが、これから様々な事が起きてしまう事にビーはまだ気付いていなかった。

刑務所には色々な理由で入所した囚人がたくさんいる。そんな囚人達をまとめる役目で権力を持つ「ボス」囚人が一人いるのだが、今はジャックスとフランキーがこのボス争いをしていた。目的のためならどんな手を使ってでも自分の思い通りに生きてきたジャックスと、薬物取引をして喧嘩腰な面がありながらも、優しいところがあって仲間も多いフランキー。

ビーは、フランキー寄りに身を置いて生活していたが、ビーを気に入らないジャックスに目を付けられてしまい、愛する娘を殺されてしまう。あまりにも酷い出来事に深い悲しみの中、怒り狂ったビーがとった行動とは・・・。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン1あらすじネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン2

新たな看守長としてウェントワースに来たファーガソンは、とにかくサイコパス過ぎるほど恐ろしい人間だった。完璧主義で少しでも曲がった事が大嫌い、自分の思い通りに看守や囚人達を動かすためにはどうしたら良いのかを、日々考えている人間だった。自分の思い描いた通りにストーリーを完成させるために必要な事は、例えそれが殺人だろうと躊躇しない。

しかも、ファーガソンの汚いところは、「人を上手く使うこと」。決して自分の手は汚さずに、人の弱みを握っては言葉巧みに人を利用する力が本当に憎たらしいほどあります(笑)

一方、愛する娘を殺害されたビーは、最初は深く落ち込んで抜け殻と化していた。しかし、次第に娘を殺した犯人を自分の手で殺す事が、生きる目的に変わっていった。こんな刑務所からどうやって脱獄するか、そして犯人にはどうやって接触するか・・・。ビーは、日々その事だけを考えて、情報取集に力を入れていた。

果たして、ビーは目的を達成する事ができるのだろうか!?

「ウェントワース女子刑務所」シーズン2あらすじネタバレあり

 

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン3

今シーズンもサイコパスなファーガソンの行動が、かなり恐ろしい。中でも、ジョディーという囚人をむごいやり方で精神的にも肉体的にも追い詰めていく。元気でよく笑うジョディーだったが、ファーガソンに洗脳されてしまって精神科病棟へ移送される事になる。

ファーガソンが囚人を精神科病棟へ送り込むのは今回が初めてではない。過去にも別の囚人を追い込んでは自分のストーリーを完成させてきた。その証拠を知ってしまった看守のフレッチャーは、ファーガソンに殺されかけって記憶喪失になるが、やがて囚人達と関わるうちに全てを思い出した。同僚のヴェラに全ての真実を話し、ファーガソンを潰したいと試みるがそう簡単にはいかなかった。

一方、ビーの仲間で妊娠していたドリーンが無事に出産した。しかし、ファーガソンは過去に恋愛関係になっていた囚人とドリーンを重ねて見てはおかしな行動ばかりとっていた。そんな矢先、ドリーンの赤ちゃんを狙っていたジェシカが、赤ちゃんを誘拐して立てこもる。それを知ったファーガソンは怒り、赤ちゃんのためにもジェシカを殺そうとする・・・。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン3あらすじネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン4

とうとう、看守長だったファーガソンが囚人になった。しかし、看守だろうが囚人だろうが、ファーガソンにとっては関係なかった。塀の中でも、自分の行きやすいように囚人を利用しては、言葉巧みに嘘を並べてコキ使っていた。

全てはファーガソンの計画通り。他の囚人や看守達も、ファーガソンが一番ヤバい事くらい分かっていたが、毎度証拠となるものが見付からずに終わっていた。

一方、気付けば囚人達の中心となってボスの座にまで登りつめたビーは、生きる喜びが恋人のアリーだけになっていた。もちろん、アリーも同じ気持ちで二人は本気で愛し合っていた。

