サスペンス

「ウェントワース女子刑務所」シーズン6全話あらすじ紹介・ネタバレあり

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン6 あらすじ

無実の罪を証明するために脱獄したフランキーは、警察に追われながらも恋人のギジットと協力して証拠を探していた。途中、警察に見つかって発砲されてしまい、血だらけの状態になってしまったフランキー。刑務所を脱獄してきたため、病院にも駆け込めず、命が危なかった・・・。

新人囚人のリタは、麻薬取り引きの潜入捜査官としてウェントワースへ来た。しかし、刑務所へ入ってきた理由はそれだけではなかった。血の繋がった実の妹ルビーとの関係もあったのだ。ルビーとは、ある理由で離れ離れで暮らしていたが、リタは関係修復を目指していた。

一方、死んだはずのファーガソンがまるで生きているかのような出来事が相次いだ。それは、看守長ベラの自宅に数々の嫌がらせがあったり、ファーガソンを生き埋めにした事を裏付ける証拠が残っていたりした。ベラやウィル、スチュワートは犯人を探すのだが・・・。

海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン6

第1話「白紙」

ウェントワースは、フランキーとファーガソンが脱獄した事で毎日のようにマスコミから追われていた。誰が脱獄に協力したのかを突き止めるべく、囚人たちはテレビや外の空気などは取り上げられ、ひたすら閉じ込められているため精神的にも限界がきていた。しかし、引き続き看守長のベラは、いったい誰が脱獄の手助けをしたのかを日々調査しては、頭を悩まさせていた。

一方、新人囚人にリタ・コナーズという人物が来た。囚人服は着ずに、他の囚人達とは違ってどこか落ち着いていた。そして、別の棟からきたルビーに近づき、ルビーが起こしたトラブルを庇い、その罰まで自分が受けた。その理由は、リタはルビーの姉だったのだ。しかし、過去に何かあったようで、ルビーはリタを避けていた。

ベラは、囚人達に薬を密売したり、ファーガソンの言いなりに動いていたスチュワートに心底嫌気がさして、恋人関係を解消した。それでもスチュワートは、未だにウェントワースに残り続け、ベラとの関係は最悪だった。そんな矢先、ベラは気分が優れず念のため妊娠検査をすると、結果は陽性だった。別れる前にスチュワートの子どもの妊娠していたようだった。

第2話「姉妹」

脱獄したフランキーは、自分の潔白を証明できる証拠を見付けるため、ホームレス生活をしながら、イマーンに纏わる情報を集めていた。そして、証拠を掴もうとイマーンが過去に受けていたカウンセラーの元に話を聞きに言ったが、警察を呼ばれてしまい、逃走中に打たれてしまう。

毒が盛られた紅茶を飲んで意識不明の重体になっていたソーニャだったが、無事に回復して戻ってきた。自分を殺そうとしたのはリズだと知って、復讐しようとシャワーを浴びているリズを刃物でめった刺しにして殺害した。しかし、ソーニャはリズの髪色と似た別の囚人を殺しており、リズは生きていたのだった。

第3話「真実を探して」」

逃走中に警察に撃たれてしまったフランキーは重症だった。それを知ったギジットは、使われていない電車の車両でフランキーを支えていた。銃の弾が入ったままだし、輸血もしなければならないと思って病院に行くように促したが、フランキーは捕まるくらいなら死んだ方がマシだと言い放った。ギジットは、愛するフランキーを守るために自宅に鎮痛剤を取りに行った。

そして、落ち着いてからイマーンの自宅に証拠を探しに行くが、鍵を開けられず失敗する。イマーンの自宅の鍵は、刑務所に入った時に預けた荷物の中にあると知り、ギジットはウェントワースに行く。無事にイマーンの鍵を手に入れたギジットは、警察に追われながらも鍵をフランキーに渡した。鍵を受け取ったフランキーは、無実の罪を証明する証拠を見付けた瞬間に警察に捕まってしまう。

怪我の治療のために病院のベッドにいたフランキーの元に刑事が現れた。フランキーが見付けた証拠以上のものを警察も見付けて、フランキーは無実が証明されたのだ。やっと自由の身になったフランキーとギジットは大喜びした。それから、かつての仲間ブーマーやリズ、アリーに会うためにウェントワースへ面会に行き、みんなで喜んだ。

第4話「冬(ウィンター)来たる」

マリー・ウィンターという新人囚人がやってきた。マリーは、脳死してしまった息子の担当医師とトラブルになって、障害事件を起こしてしまったのだった。さらに、マリーはストリップなどを経営しており、過去に娼婦として繋がっていた囚人達から恨みを買っていた。

中でも、ホームレス生活をしていた時代のアリーとは、まだ幼かった息子を含めて、深い関係にあった。しかし、アリーを娼婦や麻薬依存症にまでさせていた時に助けたカズは、マリーの事をとても恨んでいた。

ウィルは、ファーガソンを生き埋めした事を何度も思い出してしまい、その恐怖から精神的にかなり追い詰められていた。緑の壁プロジェクトに使われている倉庫や箱を見る度に、まるでまだファーガソンが生きているかのように思えてしまって、トラウマになってしまった。

