ドラマ

【ネタバレ】「イチケイのカラス」第8話あらすじ・見逃し【イチケイメンバーの先入観が試された】

万引き犯が万引き犯を止める

4か月前。
潮川恵子(真凛)は、自身がスーパーで万引きしているところを山寺史絵(朝加真由美)に見つかった。
それは、万引きの常習犯として捕まった潮川が、保釈中に起こした再犯だった。
ややこしいのはここから。

潮川の万引きを目撃した山寺が、傷害事件の被害者となる。
加害者は潮川。
河川敷で、山寺を襲った。
落ちていた石を使って山寺の頭を殴ったのだ。
急性硬膜下血腫で入院した山寺は、記憶があいまい。
話はまだ続く。

山寺は、潮川が通っていた小学校の恩師だった。
「自分の万引きを目撃した山寺先生を私はうらんでいない」と潮川が主張。
逆恨みによる傷害事件ではないと、反論した。

「山寺さんは、私の小学校時代の先生です。今度は、私が見かけたんです。先生が万引きしているところを。それを止めようとしたことで、向こうから襲ってきたんです。私がけが負わせてしまったことは事実ですが、必死で、自分の身を守ろうとしただけなんです」

潮川の証言は本当か?
イチケイによる併合審理がはじまる。

やさしい、2人のクレプトマニア

裁判長・入間みちお(竹野内豊)は裁判所主導による捜査を実施。
詳しく事件を調べたところ、万引きの常習犯だった潮川が、クレプトマニアであることを告白した。
クレプトマニアとは、盗みという犯罪行為によるスリルや緊張感を快楽として求めてしまう精神疾患を指す。
つまり、病人だ。
病気にかかっているため、医師による診察や治療プログラムも必要になる。
自分の病状を知っていた潮川は、恩師・山寺の万引きを見たとき、こう思った。
「自分と同じように病気になってしまう、先生を万引きの常習犯にしてはいけない。止めなければ」
ところが、傷害事件の被害者となった山寺も、また、クレプトマニアだった。
それを山寺が告白。

4か月前。
被告人・潮川の万引きを山寺が目撃し、店へ通報した。
このとき、山寺は次のように思っていた。
「自分と同じように病気になってしまう、教え子を万引きの常習犯にしてはいけない。止めなければ」
教え子と恩師は、同じ病気にかかっていた。
共通点はそれだけではない。
2人とも、孤独だったのだ。

声にしよう。「私は、大丈夫じゃない」

潮川の夫は、ドイツに単身赴任していた。
6歳の娘を育てながら、潮川は義母の介護を1人でこなした。
赴任先の夫から、できる妻であると思われたい。
そんな期待から潮川は弱音を吐かず頑張った。
頑張って孤独になった。
その異変が、クレプトマニアという姿で体を病んだ。

山寺の夫は、市議議員だった。
山寺自身は教職員として長年、働いた。
夫婦ともに持っていたのは、それぞれが生きがいを感じる仕事だ。
それが、山寺が定年退職したことで変わる。
教え子にかかわれない日々、過ぎてゆくだけの時間。
山寺も潮川同様に、孤独だった。
その異変がクレプトマニアという姿となって、山寺を万引きへ向かわせていた。
この事実を2人は、家族や夫に言えなかったのだった。

大丈夫そうに見える人を見たままで決めつけない。
それを本人に尋ねよう。
「本当に、大丈夫ですか」
「どんな気持ちでしたか」
そう聞かれ、大丈夫じゃないとき、その本音を伝えることの大切さも、みちおは公判で説いた。
頑張り過ぎず、助けを求めよう。
声にしよう。
私は、大丈夫じゃない。

【次回予告】第9回は、裁判員裁判にイチケイメンバーがいどむ

次回予告のTV放送を見て真っ先に思ったのは、1950年代に作られたアメリカ映画『12人の怒れる男』と、そのオマージュ作品とも思える
三谷幸喜さん作・『12人の優しい日本人』の2つの映画だ。
どちらも場面転換が少なく、人間ドラマで視聴者をひきつける作品。
そのエッセンスを生かした第9回なら、脚本や演出に期待できる回だ。

ドラマ「イチケイのカラス」第8話 目次

ドラマ「イチケイのカラス」第11話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第10話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「イチケイのカラス」第1話あらすじネタバレ