ドラマ

ドラマ「俺の家の話」第2話【後継者決定の舞!魔性ヘルパーの正体】あらすじ・見逃し

25年ぶりに帰ってきたプロレスラーの長男が能楽宗家の後継者に

観山寿一(長瀬智也)はプロレスラーを引退し、余命半年と宣告された父・観山寿三郎(西田敏行)の介護をしながら、能楽のシテ方の家元観山家の宗家を継承することを決意する。

しかし、寿三郎は財産の全てを若き介護ヘルパー・志田さくら(戸田恵梨香)に渡すと宣言。
一銭にもならないと知りながら、介護と能楽修行を開始する寿一。
そんな時、寿一の弟・観山踊介(永山絢斗)はネットでさくらが後妻業だという情報を入手する。

弟子たちの猛反発、寿三郎が約束は果たせるのか?

一門の前で寿一に宗家を継がせると宣言した寿三郎だったが、門弟から猛反発が起こる。
25年ぶりに戻って、まともに能楽修行をしてこなかった者に宗家を継ぐ資格はないと主張するのだった。

寿三郎は寿一の実力を証明するために、1週間後に高砂を一門の前で披露すると宣言した。
完全に無収入の寿一は息子・秀生(羽村仁成)の養育費も払えない。
内弟子の観山寿限無(桐谷健太)に金を貸してくれと頼んだものの、観山家自体も寿三郎が倒れて以来困窮をきわめていた。

華やかに見える伝統芸能の世界は実は金がない。
寿限無はデリバリーのバイトをしていると知り、寿一もスタートする。

先輩レスラー長州力(長州力)のラリアットをくらった刺激か、寿一は昔の勘を取り戻していく。

さくらに10万円を貸してもらい、さらに能を誉められた寿一は浮かれてしまう。
そのような中、踊介からさくらが後妻業であると知らされて混乱してしまう。
さくらは次々と介護施設を移って資産家の独身老人男性と籍を入れ、財産をせしめていたのだった。

一週間が経ち、寿一は高砂を門弟たちの前で披露した。
そして寿一は一門に認められ、はれて宗家の道を進むことになった。

さくらの正体は

踊介はさくらが後妻業である事実を寿三郎の前でおおやけにした。
さくらは老人を介護することで、財産はもらったがそれは寂しい老人の死を看取った正当な対価だと言う。

寿一はさくらを認めたが、寿一も他の子供達がいて、寿三郎はけして寂しい老人ではないと言った。

寿三郎はさくらが全く自分に恋愛感情がなかったことにショックを受けたが、数分後は認知症の症状のためフラれたことさえ忘れていた。

発達障害の秀生が能に興味を持ち始め、寿三郎は秀生の才能を見出し、べた褒めする。
子供の頃寿三郎に一切誉めてもらったことがなかった寿一は嫉妬してしまう。

そんな折、古巣のさんたまプロレスのスター選手・スーパー多磨自マン(勝村周一朗)が怪我をして試合に出られないために助っ人を頼まれる。
ギャラが10万だと聞き、寿一は飛びついた。

寿一のいない間に1人になった寿三郎が倒れてしまう。

覆面レスラーと能楽師。2足のわらじが始まる。

自分がプロレスに出場している間に、寿三郎が倒れ罪悪感を感じる寿一。
医者にすすめられ寿三郎のリハビリを開始する中、さんたまプロレスの先輩達が家に乗り込み、プロレス復帰を勧めてきた。
そこで寿一は顔バレないように覆面レスラ-になることにした。

ドラマ「俺の家の話」第2話 続き

ドラマ「俺の家の話」第10話最終話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」第1話あらすじネタバレ

ドラマ「俺の家の話」シリーズあらすじネタバレ