SF アクション ミステリー 海外ドラマ

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」舞台・人物紹介

目次

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」人物たちが活躍する舞台や背景紹介

本シリーズの舞台となるのは1980年代のアメリカ、インディアナ州に位置する架空の町ホーキンス。平凡な田舎町に暮らす主人公の少年4人組のうちの1人、ウィル・バイヤーズがある日謎の失踪を遂げ、彼の失踪事件をきっかけにホーキンスで不可解な現象が起こり始める。シーズン1では主人公のマイク、ルーカス、ダスティンが仲間のウィルを探す中で、腕に“011”というタトゥーが刻まれた超能力を持つ謎の少女イレブンことエルと出会い、共にウィルの失踪の謎に迫っていく。またウィルの母ジョイスや警察所長のホッパー、マイクの姉ナンシーなどさまざまな人物がそれぞれの方面から徐々に事件の真相に迫っていく。シーズン2では前シリーズから1年が経ったホーキンスの街に再び異変が起こり始める。エルの産みの母であるテリーの存在やエルと同じく手首に数字のタトゥーが入った少女の存在などさらに話題を掘り下げている。シーズン3ではティーンエイジャーとして成長したエルやマイクたちと、さらにパワーを増したデモゴルゴン、またそれを利用しようと目論むロシア軍などホーキンスの街からさらに発展した物語となっている。

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン 人物紹介

主人公  イレブン(エル)

超能力を持った謎の少女。手首に“011(イレブン)”という番号のタトゥーが刻まれている。シーズン1ではホーキンス研究所から逃亡してきたエルとマイクたちが出会い、マイクが研究所からの追手からエルを匿いつつ行方不明となったウィルの捜索を進める。シーズン2ではホーキンスの警察署長ホッパーに匿われ2人で密かに暮らしていたが、とあることでホッパーと衝突しエルはホッパーと暮らす家を飛び出してエルの産みの母であるテリーの元を訪れる。その最中エルはカリという少女と彼女の仲間と出会い、カリも同じくホーキンス研究所から逃亡し手首に“008”というタトゥーが刻まれていることを知る。シーズン3では遂にマイクと恋仲となりティーンエイジャーらしい一時を過ごすもひょんなことでマイクと喧嘩になってしまう。マイクの考えが読めないエルはマックスに近づき恋愛相談をしつつ徐々に女同士の友情を深めていく。その中でエルはマックスの兄ビリーの異変を感じ取り彼がマインドフレイヤーにコントロールされていることに気づく。シーズンのクライマックスでマインドフレイヤーと戦ったエルはそこで超能力のパワーを失ってしまう。

主人公  マイク

マイク・ウィーラー。ホーキンス中学校に通う中学生。親友のルーカス、ダスティン、ウィルの4人でマイクの自宅に集まり地下室でいつもオリジナルのダンジョンゲームをして遊んでいる。ある日仲間のウィルが謎の失踪を遂げ、彼を捜索する最中に謎の少女エル(イレブン)と出会うことでマイクの人生は大きく変わることとなる。シーズン1ではホーキンス研究所から逃亡してきたエルを自宅に匿い、彼女が超能力を持っていることを知り共にウィルを捜索するうちに少しずつ恋心が芽生える。シーズン2では前作のラストで行方不明となってしまったエルをひたすら想い何度もエルとコンタクトを取ろうと翻弄する。シーズン3で遂にエルと恋仲になったマイクだが、エルの父親役となったホッパーからエルと別れるよう迫られてしまう。姉はナンシー・ウィラー。

主人公  ルーカス

ルーカス・シンクレア。ホーキンス中学校に通うマイクの同級生。マイクとは親友。シーズン1で行方不明となったウィルをマイク、ダスティンと探す中で出会ったエルを信用できず仲間になることを反対する。シーズン2ではダスティンと共に転校生のマックスに一目惚れし必死にアタックする。マイク、ダスティン、ウィルの仲良し4人組の中で一番物事を現実的に考えている。シーズン2のラストではマックスと恋仲となる。シーズン3ではエルとマイクが別れた際エルが超能力を使ってマイクとルーカスの会話を盗み聞かれてしまいマックスと喧嘩となってしまう。妹はエリカ・シンクレア。

