国内テレビドラマ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話【陸が日高に急接近!日高の会社がネガティブキャンペーンに!】あらすじ・見逃し

ベテラン刑事の罠の裏をかけ 日高の本当の素顔は?

日高陽斗(高橋一生)は望月彩子(綾瀬はるか)に彩子の姿でゴルフ場経営者を殺害する動画を送りつける。
これで日高と彩子はどちらも殺人犯ということになってしまう。

日高が事情聴取のために警視庁へやって来たとき、日高が彩子に掴みかかる姿を見て、河原三雄(北村一輝)は二人の間につながりがあると察知する。
殺人現場付近では、彩子の姿を見た外国人労働者を探しだした。

一方、日高の会社コ・アースは日高殺人事件の容疑者になった情報が出回り、得意先が大幅に流出する。
彩子がとっさに記憶障害だと言うと、社員全員は一丸となって日高を支えると言った。

コ・アースの社員は行き場のなかった人ばかりで、日高に救われていたのだった。
彩子は日高の妹・優菜(岸井ゆきの)との話で、日高には優しい一面があることも知る。

河原は外国人労働者と取引し、彩子を犯人に仕立て上げようとするが、日高の機転で容疑を晴らすことができた。
河原は不正が発覚し、捜査本部から外されることになる。

同居人の接近 コ・アースは大ピンチ!

彩子は、日高の隠れた素顔を知り、日高が起こしている殺人事件には裏に大きな事情があると推測するようになる。

「日高の姿の」彩子の元に同居人・渡辺陸(柄本佑)が現れた。
陸はコインロッカーの鍵を外して、日高の手紙を発見する。
陸は彩子の態度がおかしいのを感じ、日高と彩子の魂が入れ替わっている事実を知ることになる。
陸は事情を知ると、日高の前では何事もなかったように、一緒に過ごす。

一方、コ・アースではネット上で突如、ネガティブキャンペーンが発生し、大騒ぎになっていた。
翌日には、コ・アースのライバル企業が会社の買収を持ちかけてくる。
できすぎのシナリオに違和感を覚えた彩子は、裏で糸を引いている人間がいると疑う。

コ・アースの特殊洗剤の特許はアメリカ時代の同僚九十九聖(中尾明慶)との共同の権利だった。
九十九は日高に殺人容疑をかけ、ライバル企業に特殊洗剤の販売権を移し、利潤を独占しようと企んでいた。
そもそも日高に猟奇殺人の疑いがあるという情報を流したのも、九十九だった。

八巻英雄(溝端淳平)が九十九の口車に乗り、捜査情報を漏らしてしまう。

日高彩子の潜入捜査

ネガティブキャンペーンは、日高が反社とつながりがある画像が公開されていた。

彩子はその画像が加工されたものであると気が付く。

画像の隅に独特の傷のようなものがあり、それは九十九が提供した画像と同じものだった。
加工画像も九十九の仕業だと判明する。
九十九にはギャンブル癖があり、奴のほうこそ反社とつながっている可能性が高かった。

日高は九十九が出入りしている裏カジノに潜入、九十九を逮捕して日高の疑いを晴らすことになる。

ライバル企業も九十九の逮捕によって買収を決め手を失い、コ・アースは買収を免れることになった。

日高は犯人じゃない?真犯人は誰?

今回は危機を脱出したが、コ・アースは日高の容疑が晴れない限り、また何度も経営の危機を迎えるだろう。
日高の私物から「歩道橋で待っている」というノートの切れ端を見て、彩子は日高が誰かをかばっていると確信する。

あくまで自分が犯人だと言いはる日高に、彩子は容疑を晴らすと誓う。
そのころ、河原は3年前に起きた殺人事件の目撃者である女性をつきとめ、事情聴取をすることになる。

その女性とは一体?

彩子は秘書・五木樹里(中村ゆり)と妹日高優菜(岸井ゆきの)との会話で、自分は女であると漏らしてしまった。
2人にはカミングアウトだと誤解されてしまう。

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第5話 続き

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第6話あらすじへ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第4話あらすじへ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」シリーズ目次へ