ドラマ ミステリー 国内テレビドラマ

【ネタバレ】「元彼日遺言状」第1話あらすじ・見逃し【奇妙な遺言状・遺産は私のものだ】

「元彼日遺言状」第1話あらすじ・見逃し【奇妙な遺言状・遺産は私のものだ】

2022年4月11日にスタートした、綾瀬はるか主演の『元彼の遺言状』。
綾瀬はるか演じる剣持麗子の元彼・森川栄治は、奇妙な遺言書を遺し亡くなった。
遺言書には『全財産は僕を殺した犯人に相続させる』と記されていた。
莫大な財産を分け前として貰うことを条件に麗子は、依頼人である篠田を犯人に仕立て上げようとを策略するが・・・。

「元彼日遺言状」第1話:あらすじ・ネタバレ

元彼の死

剣持麗子は大手弁護士事務所に勤務する凄腕の弁護士だった。
しかし利益のためには手段を選ばない麗子のやり方が仇となり、大切なクライアント候補を失ってしまった。
さらに上司の津々井からはボーナスカットを宣告されてしまう。

頭にきた麗子は勢いでそのまま事務所を辞め、やけ食いに走っていた。
鬱憤を晴らすべく、今から飲める相手を探し片っ端からメールを送る麗子。
唯一返信があったのは大学時代の元彼・森川栄治だった。
しかしそのメールは栄治が亡くなったという訃報の知らせだった。

そんな麗子のスマホに見覚えのない番号から電話が入る。
栄治の大学時代の先輩で、栄治が暮らしていた別荘の管理人をしている篠田敬太郎(大泉洋)からだった。
麗子とも面識があると話す篠田だったが麗子は全く覚えがない。
篠田は麗子にある相談事を持ちかけてきた。

元カノたちへ

軽井沢の別荘で病気療養をしていた際に風邪をこじらせ亡くなってしまった栄治。
そんな栄治の遺言書には「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」と記されていた。
栄治が亡くなる前、篠田は栄治の頼みで一緒に釣りに出かけていたのだ。
その外出が原因で栄治は風邪をひいてしまい亡くなってしまった。
それはつまり自分が栄治を殺したことになり、遺産を貰えるのではと篠田は考えていた。
篠田は栄治を殺した犯人に自分を仕立てあげて欲しいと依頼してきたのだ。
さらに分け前として、手に入れた財産の半分を麗子に分けると言う。

栄治が殺された別荘では栄治の財産を巡って、犯人選考会が開かれていた。
犯人と証明されるには、栄治の父親で森川製薬社長の森川金治と栄治の叔母で森川製薬専務の森川真梨子の認定が必要だった。
そこで麗子は犯人の代理人として出席し、社長と専務両方が徳をする提案を持ちかけることで認定を得ようと策略する。

さらに栄治は遺言に「自分が所有する不動産を元カノたちに」と記していた。
麗子を含め数人の元カノたちが別荘に集まった。
栄治が書き記した恋人リストには12名の名前があったが、1名相続を辞退すると連絡があったようだ。

そんな中、各元カノたちに栄治が所有していた別荘が分配されていく。
麗子もさぞステキな別荘であるに違いないと期待したが、栄治が麗子に相続した不動産は東京にある潰れかけの弁護士事務所だった。

盗まれた遺言状

東京へ帰ろうとしていた麗子は駅のホームで、栄治の兄・富治と出会う。
富治の顔は元カノの麗子も間違えるほど栄治にそっくりだった。

一方、栄治の父・金治は新しく弁護士をたててきた。
公序良俗違反を通し遺言書が無効になれば、栄治の財産は全て金治のものになる。
弁護士に遺言書の原本を見せて欲しいと頼まれていた森川家の顧問弁護士・村山。
金治についた弁護士はなんと、麗子が辞めた法律事務所の所長・津々井だった。
しかし遺言書を保管していた部屋が荒らされ、遺言書が何者かに盗まれてしまっていた。

すぐに警察に電話をかけようとした村山は焦りから自分のタバコに火をつけた。
しかしそのタバコには何者かによって毒が塗られており、遺言書を管理していた村山はそのまま殺されてしまう。

遺言書なくして栄治の財産150億の相続は不可能。
さらに屋敷には村山や栄治を殺したかもしれない殺人犯がうろついている。
麗子は篠田に、お金にならない仕事はしないと告げ東京へ帰ることにした。

栄治は亡くなる直前まで暗号を書いていた。
そこには「B1・A3・C10・A6」という文字が。
栄治から相続された潰れかけの事務所にやってきた麗子。
麗子は大学時代同じ暗号を使って栄治がデートに誘ってきたことを思い出す。
さらに栄治が用意してくれた事務所近辺の写真には意図するように同じような英数字が写り込んでいたのだ。

暗号を解くと「しのだをたのんだ」という栄治の言葉が浮かびあがってきた。
麗子は軽井沢の別荘に戻ることを決める

「元彼の遺言状」第1話あらすじ・第2話見どころ【150億の行方・真犯人が名乗りをあげる!?】

麗子の元彼・栄治は「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」という奇妙な遺言を残し亡くなった。
栄治の別荘の管理人で同じ大学のサークルの先輩だった篠田に、自分を犯人に仕立て上げて欲しいと持ちかけられる。
しかし遺言書が盗まれ、森川家の顧問弁護士だった村山も何者かに殺されてしまう。
勝算を失いこの件から手を引こうとしていた麗子だったが、栄治が麗子に相続した不動産の写真の中に暗号が隠されていたことに気付く。
「しのだをたのむ」という栄治のメッセージに気付き、麗子は軽井沢に戻ることを決意した。

別荘に戻った麗子は、森川家の人間や元カノの1人である看護師の原口を呼び出す。
麗子の目的は篠田を犯人に仕立て上げ、財産を山分けすること。
真犯人に名乗り出られては都合が悪いため、こっそり犯人に名乗り出て貰い交渉の場を設けることだった。
そんな中、1人の人物が麗子たちの前に現われる-。

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■他の国内ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

■他の海外ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

-ドラマ, ミステリー, 国内テレビドラマ