主人公  ダスティン

ダスティン・ヘンダーソン。マイクたち仲良し4人組の中で一番陽気なキャラクター。マイクたちが小学生の頃にホーキンスへ転校してきている。シーズン1でウィルを探す最中エルのことが原因でマイクとルーカスが喧嘩してしまった際仲裁に入る。シーズン2ではルーカスと共にマックスへ熱を上げるもマックスとルーカスが付き合ったことでダスティンはプロムパーティで踊る相手が見つけられなくなってしまう。シーズン3では夏休みの間に参加した科学キャンプでスージーというガールフレンドができるも、無線でコンタクトを取ろうとしたが応答がなかったためルーカスたちにスージーの存在を信じてもらえない。シーズン2でマイクの姉ナンシーの元彼であるスティーブがマックスの兄ビリーからダスティンたちを守ったことでスティーブと仲が良くなる。シーズン3ではスティーブたちとひょんなことからロシア軍の秘密基地に潜入する。

主人公  ウィル

ウィル・バイヤーズ。マイク、ルーカス、ダスティンと仲良し4人組のメンバー。シーズン1ではデモゴルゴンにより“裏側の世界”に連れ去られ行方不明となってしまう。他の3人と比べ内気で周りに溶け込みにくい性格。シーズン2ではなんとか“裏側の世界”から脱出するもマインドフレイヤーによって再び操られてしまい仲間を危険に晒す。シーズン3ではティーンエイジャーとなりエルやマックスと恋仲となったマイク、ルーカスたちと、何時間もダンジョンをして遊んでいた頃のまま仲間と遊んでいたいウィルとの間に壁ができてしまう。シーズンのラストではウィルの母ジョイスがホーキンスを去ることを決意したことでマイクたちと離れ離れになる。兄はジョナサン・バイヤーズ。

主人公  ナンシー

ナンシー・ウィーラー。マイクの姉でホーキンス高校では学年トップの成績且つ美貌を持つ才色兼備の優等生。他の生徒達からはホーキンス高校のマドンナと称されるほど。シーズン1では学校一のモテ男であるスティーブから猛アプローチを受け付き合うも、ナンシーの親友であるバーバラが行方不明となってしまった一件でスティーブとの仲に亀裂が生じる。シーズン2ではバーバラの件を引きずるナンシーとスティーブとの間で意見が食い違い破局してしまうも、ウィルの兄ジョナサンと協力して調査を進めるうちに互いの想い合っていくように。シーズン3ではジョナサンと共に街のとある事件について独自に調査を進める。

主人公  スティーブ

スティーブ・ハリントン。ホーキンス高校一モテ男の人気者で、シーズン1ではマイクの兄ナンシー・ウィラーと付き合うもバーバラの一件によりその後破局してしまう。シーズン2ではダスティンが謎の生物“ダルタニアン”が凶暴化してしまった際にスティーブに助けを求めたことでダスティンと仲が良くなる。シーズン3ではダスティンやホーキンス高校の同級生であるロビン達と共にロシアの無線を傍受したことでロシア軍の秘密基地へ潜入し、そこで驚くべき光景を目の当たりにする。陽気な性格で初めのうちは柄の悪い友人達とつるむも憎めないキャラクター。ナンシーと付き合いだしてから友達付き合いや性格に変化が起きる。

主人公  ジョナサン

ジョナサン・バイヤーズ。ウィルの兄でナンシーやスティーブと同じホーキンス高校に通う高校生。弟のウィルが行方不明となり母ジョイスと共にウィル捜索に翻弄する。ウィルが“裏側の世界”から母ジョイスに向けてクリスマスツリーのライトを使い居場所を伝えた際、ジョナサンは非現実的なジョイスの説明を信じることができず、またダミーのウィルが湖から遺体として発見された際ジョイスが自分の息子ではないと否定した時は弟の葬儀の準備を執り行うなど家族の中では一番現実的で大黒柱のような存在。シーズン2ではナンシーのことを想い続けたのち遂に恋人同士となる。シーズン3ではナンシーと共に地元の新聞社で働きながら、街で起きたとある事件について調査を進めていく。

主人公  ジョイス

ジョイス・バイヤーズ。ウィルとジョナサンの母親でシングルマザー。シーズン1でウィルがデモゴルゴンにより“裏側の世界”に連れ去られてしまった際、ウィルがジョイスに向けてライトや固定電話を使って交信を図ろうとしていることに気づいたジョイスはパート先の店からクリスマスツリーのライトや電話機をありったけ買ってウィルの生存を確認しようするほど我が子を愛し何がなんでも取り戻そうとした。シーズン2ではボブというボーイフレンドができウィルやジョナサンと束の間の幸せな時間を過ごすもマインドフレイヤーがホーキンスの街やウィルを脅かし始めることでジョイスは再びマインドフレイヤーや研究所と対峙することになる。シーズン3ではシーズン1、2で共に研究所の秘密を暴いてきた警察署長のホッパーととある件をきっかけにホーキンスの街でまた何かが起きているのではないかと調査し始める。

主人公  ホッパー

ジム・ホッパー。ホーキンスの警察署長。シーズン1ではジョイスの息子であるウィルの失踪事件に関し最初は非協力的だったが事件を調査するうちに徐々にただの失踪事件ではないことに気づき本格的な調査を始める。洞察力が鋭く警察署長としてホーキンスの街で何かが起きているという異変にいち早く気づいた。実の娘を癌で亡くし、その後前妻とは離婚している。シーズン2では前作で“裏側の世界”から生還していたエルを研究所から匿うため、誰にもエルの生存を伝えずに森の小屋でエルと我が子のようにひっそりと暮らすも、マイク達と一向に合わせてくれないことや約束を守ってくれなかったことで不満を持ったエルと喧嘩をしてしまう。シーズン3では養子としてエルの父親となったホッパーだがマイクと恋人同士となったエルのことが気が気でなく、マイクにエルと別れるよう仕向ける。

主人公  マックス

マキシーム・メイフィールド。マックスの愛称で親しまれている。シーズン2からの登場で、ホーキンス中学校に転校しマイク達の同級生となる。シングルマザーの母親がビリーの父と結婚したためビリーは義兄となるも血は繋がっていない。ルーカスとダスティンから好意を寄せられマイク達の仲間に入らないかと誘われるもマックスはそれを拒否する。シーズン後半でルーカスやダスティン達と共にデモゴルゴンと戦ったことで彼らと徐々に仲が良くなり、ラストの学校のプロムパーティーではルーカスと踊り恋人同士となる。シーズン3ではマイクとエルが喧嘩したことでエルの側につき、そこでエルと親友になる。シーズンのクライマックスで兄のビリーがマインドフレイヤーに操られるもエルを守るため犠牲となり死んでしまったことがマックスのトラウマとなってしまう。

主人公  ビリー

ビリー・メイフィールド。マックスの兄だが父親の再婚によって義妹となったため血は繋がっていない。マックスと同じくシーズン2からの登場で、ナンシーやスティーブ達と同様にホーキンス高校へ転校することとなる。暴力的でガキ大将のような性格から転校先のホーキンス高校ではスティーブを敵対し周りの生徒達をビリー側につけることに成功する。マックスを中学校まで送迎するも本心からではなくビリーの父親から虐待的な扱いを受け父に歯向かうことができないため。自宅から逃亡したマックスを探すためマイク達の家を訪問していた際、マイクの母カレンに出会い互いに好意を寄せ合う。シーズン3ではマイクの母カレンと出かけるため自宅を訪問する途中マインドフレイヤーによって連れ去られ操られてしまう。

登場人物 ボブ

ボブ・ニュービー。シーズン2からの登場で、ウィルの母ジョイスのボーイフレンド。ウィルがマインドフレイヤーによって再び操られホーキンス研究所の職員達がデモドッグによって次々に襲われた際、非常時の施錠によって研究所から出られなくなってしまったウィルやジョイスたちを救うためプログラミングの知識が堪能なボブが自ら研究所の施錠を解除することを申し出、ウィルたちは脱出に成功するもボブは出口に到達する直前デモドッグによって襲われ死んでしまう。

登場人物 オーエンズ博士

サム・オーエンズ博士。シーズン2からの登場で、シーズン1でホーキンス研究所を監督していたブレナー博士の後任としてホーキンス研究所を任されている。シーズン1で“裏側の世界”に連れ去られるも生還したウィルの状態を調査するため研究所にて精密検査を行い、そこでウィルがマインドフレイヤーによってコントロールされていることに気づく。ブレナー博士とは異なりウィルやジョイス、ホッパー達に対し協力的な研究所の担当者である。

登場人物 デモゴルゴン/ダルタニアン

“裏側の世界”からホーキンスの街に現れた正体不明の怪物。ホーキンス研究所でエルことイレブンによって開かれた“裏側の世界”から姿を表しホーキンスの街を徐々に襲い始める。シーズン2では研究所の極秘研究により“裏側の世界”のゲートから調査が行われていたもののそのゲートを伝って再びデモゴルゴンがホーキンスの街に現れ人々を襲う。この時エルによってゲートは完全に閉じられたはずだったが、シーズン3では旧ソビエトであるロシア軍が地下の秘密基地を利用し別の場所からゲートを開こうとしていた。開かれたゲートによってホーキンスの街に戻ってきたデモゴルゴンはマックスの兄ビリーを利用し、ゲートを閉じたエルに復讐するためさらに手強く立ち向かう。

登場人物 マレー

マレー・バウマン。元ジャーナリストでホーキンス研究所に関する陰謀論を唱えている。シーズン2でバーバラの一件について調査を進めるナンシーとジョナサンが、陰謀論を唱えるマレーの存在を知り彼の元を訪問する。シーズン3ではジョイスとホッパーがロシア軍の研究者であるアレクセイを捕まえ、彼のロシア語を翻訳させるためマレーの元を訪問しそこでロシア軍がゲートを再び開こうとしている事実を知りジョイスたちと共にロシア軍の秘密基地に潜入する。

登場人物 エリカ

エリカ・シンクレア。ルーカスの妹で兄のルーカスや友達のマイク達をヲタクと言って見下している生意気な小学生。数学が大の得意で自身もまた数学ヲタクであることをのちにダスティンに指摘されることとなる。シーズン2までは兄のルーカスやマイクたちがデモゴルゴンと戦ったことなど全く信じないエリカだったが、シーズン3でダスティンやスティーブ達とひょんなことからロシア軍の秘密基地に潜入しデモゴルゴンの存在やロシア軍の研究に関し自身の目で確認したことでマイクやルーカスたちを信じるようになった。

登場人物 アレクセイ

アレクセイ。ロシア人の科学者。シーズン3から登場し、ロシア軍の秘密の地下基地にて“裏側の世界”のゲートを開くための研究者として雇われている。ロシア軍の企みに勘づいたホッパーとジョイスがロシア人の殺し屋の隠れ家にて地下基地を発見し、そこで研究を進めていたアレクセイに出くわしてアレクセイを捕らえる。その後ジョイスとホッパーによってロシア語が堪能なマレーの元へと連れて行かれたアレクセイはロシア軍の企みとゲートを閉じるための方法についてホッパーたちに説明する。独立記念日の当日、ホッパーやマレー達と共に街のパーティーに訪れたアレクセイはそこでロシア人の殺し屋に遭遇し暗殺されてしまう。

登場人物 ロシア人殺し屋

グレゴリという名の殺し屋。シーズン3から登場。ロシア軍に雇われ“裏側の世界”のゲートを再び開く為アメリカ政府やホッパーたちに介入されないよう仕向けられている。ホッパーたちによって捕らえられたアレクセイを最終的に暗殺する。ホーキンスの市長を脅してスターコートモールの土地をロシア軍に引き渡すよう強請っていた。

登場人物 ロビン

ロビン・バックリー。シーズン3からの登場。スターコートモール内のアイスクリーム屋でスティーブと共にアルバイトをしているホーキンス高校の高校生。ダスティンがひょんなことからロシア軍の無線を傍受した際、語学に堪能であることからロシア語の翻訳をするよう頼まれ、その際ロシア軍が利用していた暗号の解読にも成功する。ロシア軍の秘密の地下基地に潜入し捕らえられるも脱出した後スティーブから好意を寄せられていることを告白されるも、ロビンはある秘密を抱えていた。

登場人物 カレン

カレン・ウィーラー。マイクとナンシーの母親で三児の母。思春期の子供たちに手を焼きつつも彼らを一番に想う良き理解者。マインドフレイヤーによってホーキンスの街に異変が起き始め、マイクやナンシーがそれに関わっていることになんとなく勘づき始めている。

登場人物 テリー(エルの母)

テリー・アイヴス。イレブンことエルを産んだ実の母だが、エルが誕生後すぐにエルとは引き離されてしまい、ホーキンス研究所によって流産と偽られた。研究所のとある計画に被験者として参加していた際にさまざまな研究の実験によって意識が喪失してしまう。

登場人物 スージー

シーズン3から登場。ダスティンが夏休みを利用して科学キャンプに行った際に出会い付き合い出したガールフレンド。中学生ながら頭の切れる少女で、ダスティンからロシア軍の暗号の解読について応援を求められた際にはその豊富な知識で暗号の解読に貢献した。

登場人物 ブレナー博士

マーティン・ブレナー博士。ホーキンス研究所の科学者で、かつてイレブンことエルの超能力を利用して“裏側の世界”のゲートを開こうとしていた人物。イレブンからは“パパ”と呼ばれている。シーズン1で研究所がデモゴルゴンの襲来にあった際ブレナー博士にデモゴルゴンが襲いかかるもその後の安否は不明。

登場人物 バーバラ

バーバラ・ホランド。ホーキンス高校に通うナンシーの同級生。ナンシーとは親友である。ナンシーがスティーブと付き合いだしたことをよく思っておらず、ナンシーがスティーブの自宅を訪問しようとした際も行くのをやめるよう説得しようとした。デモゴルゴンによって“裏側の世界”に連れ去られそこで殺されてしまったためシーズン2までは行方不明者として扱われていた。

登場人物 カリ

シーズン2から登場。エルと同じく超能力を持っており、相手に幻覚を見せることができる。手首にはエルと同様“008”という数字のタトゥーが刻まれており、ホーキンス研究所から逃亡していた。自分と同様はみ出しものの仲間と共に研究所の科学者たちに自分を痛めつけた復讐をしようと企んでいる。

登場人物 ヘザー/h3>
ヘザー・ホロウェイ。ナンシーやジョナサンたちと同様ホーキンス高校に通っている。ビリーと同じくホーキンスの公共のプールでライフガードのアルバイトをしている。父はナンシーとジョナサンが働いている新聞社の上司トム・ホロウェイ。

登場人物 クラーク先生

スコット・クラーク先生。ホーキンス中学校の教師で科学を教えている。シーズン1でマイクたちが仮の質問と呈して“裏側の世界”について質問した際に、“裏側の世界”の根拠となる理論を説明してくれた人物。放送部であるマイクたちの顧問でもある。

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン 目次

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン1あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン2あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン3あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン4あらすじ(ネタバレ含む)

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■おすすめ国内ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ海外ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ韓国ドラマあらすじ(ネタバレ)

-SF, アクション, ミステリー, 海外ドラマ