ドラマ

【ネタバレ】「イチケイのカラス」第7話あらすじ・見逃し【裁判長の忖度にせまる・後編】

無実を訴え、自殺した被告人の事件が再び裁かれる

十二年前、東前電機の経営戦略部長・布施元治(中野剛)が殺された事件。
被告人・仁科壮介(窪塚俊介)は、無実を訴え、投獄中に自ら命を絶った。彼を弁護していた入間みちお(竹野内豊)は後悔している。なぜ、自分は彼を救うことができなかったのか。

殺害現場から立ち去ったと思われる真犯人・志摩総一郎(羽場裕一)の存在に気づきながら、証人尋問をすることも、現場検証をすることもできなかった。その無念を晴らすことが古庵会できるかもしれない。別事件の被害者となった志摩が、その別事件の公判で、自らの脱税を暴かれたからだ。

脱税が明るみに出たことで、十二年前の被害者・布施元治と志摩に接点があったことが立証された。仁科壮介のえん罪を立証できるかもしれない。そのために、坂間千鶴(黒木華)は、遺族である仁科の妹・ 仁科由貴(臼田あさ美)を訪ねた。

会って、十二年前の事件の真相を明かすことができるかもしれないと、訴えかけた。それが、再審請求という方法だ。みちおにとっては、弁護士として最後にかかわった事件であり、多くの疑問が残された裁判だった。この事件があったから、みちおは弁護士を辞め、裁判官の道を志した。入間みちおという、“イチケイのカラス”がうまれたルーツだ。

その事件が再び審理される。再審公判の裁判長は、もちろん、入間みちおだ。

証拠がない。イチケイ最大のピンチ

再審で弁護人を務めるのは、みちおが所属していた弁護士事務所で同僚だった青山瑞希(板谷由夏)。青山が仁科由貴を支え、千鶴は真実にたどり着くことだけを考える。千鶴に、もう、出世や保身の考えはない。それは、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)も同じだった。

彼は、布施元治が殺害された事件で裁判官を務めた。公判で裁判長だったのが日高亜紀(草刈民代)。当時、駒沢は真実を追及するために慎重な審理を求めたが、裁判長だった日高は聞く耳を持たなかった。そんな日高を止めることができなかったことで、被告人・仁科壮介を死に追いやってしまったと、駒沢は自分を責め、悔やんだ。

それを晴らすため、当時、審理にかかわった関係者への事情聴取に駒沢は動く。軒並み、証言を拒否される中、元・書記官から話を聞き出すことに成功した。

元・書記官によれば、当時の日高は、想定される検察の求刑通りに早く審理を終わらせるよう、最高裁事務総局から言われていたという。日高は上の意向をくみ、仁科壮介に求刑通りの無期懲役という判決を下していたと、暴露した。

日高は、元・書記官の証言を「偽証だ」と主張。「事実ではない」と非難した。

裁判所主導で知りえた事実には、いずれも証拠がない。仁科壮介の無実を立証するのが難しいまま、再審公判は大詰めを迎えた。みちおが法壇を降り、証言台の前にいる日高の正面に立つ。「あなたは、上に忖度をして判決を下しましたか」まばたきをしたが、日高は表情を変えない。

「私は、誰にも忖度などしておりません。証拠をもって正しい判決を下した、――失格です。あなたは裁判官失活です」

イチケイは仁科壮介の無罪を立証することができなかった。再審は幕を閉じた。そのように思われた。

最高裁裁判長が忖度。十二年前の事件の真相が明らかに

十二年前の事件の真相はこうだ。

布施元治が殺される直前。彼は、自身が知りえた脱税の事実をぶつけるために、その首謀者と思える志摩総一郎に会っていた。口論になり、布施は志摩によって殺される。そこに仁科壮介が現れ、以後、不運にも彼は濡れ衣を着せられたのだった。

二か月間に新聞記者の真鍋伸が殺害された事件でも、犯人は志摩だった。布施元治を殺してしまったときと同じだ。

国税庁の“天下り”を追っていた新聞記者の真鍋は、天下りのコーディネーターの存在を突き止めた。それが志摩だった。事実を本人にぶつけるため、真鍋は志摩を夜討ちした。口論になり、志摩は真鍋を死なせてしまう。

それらの事実を検察のナンバースリーである中森検事(矢島健一)から、日高が聞き出した。
聞き出した中森の話を日高が録音し、それを記者会見でマスメディアに披露した。

日高は再審公判のあいだ、ずっと、上に従順なフリをして、裁判でみちおたちを一蹴した。
すべては、中森検事から真相を聞き出すための芝居か否か。十二年前の事件で忖度をして判決を下したことも日高は告白。真鍋が命を奪われ、仁科に続き死人が出ている事実に、日高は耐えられなくなったのか。

いずれにせよ、真実から目を背けた自分を恥じ、日高もまた、みちおや駒沢のように十二年前のことを後悔していた。

「裁判官の職を辞し、罰を受けるべきだと決意しました。裁判官失格なのは、わたくしです」

この記者会見での暴露がきっかけとなり、警察の取り調べで志摩総一郎が十二年前の犯行を自供。再審公判で仁科壮介に無罪判決が下された。イチケイに、入間みちおというカラスが舞い降りるきっかけとなった事件は、真犯人が逮捕され、今度こそ幕を下ろした。

第八話からどうなる? イチケイのカラス

ドラマのルーツとなる事件が解決し、物語は八話以降どうなるか。
日高を尊敬し、悩まない裁判官だった千鶴は、みちおのように真実を追究するために悩むことをいとわなくなった。日高とみちおのハイブリッド型の裁判官・千鶴は、さらに成長するのか。新たなキャリアに目覚めるか。

十二年前の事件の贖罪として、みちおに寄り添う駒沢の無念も晴れた。それは、みちおにしても同じこと。
「終わってないわよ。電文伝言伝達。もはや、“上”がどこかわからない。いつか、あなたたちが対決する日がくるかもしれない」
7話の最後にそう告げた日高のセリフが、8話以降の物語の鍵か。それとも、月九の王道であるラブストーリーがはじまるのか。

ドラマ「イチケイのカラス」第7話 目次

ドラマ「イチケイのカラス」第11話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第10話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第1話あらすじネタバレ