ドラマ

【ネタバレ】「リコカツ」第5話あらすじ・見逃し【リコカツを超え急接近】

両方の両親は離婚に向かうが……

雪山遭難で、助けた方助けられた方。
吊り橋効果で、スピード婚した緒原咲(北川景子)と緒原紘一(永山瑛太)だったが、同居しはじめて早々性格の不一致で、離婚を決意する。
しかし、両方の両親も離婚に向かっており、打ち明けることができない。
咲の母・水口美土里(三石琴乃)は強引に2人の家に押しかけ、自らの誕生日パーティーを行った。
花束を持って現れた夫・水口武史(平田満)の前で離婚を打ち明けた。
ずっと一緒にいると思っていた妻の離反に落ち込む武史。
打ちひしがれる父を見て、また咲も離婚しても既に戻る場所はないと悟った。
紘一の前で寂しさをあらわにすると、「もう寂しい思いはさせない」と紘一は咲を抱きしめた。
2人は離婚をやめてやりなおすことに決めた。

やりなおすと決めた矢先

やりなおすと決めた咲と紘一、いい雰囲気になってきたのだが、紘一の母・緒原薫(宮崎美子)が帰ってきたが、よりを戻すのではなく給与明細を見せて、外で働けることを証明するためだった。
緒原家に泊まって翌朝、咲は薫に手料理を教えてもらうことにしたが、担当作家・水無月連(白洲迅)から呼び出されてしまう。
水無月は書いた原稿を捨てて、新境地を書きたいから咲に話相手になって欲しいと頼んだ。

一方、紘一は咲にかわって武史のいる水口家を訪れたが、そこには若い女性・城木里奈(中田クルミ)がいるが、二人は単なる友だちだと言うが……
紘一の前に、咲の元彼・青山貴也(高橋光臣)が現れ、間違えて持って帰った離婚届けを返しに来た。
偶然・紘一の上官・一ノ瀬純(田辺桃子)も離婚届を見てしまい、青山は咲、一ノ瀬は紘一への恋を実らせるチャンスだと意気込んだ。

すれ違いと不運が続く

紘一の上官・重森敦(菅原卓磨)は紘一に自宅の近くに配置異動の話が来ていると知らせた。
通勤に1時間半かかれば、緊急事態に対処できない。
多くの隊員達は通勤時間30分以内の場所に住んでいた。
咲のためにもこのまま暮らしたいと言う紘一だったが……
咲は水無月の電話につき合っているうちに寝てしまい、慌てて水無月の自宅に向かった。
咲につきあった紘一はいつもより家を出るのが遅れ、さらに渋滞に巻き込まれる。
かわりに出動した谷空士長(柴田夕貴)がケガをしてしまった。
責任を感じた紘一は出勤を早くしようと実家に住もうと決意する。
しかし、マイペースの水無月に振り回される咲は、今のままがいいと主張した。
またも2人の間に溝ができる。
咲は咲で文芸部に異動したばかりで、実績を上げたいと焦っていた。
そこへ一ノ瀬が現れ、紘一のためにも離婚した方がいいと責められた。
家に帰っても、どちらもお互いに仕事をやめろと主張する。

離婚するしかないのかな?

やりなおそうと思ってもうまくいかない。
2人は思い直して、離婚届にサインをする。
一方、正や武史も妻の差し出した離婚届けにサインをした。
次回、離婚届提出前夜、咲は最後の晩餐で、手料理を作る。
しかし、紘一に緊急任務が発生した。

「リコカツ」第5話あらすじ 目次

ドラマ「リコカツ」第10話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「リコカツ」第1話あらすじネタバレ