第5話「迷い」

ベラは、産婦人科へ行くと、妊娠8週ということが分かったが、軽蔑しているスチュワートの子どもを妊娠している事が一番のストレスとなっていた。医師から中絶方法の説明を受けると同時に、年齢的にも妊娠の可能性はどんどん下がっていくと伝えられて、複雑な気持ちになった。

大事な妹のルビーが、マリーに金で揺すられてボディーガードになっていたのを心配したリタは、ルビーにはやらせない代わりに自分がマリーを守ることを約束した。しかし、マリーは言葉巧みに人利用するのが得意で、囚人達もどんどん使われていった。特に、カズが嫌っている薬の取り引きが多かった。

ボディーガードになっているリタは、実は囚人ではなく、潜入捜査官の刑事だった。マリーから薬の取り引きのために必要な携帯電話を用意するように頼まれたリタは、用意した携帯電話の会話を密告していた。

第6話「ウェントワースの天使」

最近リズは、物忘れが酷いことが気がかりだった。リズは、ソーニャとの関係によるストレスが原因だと思っていたが、ボスのカズは病院に行った方が良いのではないかと伝えた。ソーニャはそれを利用して、緑の壁プロジェクトについてのアピールをラジオで話してほしいと伝えた。ソーニャの思うがままに、ラジオに参加する事になったリズだったが、ソーニャに裏切られて証人Xだとバラされてしまう。

その後、リズはカズに言われた通りにカウンセラーの元へ行った。カウンセリング内容は、とても簡単な記憶力テストなので、リズも答えられる自信があった。しかし、質問をされているうちに、視界がボーッとしてしまい、結局思い通りには答えられなかった。リズは、自分が認知症になったことを自覚し、絶望した。

一方、アリーの一番近い仲間のザラは、ルビーに近づくなど君の悪い行動ばかりしていた。しかし、リタのことを何か疑っていて、リタも警戒していた。リタは自分が潜入捜査官だという事がマリーに知られては困ると思って、わざとザラに喧嘩をふっかけて自分を殴らせ、マリーの信用を得た。

第7話「失脚」

リズは、カズに付き添って貰いながら、カウンセリングを受けた。検査の結果、「若年性認知症」と診断されて、絶望した。認知症になると寿命も縮まるし、普通の精神でいられるのもそう長くないと伝えられた。自分でも物忘れや勘違いが、ここ最近多くなってきたと感じていたが、ついにそれは大事になっていく。

あと2日で仮釈放できると舞い上がっていたソーニャだったが、恨んでいたリズと間違えてギルモアを殺した罪で再逮捕される。これまでも疑われていたが証拠が見付からなかったために、追い詰める事は出来なかった。あと少しのところで仮釈放してしまうところだったが、盗聴器を仕込んだリズが聞き込みをした事で証拠が手に入ったのだ。

仮釈放寸前のところで証拠を売られてしまったソーニャは、リズを恨んで殺そうと確信した。屋上で日差しを浴びているリズのもとへ近づき、工具で殴りかかる。それを止めに入ったカズと揉めて、ソーニャは屋上から転落し、死亡してしまった。

第8話「革の手袋」

マリーは、かつての恋人アリーを自分のものにするため、カズと離れさせるために計画をする。結果はうまくいき、アリーはマリーと徐々に仲良くなっていく。その様子を見たルビーは、好意を寄せているアリーがマリーといい感じでいるのが気に入らなかった。

そして、マリーの元へ行き、もうアリーに近づくなと忠告する。するとマリーの仲間のザラがルビーに体当たりをした。カッとなったルビーは反撃しようと思ったが、突然めまいがして階段から転げ落ちた。病院でMRI検査をした結果、幼少期に事故にあったときの後遺症で脳に損傷がる事と、てんかん持ちだという事も看守達に知らされた。

その後、金をかけて囚人同士が殴り合いをするファイトクラブに出ようとしていたルビーだったが、もしも頭を強打したら死ぬと伝えられ、アリーは必死で引き止める。最初は聞き入れなかったルビーだったが、アリーと恋人関係になって身体の関係をもつと、大切なアリーのためにもファイトクラブにはもう出ないと誓った。

第9話「よみがえる女」

数日前から、ベラが何者かに狙われている。看守長あてに無言電話が続いたり、夜間自宅にコンクリートブロックが投げ込まれて窓ガラスが割れた。さらに自宅にはファーガソンが使っていた形と同じ黒い手袋が置いてあり、ファーガソンと同じサイズの足跡が残されていた。心配して駆け付けたウィルとスチュワートだったが、死んだはずのファーガソンが生き返るわけがないと困惑した。

生き埋めにしたウィルは、ファーガソンが生きているはずがないと確信していたが、スチュワートやリズは納得しなかった。そして、3人はファーガソンを生き埋めにした現場を確認しに行くことにした。

