ドラマ ミステリー 国内テレビドラマ

【ネタバレ】「元彼の遺言状」第2話あらすじ・見逃し【150億の行方・真犯人が名乗りをあげる!?】

「しのだをたのんだ」元彼が託した遺言に気付いた麗子は再び軽井沢の別荘に戻ってきた。
真犯人が名乗り出てしまえば、150億を手にすることは難しくなる。
そこで麗子は別荘に栄治の関係者を集め、ある提案を持ちかける。

第2話:あらすじ&ネタバレ

提案

軽井沢の別荘に戻った剣持麗子(綾瀬はるか)は、森川家の人間と栄治の元カノの一人である原口を呼び出した。

麗子は先日、篠田と一緒に歩いていたところを栄治の車にひき殺されそうになったことを話す。
栄治の車は今、栄治の兄・富治が使用していた。
しかし富治によると、車が見当たらなくなっていると言う。

麗子の目的は、篠田を犯人に仕立て上げ、150億を山分けすること。
森川家の人間から犯人が出てしまうより、自分のクライアントである篠田が犯人である方が皆にとっても都合がいいと考えた。
そこで麗子は、犯人にこっそり名乗り出て貰い、交渉の場を設けたいと提案する。

誰も名乗り出てこず諦めかけていた麗子たちの元に、原口が姿を現した。
栄治の遺体の第一発見者は実は自分であると告白した原口。
朝一番に栄治の部屋に行くと栄治はすでに亡くなっていた。
さらに遺体の側には注射があり、栄治の左腕には注射痕が残されていたと言う。

DNA鑑定書

夜、森川家に解体業者から連絡が入る。
どうやら栄治を名乗る犯人が解体業者に栄治の車を持ち込んでいたようだ。
篠田は業者に手違いであることを伝え、すぐに麗子に連絡。

警察と共に駆けつけた麗子。
しかし連絡してきたはずの篠田の姿がない。
栄治の車のトランクからは、遺言書が入った金庫が見つかった。
さらに金庫の中にはもう一つサイズの違う金庫がり、中から誰かのDNA鑑定書が見つかった。
何かひらめいた麗子は「紗英が危ない」と警察から鑑定書を奪い取り別荘へ向かう。

篠田は狩りに出かけた富治を尾行していたもののすぐに見つかってしまう。
富治が犯人だと疑っていた篠田は、自分の推理を聞かせる。

目的は森川製薬への復讐。
森川製薬内部で事件を起こして株価を暴落させ、森川製薬に致命傷を負わせることが目的ではないかと指摘。

しかし富治は、自分と栄治は森川製薬の犠牲者だと話し始める。
自分は会社を継ぐためだけに、栄治は病気だった富治を助けるためだけに生まれてきた。
自分が殺すとしたら栄治ではなく、父親の方だと篠田の推理を否定する。

推理

別荘に再び関係者を集め、麗子は事件の推理を話しはじめた。

あの朝バッカスが吠えたのは、部屋に雪乃がいたためだった。
バッカスの声を聞き栄治の部屋に来た篠田は、栄治が死んでいるのを発見。
その際、栄治が死ぬ直前まで書いていた暗号の本を篠田は閉じたはずだった。
しかし雪乃は麗子の前で、栄治は死ぬ直前まで暗号を書いていたとこぼしてしまっていたのだ。
つまり雪乃は篠田よりも先に栄治の部屋にいたことになる。

原口はあの日、朝一番に栄治の部屋を訪れ遺体を発見していた。
しかし遺体の側に森川製薬が開発した新薬のアンプルが落ちていたことに気付いた原口は、慌てて雪乃に連絡したのだ。

栄治の叔母・真梨子と雪乃は、拓未が犯人だと疑っていた。
もし拓実が作った新薬が栄治の死の原因となれば販売中止になってしまう。
それを隠すため医者を買収し、死因の改ざんを行なったのだ。

栄治以外の森川家の人間に容赦なく吠えるバッカス。
しかし朝から前の晩にかけてバッカスが吠えたのは雪乃にだけだ。
つまり真犯人は、バッカスが吠えない人物。

「篠田です」と麗子は筋書き通り、篠田を犯人にしようとするも篠田は否定。
そこに真犯人が名乗りをあげてしまう。

真犯人

真犯人はバッカスの主治医・堂上だった。
堂上が村山を殺してまで隠したかったのは、DNA鑑定書と遺言書。
このDNA鑑定書は栄治と堂上の息子・亮が親子であることを証明するものだった。

実は元カノへの相続を辞退した女性こそ、堂上の元妻・真佐美だった。
真佐美と栄治は不倫関係にあったのだ。
ある日栄治の遺言書を見た堂上は押さえていた憎しみが爆発。
自分をあざ笑うかのような栄治の遺言書が許せなかったようだ。

この親子関係を知っている村山さらに、真佐美が栄治の元カノであることを知っている紗英のことも殺そうと計画していた。

帰り際、麗子は堂上の息子・亮に名刺を渡す。
これからお金欲しさの大人たちが沢山寄ってくる、そのとき守ってくれるのは法律しかないと。
「困ったらいつでも連絡してきなさい、私が代理人になってあげる」と告げ立ち去った。

栄治から相続された事務所に帰ってきた麗子。
そこには部屋の掃除をする篠田の姿があった。
あの別荘にはお役御免になってしまった篠田。
「これから毎日、腕によりをかけて私のために料理を作ること」と条件を出す麗子。
篠田は麗子の法律事務所で雑用係として働くことになった。

「元彼の遺言状」第2話あらすじ・第3話見どころ【最強バディ誕生・不動産トラブル殺人事件】

栄治と村山弁護士を殺した真犯人は、バッカスの主治医・堂上だった。
堂上の妻と栄治は不倫関係にあり、さらに息子だと思っていた亮は栄治の子だった。
妻も息子も取られたことに、プライドを傷つけられた堂上は犯行に及んだ。
別荘の管理人だった篠田はお役御免となり、別荘を出ることに。
「篠田を頼んだ」という遺言どおり麗子は篠田を事務所に引き入れた。

元彼の遺言がきっかけで誕生した最強バディ。
新しい事務所で再出発をした麗子と篠田。
そんな2人の元に武田信玄を名乗る人物から依頼が入る-

「元彼日遺言状」シーズン 目次

「元彼日遺言状」第1話あらすじ(ネタバレ含む)

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■他の国内ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

■他の海外ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

-ドラマ, ミステリー, 国内テレビドラマ