しかし、幸せは、そう長くは続かない・・・。

ビー達の関係を知っているファーガソンが、アリーを襲ったのだ。意識不明の重体となってしまったアリー。それを知ったビーは、絶望の中でファーガソンにとんでもない逆襲を思いつく。ビーがとった行動が、本当に衝撃的すぎる・・・。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン4あらすじネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン5

ビーの仲間で元ボスのフランキーは、無事に出所したのにも関わらず、理由も分からず何者かにハメられてウェントワースに逆戻りしてしまう。自分は冤罪なのに証拠を書き換えられてしまい、このままでは一生刑務所暮らしになってしまう。

自分が無実だという事を証明するためには、何としてでも塀の外へ出る必要がある。そう思ったフランキーは、脱獄する事を決意する。アリーを脱獄の仲間にして、日々、情報を収集するのであった。

いよいよ脱獄する日。フランキーは、「ある箱」の中に身を忍ばせて移送される方法を選んだ。無事に計画通り脱獄できたフランキー。しかし、脱獄したのはフランキーだけではなかったのだ。

なんと、別の箱の中にはファーガソンも侵入していた。

囚人や看守達みんながファーガソンに酷い目に合い、殺したいくらい憎んでいた。そんなファーガソンの居場所はなく、自分も脱獄を企んだのだ。しかし、脱獄したファーガソンを待っていたのは、とんでもない結末だった・・・。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン5あらすじネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン6

新人囚人のリタとルビーは、周りには隠していたものの血の繋がった姉妹だった。二人ともボクシングをしていてガタイも良く、力も強い。しかし、持病がある妹ルビーを守るためなら、姉のリタはどんな事でもやってきた。

そんなリタは、実は囚人ではなく、麻薬捜査のオトリとして入所した潜入捜査官だ。刑務所内で大きな麻薬取り引きをしているマリーに近づき、証拠を掴もうとしていた。しかし、潜入捜査をしながらも刑務所では予想もつかない事が毎日起こる。そんな刑務所生活に汚染されてしまったリタは、気付けば警官ではなく囚人寄りになっていた・・・。

一方、マリーは息子を植物人間にした犯人を探している。何としてでもこの手で犯人を殺してやりたいと、心から思っていた。仲間のザラは、大切なマリーのために犯人を探しているうちに驚くべき証拠が見付ける。それを知ったザラがとった行動とは。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン6あらすじネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン7

ボスの座にまで登りつめたマリーだが、そのやり方に納得がいかない囚人達から反感を買っていた。命の危機を感じたマリーは、看守と協力して脱獄をしようとするが、見付かってしまう。計画が台無しになってしまったマリー達は、囚人や看守達を銃で脅して人質にした。

人質の中には、看守長のヴェラもいた。他の囚人達とは違うところは、ヴェラが妊娠中で今にも赤ちゃんが生まれそうなこと。最悪の事態にだけはならないでほしいと誰もが願っていたが、ヴェラは破水してしまう。そしてそのまま、刑務所内で出産するしか方法はなかった。頼れる囚人達の協力のもと、ヴェラは元気な女の子を出産したのであった。

ようやくFBIが駆け付けて、マリー達を確保し、人質も解放された。これで全てはひと段落した、と誰もが思っていたが・・・。ラストの恐ろしい映像で、ギョッとする・・・。

「ウェントワース女子刑務所」シーズン7あらすじネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン通しての感想

これまで見てきた海外ドラマの中で上位3位を争うほど、とても面白い作品です!!

1話あたり45分程度でテンポも良く、展開が早いので飽きることなくサクサク見られて、続きがめちゃくちゃ気になる!そんな海外ドラマでした。

主人公はビーなんだけど、それ以外の登場人物がみんな濃い。
「え!?そんな展開アリ?」と驚くほど、毎回衝撃的な結末を迎えたりします。

気付けば、まるで自分がウェントワースにいるかのように作品に見入ってしまいますよ。

個人的には、サイコパス過ぎるファーガソンのやり方が「怖いもの見たさ」な感じで、毎回ゾクゾクします(笑)

シーズン8からまたファーガソンが登場するそうなので、とても楽しみです♪