ドラマ ミステリー 国内テレビドラマ

【ネタバレ】「元彼の遺言状」第6話あらすじ・見逃し【密室殺人事件・トリックを暴け!】

黒丑と同じホストクラブで働くNO1ホスト・織田信長が殺された。
教会で起きた密室殺人、犯行可能な人物は1人だけ。
麗子と篠田は密室トリックの謎に挑む。

第6話:あらすじ&ネタバレ

密室殺人

ホストクラブ『戦国』で働くNO2ホスト森蘭丸は、同じ店で働くNO1ホストを教会の仮眠室で殺害してしまった。
殺害の際、信長が付けていた指輪が頬をかすめケガをしてしまう。
急いで指輪を外して隠し、2人で飲んでいたグラスを片付けて偽造工作を行なう蘭丸。
そして以前、黒丑が話していた剣持麗子(綾瀬はるか)に助けを求めて電話をかける。

連絡を受け、麗子と篠田、黒丑と神父・木下が教会に駆けつけた。
店が終わったあと2人で飲み直し、起きたら信長が死んでいたと話す蘭丸。
木下によると信長はここの教会の信者で、鍵を渡してあったようだ。
蘭丸は「俺やってないです」と言い、麗子に助けを求める。
蘭丸が不動産王の次男だと知っていた麗子はすぐに話しを引き受けた。

警察によると、教会は完全な密室だった。
この密室の中で2人のうち1人が殺されたとなれば、犯人は1人しかいない。

神父の過去

暮らしの法律事務所に蘭丸と母親がやってきた。
麗子は蘭丸を弁護し手柄をあげることで、栗花落ホールディングスと顧問契約を結ぼうとしていた。

弁護する代わりに「私に嘘はつかないこと」と蘭丸を見る麗子。
そして今一度「あなた殺したの?」と問いかけるも蘭丸は容疑を否認する。
麗子は蘭丸とともに殺害現場に向かいもう一度話を聞く。

信長とはガキの頃からの付き合いだと話す蘭丸。
麗子が現場の不審な点を問いかけると蘭丸は慌てだし、辻褄の合わない説明をしてきた。
部屋から出ようとしたが、なぜか扉が開かなかったと言う蘭丸。
おかしな点が多すぎる蘭丸の供述に麗子も不信感を覚えていた。

刑事の話によると、教会の神父・木下にはヤクザの過去があった。
服役中に子供が生まれ出所後、堅気になり神父の道に進んだようだ。
しかし7年前、その子供を亡くしていた。
持病の発作が起き病院へ向かう途中、渋滞にはまってしまい間に合わなかった。

木下は身寄りの無い子供のために養護施設を建てようとして、寄付金を集めていた。
その寄付者の中に栗花落のホールディングスの社長もいる。
蘭丸が犯人だと知りながら木下は何かを隠していると警察は睨んでいた。

信長と蘭丸の絆

麗子は『戦国』で働く柴田勝家に呼び出された。
黒丑が手を回してくれたようで、知っていることを全て話してくれると言う。
入り口にあったホストたちの写真が目に止まる。

殺された信長の指にはめられた黒い指輪。
信長のトレードマークでお風呂の時も外さなかったと言う。
しかし遺体の指に指輪はなかった。

勝家の話によると信長は、自分の生命保険の受取人を蘭丸にしていたと言う。
信長は蘭丸を弟のように可愛がっていた。
少年院に入るきっかけだった傷害事件のときも、蘭丸が1人だけ助っ人に入ったようだ。

教会の講堂で木下に話しを聞くことに。
保険金の話しを麗子たちにされ、神の前で嘘はつけませんねと話し始める。
独立が決まった信長は、過去の罪を清算したいと木下に告白してくれたと言う。

そして、かけていた生命保険を解約することになり、それを蘭丸に話したところかなり怒っていたようだ。
蘭丸にはかなりの借金があり、解約される前に信長を殺してしまえば保険金が入る。
蘭丸が犯人だという動機も全て揃った。

推理

事務所に蘭丸と母親を呼び出し事件の推理を話す。
あの日、蘭丸は頬に付いた傷を隠すため信長の指輪を抜き取り茶筒に隠した。
そして身体検査でみつからないように飲み込んだのだ。

動機は保険金を解約すると言われたこと。
信長だけが自分を認めてくれ、弟とまで言ってくれた。
保険金はその絆の証だったと言う。
お金が目的ではなく、その絆の証を消されることが許せなかったようだ。

蘭丸の弁護は津々井が引き受けることになった。
蘭丸は罪を認めているものの、なぜ仮眠室から逃げなかったのかという問いには、ドアが開かなかったと言い張っている。

麗子もその点には違和感があった。
蘭丸は被害者が仮眠室に1人でいるところを外部の人間に殺害されたように見せかけるつもりだった。
しかし逃げようと思った矢先、ドアが開かなかった。
誰かが外側から密室トリックを仕掛けていたと考えられ、それができたのは木下ただ一人だけ。

真犯人

木下が嘘をつけない場所である教会の講堂で、麗子たちは自分たちの推理を話す。
信長が過去の罪を告白したとき、傷害事件の話を知った木下。
道路の真ん中で揉めていたせいで長い渋滞ができ、その渋滞の中に発作の息子を運ぶ木下の車もあった。
全ては復讐のため、木下は蘭丸を少しずつ洗脳し信長を殺害するように仕向けたのだ。

事件解決後、麗子と篠田は教会で話しをしていた。
「嘘をついたら勝負に勝てない」と麗子が昔、栄治に話した言葉を思い出した。
麗子は篠田がついている嘘を問い詰める。

黒丑に篠田のことを調べさせていた麗子。
栄治の大学のミステリー研究会には確かに『篠田敬太郎』は存在していた。
しかし見た目は全くの別人で、既に死亡していた。
「篠田、あんた一体何者?」と麗子は問いかける-。

「元彼の遺言状」第6話あらすじ・第7話見どころ【食品会社に脅迫状・明らかになる篠田の正体】

黒丑と同じホストクラブで働くNO1ホスト・織田信長が密室の教会で殺害される。
犯人は同じくホストで、信長と兄弟のように仲が良かった森蘭丸だった。
事件の裏では、信長が過去に起こした事件で息子を亡くした神父が復讐のため、2人を上手く操っていた。
そして麗子はついに篠田の正体を問い詰める。

謎だらけだった篠田の正体。
元彼はなぜ篠田を自分に託したのか。
ついに『篠田敬太郎』の正体が明らかに-。
さらにすっかり麗子たちの協力者となった黒丑が再び依頼を持ってやってくる。

「元彼日遺言状」シーズン 目次

「元彼日遺言状」第1話あらすじ(ネタバレ含む)

「元彼日遺言状」第2話あらすじ(ネタバレ含む)

「元彼日遺言状」第3話あらすじ(ネタバレ含む)

「元彼日遺言状」第4話あらすじ(ネタバレ含む)

「元彼日遺言状」第5話あらすじ(ネタバレ含む)

「元彼日遺言状」第7話あらすじ(ネタバレ含む)

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■他の国内ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

■他の海外ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

-ドラマ, ミステリー, 国内テレビドラマ