SF

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン4全話あらすじ紹介

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン4あらすじ

キングズランディングでは、ジョフリー王が毒殺されます。ティリオンが王殺人容疑で逮捕され、ジョフリーの弟トメンが王に就任します。その間、サンサはキングスランディングから逃げ出すのです。

冥夜の守人と野人の全面戦争が開始。野人の軍は10万と数では負けていますが、冥夜の守人はなんとか壁を守り切ります。その後、ジョンがマンス・レイダーと停戦の話し合いをしている中、スタニスの軍が野人を一掃するのです。

ブランたちは北への旅をつづけ、ついに三つ目の鴉と出会います。

デナーリスはミーリーンを制圧し、奴隷商湾を統治してから、七王国を侵略することに。しかし、彼女は女王として統治する難しさに直面するのです。

アリアはハウンドと共に旅を続けますが、彼女は一人でブラヴォス行きの船に乗り込みます。

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン4

第1話「二本の剣」

タイウィンはスターク家に伝わる剣「アイス」を溶かして、2つの剣を作らさせます。そして1つの剣は、剣を握る右手を失ったジェイミーに贈り、もう1つはジョフリー王の結婚祝いにするのです。

ドーンの領主ドーラン・マーテルの代わりに、弟のオべリン・マーテルが結婚式に出席するため、キングズランディングへ到着。オべリンは秘密裏に、姉のエリアを殺したラニスター家とグレガー・クレゲインへの復讐を望んでいます。

ジョン・スノウは、メイモン・エイスターたちに事情をすべて話し、10万ものの野人が黒の城を襲うつもりだと伝えるのです。

リヴァーランド、ハウンドとアリアは谷間に向かいます。そこでハウンドは、アリアの叔母ライサから身代金を受け取るつもりです。道中、アリアは友人の復讐を果たし、剣を取り戻します。

デナーリスはミーリーンに向かう途中、殺された子供の奴隷が磔されている光景を見るのです。

第2話「獅子と薔薇」

ルース・ボルトンはウォルダー・フレイの娘を連れて、ラムジーの元へ来ます。ルース・ボルトンは、シオンを激しく拷問したラムジーをしかりつけるのです。そんなシオンは、今ではラムジーにリークと呼ばれ、ブランとリコが生きていると認めます。

ルース・ボルトンはラムジーに、ブランとリコンの殺害、モウト・ケイトリンの奪取を命じ、成功すればボルトン性にしてやると言うのです。

ドラゴンストーン、メリサンドルがスタニスの家来を火で焼き、光の王に捧げます。その後、メリサンドルはシリーンに七神正教は偽物だと言うのです。

ティリオンはシェイを守るため、彼女をエッソスへ送ることにします。ジョフリー王とマージェリーの結婚が行われました。宴会中、ジョフリーはティリオンを侮辱し、ワインを飲みます。すると、毒を盛られたジョフリーは死に、ティリオンは殺害容疑で逮捕されるのです。

第3話「奴隷解放者」

タイウィンは、ジョフリーの弟トメンを王にします。そして、オべリンとメイス・タイレルをティリオンの裁判官に任命するのです。リトルフィンガーはサンサをキングズランディングから逃がします。

リヴァーランド、アリアとハウンドは農家から宿を借ります。しかし、ハウンドは農家から盗みを行い、アリアを怒らせるのです。

ダヴォスは傭兵軍団を購入するための資金を求め、鉄の銀行に融資を求める手紙を書きます。

北部では、トアマンド率いる野人の軍団が村を襲撃しています。冥夜の守人たちは、戦力が少ないことから、壁を守ることを決意。ジョンは野人に、黒の城には千人の兵士がいると嘘をついており、嘘がばれると不利になると考え、黒の城にいる反乱者を殺すべきだと提案します。

ミーリーンに到着したデナーリスは、町の奴隷の解放宣言をするのです。

第4話「誓約を果たすもの」

デナーリスは奴隷たちの援助もあり、簡単にミーリーンを制圧します。彼女は磔にされた163人の子供奴隷の復讐のため、親方たちを同じように磔にするよう命じるのです。

海の上で、リトルフィンガーはジョフリー暗殺に間接的に関わっていたことをサンサに告げます。

オレナはジョフリー毒殺の黒幕であることを暗にマージェリーに告げるのです。そして、サーセイが敵対心を抱く前に、トメンと結婚するよう言います。

サーセイはジェイミーに、サンサを見つけて殺害するように言うのです。ジェイミーはサンサを守るため、ブライエニーとポドリックを送ります。2人が旅立つ前、ジェイミーはブライエニーに剣を授け、ブライエニーはオウスキーパーと名づけるのです。

ジョンたちは反逆者の殺害することに決定。

ホワイトウォーカーがクラスターの子供をウォーカーに変えました。

第5話「新王誕生」

トメンが新たな王になりました。サーセイは、マージェリーがトメンとの結婚に前向きなのを知り驚きます。

リトルフィンガーとサンサは、サンサの叔母ライサがいるアリンの谷間に到着。ライサはリトルフィンガーに、すぐに彼女と結婚するよう要求します。その際、彼らがライサの亡き夫ジョン・アリンを殺害し、ラニスター家に罪をかぶせたことが判明するのです。