深夜、真っ暗闇の森へ車で向かった3人は、ファーガソンを生き埋めにした土を無言で掘り起こした。シャベルで土を掘るたびに、鼓動が高鳴った。ようやく木箱を発見し、恐る恐る蓋を開けると、そこにはミイラ化した遺体があった。3人は安堵して呆然と立ち尽くした。しかし、その様子を何者かが盗撮していたのだった。

第10話「薄れる記憶」

麻薬捜査のために潜入していたリタだったが、それを感づいたマリーが嘘の情報を流した。それによってリタは恋人と上手くいかなくなって別れることになった。

リズは、シャワー室で密告者のチェリーが何者かに暴行されるのを目撃してしまう。襲われるチェリーを助けたかったが、自分には何も出来ず、意識が無くなるまで殴られ続けたチェリーを見守る事しかできなかった。暴行した犯人は、マリーの仲間のザラなのだが、認知症のリズはハッキリとした記憶がないまま、ブーマーだったかもしれないと言ってしまう。それによってブーマーはハメられて、独房行にされてしまう。

自分の記憶がどんどん薄れていくリズは、自分に絶望してもう死にたいと思うようになっていた。その事を知ったマリーは、ザラがチェリーを殺した事をバラされたくないと思い、大量のヘロインと注射器をリズに渡した。最初は戸惑ったリズだったが、もうこんな人生には幕を閉じたいと思って注射器を打とうとしていた。その時、たまたまカズが部屋に来て止めに入った。

そして、マリーが常用しているドラッグと毒をすり替えて、それを使ったマリーは突然倒れ込んだのだった。

第11話「タトゥー」

ベラ、ウィル、スチュワートは、ベラの自宅に手袋を置いたり、あたかもファーガソンが生きているかのように見せかけたりした犯人を探していた。情報を元にとある小さな小屋に行くと、そこにはファーガソンにまつわる新聞や情報が沢山広げられていた。薄気味悪いと思ったベラの元に現れたのは、なんと前所長のチャーニングだった。

チャーニングは、ファーガソンのせいで人生がめちゃくちゃになったと言い、見た目も中身も狂ったようにファーガソンを探していた。もうファーガソンは生きていないのにも関わらず、ここまで執着している様子から、ベラに嫌がらせをした犯人はチャーニングではないと確信した。

マリーは、息子を殺した犯人の防犯カメラの写真を入手した。顔は写っていなかったものの、首の後ろに特徴的なタトゥーがある事を知る。ルビーは、自分がマリーの息子を殺したと知られないために、リタに言われるがままにタトゥーと焼き消した。さらに、恋人のアリーがマリーと親しくしているのを見て、タトゥーを知られてはマズイと思い、別れを告げた。

第12話「対峙」

匿名の通報によってファーガソンとみられる遺体が発見された。これにより、ベラは看守の誰かがファーガソンの脱獄に協力して殺害したのではと、警察から攻められた。遺体が発見されてしまった以上、もうどうする事も出来ないと思ったベラは、犯人から来たメールに「会って話したい」と返信した。

すると「玄関にもういる」と返事があり、そこに現れたには、以前ベラが退職させた看守のマーフィーだった。理由もなしに突然解雇された恨みから、金をゆすって脅してきたのだった。しかし、ベラの自宅に来たマーフィーを、ファーガソンだと勘違いしたチャーニングが撃ち殺してしまった。

一方、マリーの息子を殺した事が、ザラにバレたルビーは殺されそうになった。大切な妹のルビーが殺されそうになった為、リタがザラを殴り殺してしまった。正当防衛を主張するリタだったが、殺人罪で潜入捜査も打ち切りになってしまう。

感想(ネタばれあり)

脱獄したフランキーが塀の外で証拠を探すシーンは、とにかくハラハラドキドキでした。特に警察に見つかって撃たれてしまった時は、このまま死んでしまうかのような表情に終始目が離せませんでした。ですが、ギジットと協力して無事に無実が証明されて本当に良かったです。

あとは、やはりリタとルビー姉妹に目が離せません!!

妹を想うあまり、ウェントワースへ入った姉のリタの優しさには感動させられますね。二人ともボクシングをやっているので、めちゃくちゃ強い喧嘩のシーンも見どころです。最後はまさかの人殺しをしてしまったリタですが、ルビーを守るためだと知っている身としては、どうにか見過ごしてほしいところです。まぁ、恐らく終身刑でしょうね・・・。

シーズン7での、ルビーとマリーの関係を中心に、妹を守るリタや恋人のアリーとのやり取りに注目したいと思います♪

目次

「ウェントワース女子刑務所」シーズン1~7あらすじ紹介

「ウェントワース女子刑務所」キャスト・人物紹介

「ウェントワース女子刑務所」シーズン7あらすじネタバレあり

「ウェントワース女子刑務所」シーズン5あらすじネタバレあり

「ウェントワース女子刑務所」シーズン4あらすじネタバレあり

「ウェントワース女子刑務所」シーズン3あらすじネタバレあり

「ウェントワース女子刑務所」シーズン2舞台・人物紹介

「ウェントワース女子刑務所」シーズン2あらすじネタバレあり

「ウェントワース女子刑務所」シーズン1あらすじネタバレあり