ドラマ

ドラマ「監察医朝顔2」第14話あらすじ・見逃し【おかえり平・家族が揃う幸せに胸打たれる】

ドラマ「監察医朝顔2」第14話あらすじ・ネタバレ

病院に行く約束もすっかり忘れてしまっていた平。
症状は刻一刻と進行していきます。

桑原の異動

桑原(風間俊介)は、朝顔(上野樹里)たちの負担を減らすため、神奈川に戻れるよう上層部に交渉しますが難しい状況が続いていました。
たまたま桑原と野毛山署の中で会った山倉伸彦(戸次重幸)は桑原の事情を聞き、強行班係のみんなにも力を貸して貰えるよう頼んでくれました。

父を連れ戻しに

父・平(時任三郎)を心配した朝顔は、1週間の休みを取り、つぐみと一緒に平の元へ向かうことにしました。

物忘れが多くなった平を支えていたのは、仙ノ浦食堂の美幸(大竹しのぶ)でした。
朝、平を電話で起こしてあげたり、忘れものを思い出させてあげたりと親身になってくれています。

久しぶりに訪れた部屋は、忘れものを思い出すためのメモで溢れていました。
予想以上にひどくなっていた平の物忘れに、朝顔は言葉を失います。

つぐみを平に任せて、朝顔は祖父・嶋田浩之(柄本明)の病院にお土産を持っていき、預かっている歯を正式に鑑定する事を報告しました。

浩之は、もし里子(石田ひかり)の歯ではなかったら、すぐに家族の元に返してあげて欲しいと頼みました。

一方、つぐみと留守番をしていた平。
つぐみに「どうして離れ離れなの?」と質問されますが、言葉に詰まります。

夜、平と朝顔はお酒を酌み交わしながら、話をしました。
朝顔は里子のものと思われる歯を、きちんと調べることを平にも伝える。

平は今話した内容をメモに書いておいて欲しいと朝顔に頼みます。
自分が変っていくようだと不安を吐露すると、朝顔は「お父さんは、お父さんだよ」と励ましました。

里子の痕跡を探していた沼もあと少しで調べ終わります。
他にも調べたい場所がありましたが平は自分に、あまり時間がないと感じていました。

帰る決意

朝顔は美幸の店にお土産を渡しに行きました。

「帰りたいと思うよ平さん。でも子どもに迷惑かけたくないのよ、親って」

最初は、平にずっと近くにいて欲しいと感じていた美幸。
今は朝顔たちと一緒にいることが、家族にとって一番の幸せだと考えてくれていました。

美幸からの提案で、平も呼んでみんなで晩ご飯を食べることに。
美幸は朝顔たちに里子が伴奏したカセットテープを渡してくれました。

朝顔たちに迷惑をかけたくないと話す平。

「迷惑だって思わないよお父さんは、お父さんだもん」

朝顔の言葉に勇気を貰った平は「うちに(神奈川の)ラジカセあったっけ?」と切り出します。
帰ってみんなで、カセットテープを聴くことになりました。

ようやく平も神奈川の家に帰って来ました。
クリスマスのため桑原も帰省し、家の中に「おかえり」という声が響きます。

みんなでラジカセを囲み、里子の伴奏を聴きました。

平は朝顔たちに、病院に行ったことを知らせます。
病名はアルツハイマー型認知症。

進行を遅らせるため、病院に通うと決めました。
自分の病気を受け入れて前に進んだ平。

「4人で明るく暮らしていこうね」

朝顔の明るい言葉と共に、再び乾杯しました。

もしサンタにお願いできるとしたら、何をお願いするか平に訪ねる朝顔。

「何もないや・・・今、充分幸せだから」

朝顔の顔を見つめながら、平は満足そうに微笑みました。

ドラマ「監察医朝顔2」第14話  まとめ

今回のお話は、解剖ではなく“家族”に焦点が当てられていました。
子どもに迷惑をかけたくないと思う親心と、頼って欲しいと感じる子ども心。
優しく温かい家族物語が胸にきましたね。

ドラマ「監察医朝顔2」目次

ドラマ「監察医朝顔2」第15話あらすじ

 

ドラマ「監察医朝顔2」第13話あらすじ

 

ドラマ「監察医朝顔2」シリーズ総集編