ポドリックが料理できないことにブライエニーは怒りますが、彼がティリオンを守ったことを知り感心します。

ジョンたちは反逆者の殺害に成功。ブランはジョンとの再会を希望しますが、ジョジェンの忠告を聞き、北への旅を続けることに。

ジョフリーの死の知らせがデナーリスに届きます。彼女は奴隷商人湾を統治してから、七王国を攻めることにするのです。

第6話「裁判」

ダヴォスとスタニスは鉄の銀行と会い、見事に融資を取り付けます。

デナーリスは女王としての仕事に励み、磔にされた父親の埋葬を望む子供の願いを聞き、ドラゴンに山羊を殺された農夫に金を払うと約束するのです。

シオンへの報復としてヤーラが軍を率いてドレッドフォートへ向かい、シオンを発見します。しかし、精神を破壊されたシオンはヤーラと共に逃げ出すのを拒否し、ラムジーは彼に褒美としてお湯を使う許可を与えるのです。そして、ラムジーはモウト・ケイリンを奪取するため、かつてのシオンのように振る舞うように命じます。

ティリオンの裁判が始まり、シェイが偽の証言をします。ティリオンはジョフリーを殺しておけばよかったと言い、決闘裁判を要求するのです。

第7話「月の扉」

サーセイは、グレガー・クレゲインを代理闘士に任命し、クレゲインへの復讐の絶好の機会と考えたオべリンは、ティリオンの代理闘士になるのです。

デナーリスはダーリオを愛人にし、生き残った親方たちを殺すため彼をユンカイへ送ります。

メリサンドルとセリース、セリースの娘シリーンはドラゴンストーンを出発する準備をします。

野人が黒の城へ接近しているので、ジョンは壁のトンネルをふさぐことを提案しますが、サー・アリザー・ソーンに拒否されるのです。

ブライエニーとポドリックは宿でホットパイと出会い、アリアの近況について知るのです。

リトルフィンガーがサンサにキスをし、それをライサが目撃します。怒り狂ったライサは、サンサを月の扉から落として殺そうとします。しかし、リトルフィンガーがライサを落とすのです。

第8話「山と毒蛇」

野人がモウルズ・タウンを襲撃します。イグリットがジリを発見しますが、彼女を殺すのをやめます。

ラムジーはシオンに、鉄諸島と交渉させて、モウト・ケイリンを開城させます。しかし開城した瞬間、ラムジーが奇襲を仕掛け、鉄諸島軍は虐殺されるのです。褒美として、ルース・ボルトンはラムジーをボルトン家の一員にします。

サンサはライサの死の調査団に、リトルフィンガーは無罪だと言います。アリアとサンダー・クレゲインが谷間に到着し、ライサの死を知ると、彼らは再び去るのです。

キングズランディングでは、決闘裁判が始まりました。グレガー・クレゲインがオべリンを殺し、ティリオンの死刑が確定します。

第9話「キャスタミアの雨」

冥夜の守人たちは野人との戦いに備えます。ジリとサムもまた黒の城に到着しました。野人が壁の両側から攻撃を仕掛けます。トアムンド率いる野人の軍は南から進行し、冥夜の守人は南側を守ることにするのです。

一人の巨人が黒の城の門を破壊しようとしますが、グレンなどが命と引き換えに、巨人を殺します。アリザーはジャノス・スリントに指揮を任せ、南側の戦闘に加わるのです。しかしジャノス・スリントは指揮官にふさわしくなく、ジョンが新たな指揮官となります。

イグリットはジョンに弓を向けるものの、彼女はためらってしまいます。その間、後ろからイグリットに親を殺された少年が彼女を刺し、イグリットはジョンの腕の中で死にます。

トアムンドは逮捕され、野人は撤退。ジョンは壁の北側へ行き、マンス・レイダーを殺すと決意するのです。

第10話「世継ぎたち」

ジョン・スノウと壁の向こうの王マンス・レイダーが停戦を話しているとき、スタニスの軍が野人に襲撃を仕掛け、マンス・レイダーは捕らわれます。

ブランたちは目的地の心の木に近づきますが、骸骨の集団に襲われ、ジョジェンが死亡。その後、三つ目の鴉と会います。

ブライエニーとハウンドは戦い、ハウンドは重傷を負います。彼はアリアに殺してくれと頼みますが、アリアは金をとって去るのです。アリアはジャクェンを探すため、ブラヴォス行きの船に乗船します。

サーセイはオべリンの剣の毒で瀕死のグレガー・クレゲインを救うように命じます。ジェイミーがティリオンを逃がします。ティリオンはシャエがタイウィンとベッドを共にしているところを目撃。彼らを殺し、ヴァリスの助けでエッソスへ向かう船に乗ります。

ドラゴンが暴れるため、デナーリスは二頭のドラゴンを地下に閉じ込めるのです。

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン4 感想

これまで多くの海外ドラマを視聴してきましたが、シーズン4は圧倒的にベストシーズンでした。見どころ満載で、逆にシーズン5以降は今シーズンを超えられないのではと不安になるほどです。

まずは裁判でのティリオンの演説シーン。あの怒りや憎しみのこもったスピーチは、ゲースロの名場面に入るでしょう。その後の、シャエを殺すシーンも衝撃的でした。彼はエッソスに向かったので、デナーリスと合流するかもしれません。

ジョンと野人の戦いも良かったですね。あれは映像で見てこそ、迫力が伝わるので、ぜひ実際に視聴してください。

シーズン4は外れ回なし、むしろすべて当たり回の神シーズンでした。初めは離れていたキャラクターたちが、一気に近づいてきた感じがあります。シーズン5も楽しみです!

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン 目次

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン1

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン2

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン3

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン4

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン5

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン6

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン7

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン8