アクション ドラマ ラブストーリー 韓国ドラマ

韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」舞台・人物紹介

海外ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」舞台・人物紹介

「トッケビ」とは朝鮮半島に伝わる精霊や妖怪のこと。
主人公キム・シンが武臣として活躍していたのは高麗時代。
高麗時代は、918年王建(ワン・ゴン)が建国し1392年に滅びるまで474年続いた時代。
日本では鎌倉時代とその前後にあたる。

武臣キム・シンが逆賊として処刑され、神の力でトッケビになる呪いをかけられ死ねない体になってしまうところから物語は展開していく。
不滅の命から解き放つ方法はシンの胸に刺さっている剣を抜くこと。
それが出来る唯一の存在である「トッケビの花嫁」を探しシンは900年もの間世界中を彷徨い続ける。

物語は1998年ソウルに移動する。
トッケビとなったキム・シンはお腹に赤ちゃんがいる女性をトッケビの力で助ける。
その赤ちゃんは後に出会うチ・ウンタクでトッケビの花嫁としてシンの前に現れる。

トッケビとトッケビの花嫁として出会った二人の恋は簡単には上手くはいかない。
高麗時代からの因縁や縁のある人々と今世でも出会い、運命に翻弄されながらも真実の愛を追い求める切ない恋物語である。

主人公  トッケビ、キム・シン・(コン・ユ)

高麗時代では民から神と崇められた武臣だった。
サニーの前世の兄であり、死神の前世である王に仕えていた。
若き王ワン・ヨの妬みと側近パク・チュンホンの企てによりに謀反の罪を着せられ一族もろとも処刑される。
戦場で何千人を殺めた罪、一族を処刑させてしまった罪から神の裁きでトッケビになる呪いをかけられてしまい、死ねない体になってしまう。
トッケビの永遠の命を終わらせる唯一の存在「トッケビの花嫁」を900年もの間探し続けている。

トッケビを演じたコン・ユ
1979年7月10日生まれ。
2001年にデビューした後、数多くのドラマに出演するものの視聴率に恵まれなかった。
2007年ドラマ『コーヒープリンス1号店』で大ブレイクし、国内外で大人気の俳優となる。
『コーヒープリンス1号店』でMBC演技大賞優秀賞を受賞している。
その後『新幹線ファイナル・エクスプレス』『密偵』など話題の映画に相次いで出演する。
ここ最近では話題の『イカゲーム』にもゲームブローカー役として出演を果たしている。

ヒロイン チ・ウンタク(キム・ゴウン)

母親のお腹にいる時に命を落とす運命だったが、キム・シンにトッケビの力で助けられる。
幽霊が見える力を備えていて、幽霊たちに「トッケビの花嫁」だと言われている。
8歳で最愛の母を亡くし、意地悪な叔母一家にひきとられ孤独な毎日をおくる。
高校生になりシンと出会いトッケビの花嫁であることを証明し、恋に落ちていく。

チ・ウンタクを演じたキム・ゴウン
1991年7月2日生まれ。
2012年映画『ウンギョ青い蜜』でデビュー。
この映画出演により、「第33回清流映画賞・新人女優賞」「第49回大鐘賞・新人賞」などその年の新人賞を総なめにし、一気に知名度を上げる。
その後、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』『ザ・キング:永遠の君主』など人気ドラマに出演する。
2021年人気漫画が原作の『ユミの細胞たち』が韓国で放送され、話題作となっている。

重要人物  死神、ワン・ヨ(イ・ドンウク)

死者を天国か地獄に送る仕事をしている。
前世は高麗時代の王ワン・ヨ。
キム・シンとシンの妹で王妃であるキム・ソンを死に至らしめ、自らも命を絶つ大罪を犯し神の裁きにより死神にされてしまった。
記憶がないにも関わらず前世で愛したキム・ソンの生まれ変わりのサニーを今世でも愛する。
死ぬ運命にあったウンタクを天国に送ることができなかったため、ウンタクを探し続け亡き者にしようとしていたが次第に心を許すようになる。
前世で因縁があるとも知らず、キム・シンと同居をしている。

死者を演じたイ・ドンウク
1981年11月6日生まれ。
1999年にドラマデビュー。
2005年放送のドラマ『マイガール』での御曹司役で注目を集め、その後多くのドラマや映画に出演を果たす。
184cmの長身で端正な顔立ちからモデルとしても活躍し、日本でも人気の韓国俳優の一人である。

重要人物  サニー、キム・ソン(イ・ユンナ)

ウンタクのバイト先のチキン店の店長。
ものすごい美人だが恋愛に縁がなく悩んでいる。
何事にも冷めていてやる気のないように見えるが、物事に対しての独特の見解は説得力があり、年下のウンタクのことを気にかける情に厚い素敵な一面もある。
死神を気に入りアプローチをするが上手くいかず振り回されることも。
前世は高麗時代の王妃ワン・ヨの妃であり、キム・シンの妹。
キム・シンと共にワン・ヨに処刑された。
サニーも前世でも今世でも死神を愛する。

サニー、キム・ソンを演じたイ・ユンナ
1982年6月5日生まれ。
2009年『明日に向かってハイキック』でデビュー。
その後『シークレットガーレン』、『最高の愛』、『星から来たあなた』など出演したドラマは次々と話題作になり、一躍人気女優となる。
かわいらしい容姿から奇跡の40歳と話題になった。

悪役:パク・チュンホン(キム・ビョンチョル)

高麗時代では、国の最高教育機関の博士。
孤独な幼き王子ワン・ヨに近づき天下を我が物にしようと企て、王となったワン・ヨを意のままに操る。
王族や王位継承者を次々毒殺し、国民から絶大な人気を誇る武臣キム・シンとキム・シンの妹で王妃であるキム・ソンを一族もろともワン・ヨに処刑させる。
その後、用済みとなった王ワン・ヨの命も狙う。
トッケビとなったキム・シンに絶命させられるものの、死神から逃れ900年以上幽霊として彷徨い続けキム・シンの破滅を目論んでした。

パク・チュンホンを演じたキム・ビョンチョル
名脇役として韓国で知られている。
2016年韓国で大ヒットした『太陽の末裔』にソンジュンギ演じる主人公シジンの上司役でブレイクした。
2017年『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』に続き2018年『SKYキャッスル~上流階級の妻たち』での強烈なキャラクターが話題となる。

登場人物 ユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)

会長ユ・シヌの孫で財閥の御曹司。シンに仕える家来の子孫。
シンの身の回りの世話をしている。
イケメンで小生意気だが愛嬌があり憎めないキャラクター。
金遣いが荒く、祖父であり財閥の会長であるユ・シヌにいつも怒られている。
神に憑依され、キム・シン、ウンタク、死神、サニーの運命に関わる場面もある。

ユ・ドクファを演じたユク・ソンジェ
1995年 5月 2日生まれ。
俳優であり、歌手でもある。
2012年人気グループBTOBのメンバー。サブボーカルとしてデビュー。
歌唱力、ダンス、ドラマ、バラエティーと多岐にわたるマルチな才能の持ち主である。

登場人物 王ワン・ヨ(キム・ミンジェ)

高麗時代の若き王。
父親である王の死後に生まれ身分の低い母親にも先立たれてしまった孤独な王子。
幼少期からパク・チュンホンに育てられパクに意のままに操られる。
キム・シンを逆賊に仕立て上げシンとシンの妹であり王妃であるキム・ソンとキム一族を処刑してしまう。
その後、自責の念に駆られ乱心しパク・チュンホンに少しずつ毒を盛られ最終的に自害する。
死神の前世。

王ワン・ヨを演じたキム・ミンジェ
1996年11月1日生まれ。
音楽が好きでアイドル練習生としてレッスンを重ね、その一環として演技も学び始める。
2014年ドラマ『ロマンスが必要3』で俳優デビュー。
2016年に『浪漫ドクターキム・サブ』でSBS演技大賞 新人俳優賞を受賞し、その後数多くのドラマに出演する。
2020年に初主演を努めた『ブラームスが好きですか』ではピアノ演奏を猛特訓し役作りに挑み、SBS演技大賞で優秀演技賞とベストカップル賞を受賞した。

登場人物 王妃キム・ソン(キム・ソヒョン)

高麗時代のキム・シンの妹であり、ワン・ヨの妃。
若き王ワン・ヨの兄の王命(遺言)により、ワン・ヨの妃となる。
王命を守り、パク・チュホンの策略に屈することなく命がけでワン・ヨを守ろうとする気高き王妃。
パク・チュホンの策略にはまったワン・ヨに殺されてしまう。
現世でキム・シンが持っている古い肖像画のモデル。
サニーの前世。

王妃キム・ソンを演じたキム・ソヒョン
1999年6月4日生まれ。
2006年に子役としてデビューした。
数多くのドラマに出演し名子役と呼ばれるようになり、高視聴率を記録した『太陽を抱く月』で注目を集める。

登場人物 謎の老婆(イエル)

ウンタクに命を授けたと断言している。
ウンタクのピンチや死神とサニーの再会の場に居あわせる。
時に老婆であり、時に真っ赤な洋服を身にまとう美しい女性であり、その存在は謎。
ドラマの中では明確にされていないが、産神(サンシン)という韓国の神話に出てくる神ハル
メではないかという説がある。
産神(サンシン)とは、母親のお腹にいる胎児や出産を見守る神といわれ、子供にはおばあさんに見えると言われていることから想像できる。

謎の老婆を演じたイエル
1982年 8月26日生まれ。
2009年ドラマ「よくできました!」で女優デビュー
2016年ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で一気に知名度が上がる。
2017 年『花遊記』2019年『悪魔がお前の名前を呼ぶ時』などに出演し、独特の雰囲気から個性派俳優として知られるようになる。

登場人物 会長ユ・シヌ(キム・ソンギョム)

ドクファの祖父で、財閥の会長。
キム・シンに仕えてきた家来の子孫。
シンの事情をすべて把握しお世話をしている。

会長ユ・シヌを演じたキム・ソンギョム
1941年5月13日生まれ。
『私の名前はキム・サムスン』『シークレットガーデン』など韓国で一世を風靡したドラマに多
数出演している。

登場人物 会長秘書キム・ドヨン(チョ・ウジン)

ドクファの祖父である会長ユ・シヌの秘書。
会長の命令で、常に会長の孫ドクファを尾行し監視している。

会長秘書キム・ドヨンを演じたチョ・ウジン
1979年1月16日生まれ。
2015年映画イ・ビョンホン主演の「インサイダーズ/内部者たち」のチョ常務役でブレイク。
その後助演俳優として数多くの作品に出演している。

登場人物 チェ・テヒ(チョン・ヘイン)

ウンタクの初恋の相手。
受験の日に大学で受験生のウンタクと再会する。
幼い頃にキム・シンと出会ったことがある。

チェ・テヒを演じたチョン・ヘイン
1988年4月1日生まれ。
デビューは26歳。
初主演の『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』でひたむきな年下男子を演じブレイク。
その後主演としてドラマや映画に多数出演する。
映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』でウンタク役のキム・ゴウンと二人で主演を務める。

韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」リンク

韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」あらすじ全話紹介

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■おすすめ国内ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ海外ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ韓国ドラマあらすじ(ネタバレ)

-アクション, ドラマ, ラブストーリー, 韓国ドラマ