ドラマ

【ネタバレ】「レンアイ漫画家」第10話あらすじ・見逃し【恋する漫画家!だけど幸せは作家を潰す?貫かれた愛の行方】

付き合い出した清一郎とあいこ。

刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)はついに付き合うことになり、レンアイは作家を潰すとするものではなく、描くもので、自分とは無関係だと思っていた清一郎。
なのに、仕事部屋にまであいこを入れてしまったりする心境の変化にどうしてよいかわからずにいた。
だが、何があっても幸せなその心境は意外と悪くない、と思ったりもしている。

あいこは、編集プロダクションへの就職の面接に行くと、リクルートスーツに身を包む。
レン(岩田琉聖)が
「おじさんのお仕事はもうしないんですか?」と聞くと、清一郎は契約は終了した、と言うので、レンは驚く。

金條可憐(木南晴夏)と早瀬剛(竜星涼)は、花束を持って刈部家を訪れる。
日本漫画大賞受賞と清一郎とあいこの付き合い出したことの祝福だと言う。
特に早瀬はあいこさんのストーカーは卒業してこれからは遠くから2人を見守ると言う。
清一郎は、あいこと何かをしたいものの、食事に誘うのが精一杯だった。
そんなあいこに
「デートをしましょう!」と言われ、遊園地で待ち合わせをする。
レンにも
「デート頑張ってください」と言われ、ぎこちないがまんざらでもない清一郎。

だが、午前中で漫画のネームを終わらせると言っていたが、清一郎にネームは描けなかった。
出来ていないのに、そのまま遊園地に向かう清一郎。
あいことのデートは、ふたりともぎこちないが、とても暖かいヒトトキで、清一郎は幸せを噛み締めていた。
夜ご飯、居酒屋で飲んだくれてしまい、そのままあいこをおぶって、家路に向かう道で
「刈部さんが大好き」と言われとても私生活が充実していることを実感するのだった。

現実と虚構のバランスが崩れる清一郎。

二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店では、向後達也(片岡愛之助)がレンを連れてご飯を食べにきていた。
「あの刈部くんが遊園地だってさ」
と、なんか寂しそうな向後だったが、あいこの姉のルリ子からのメッセージで
「今月13日、あいこの誕生日だから刈部さんに伝えて」と連絡をもらい、2人の幸せを願っていなくもない様子。
だが、次号のネームが描けてない、清一郎のことが向後は心配だった。
そして、そのまま原稿が間に合わず、連載11年目にして、初めての休載。
清一郎は現実を虚構のバランスを失ってしまい、精神的に追い込まれてしまっていた。
仕事部屋に閉じこもり、ご飯も食べず、ずっと眠れないでいる清一郎の姿を見て、あいこもとても気が気ではない。
まともな幸せは人生もダメにする。
自分自身が幸せを感じてしまったら、描けなくなる、という呪いをかけていたという清一郎の姿に、思い違いでなければ、わたしのせいだ、と自分を責めるあいこ。

原稿が間に合わなかったことで、『銀河天使』への風当たりも強くなり、SNSではひどいことを書き込む読者で溢れていた。
もしも、
「もう一度原稿を落とすようなことがあったら、無期限の休載にする」
そう言って清一郎をいつまでも待つ、と言う向後に可憐は、
「あなたはそれでいいかもしれないけど、読者はそんなに待ってはくれない」と言い放つ。

清一郎は、あいこに初めて向後に持ち込んでみてもらった原稿を見せる。
そこにはかつて、弟の純が言っていたことが鮮明に書かれていた。
「5回も告白されたら、もう好きになっちゃうよな」
これを見て、合点がいった。
お葬式のあの日、あいこに
「死ぬ気でレンアイしてみないか」と言ったのも
こうやって繋がっていたからで、
「君が言う、人生の相方っていうのはこういうことではないか」と呪いを掛けていた。
けれど、そんなものには負けはしない、刈部まりあは天才だぞ、と言って清一郎とあいこはハグをするのだった。

あいこの誕生日をどう過ごすかを、清一郎は考えあぐねて、あいこに聞くと、あいこは
「いっしょにいてください」と言う。
そんな中、清一郎はネームを描けず、倒れて救急車で運ばれてしまう。
かなり無理をしていた清一郎の姿を見て、。
向後はあいこに
「休載にします。刈部くんを支えてやってください」とだけ言って、病室を去る。

出て行ってしまったあいこ。

そんな中、可憐はあいこを訪ねてきた。
今逃げたらきっと一生かけなくなる。
あなたが悪いワケではないけど、あなたのせい。
刈部まりあに限ってそんなことはないと思っていたけれど、現実と虚構のバランスを崩してしまった。
まりあ先生を返して。
そう告げるのだった。

漫画を描いている刈部さんが好きだから、漫画を描いてください。

という書き置きを残して朝早くに出ていこうとするあいこ。
そんなあいこをレンが気づき、泣いて止めようとする。
本気だと気づいたレンはリボンで結ばれた画用紙をあいこにわたす。
荷物を大量にかかえたあいこが、その画用紙を開くとレンからのお誕生日のプレゼントの絵だった。
そこには清一郎、あいこ、レンの3人が描かれた、

病院から帰ってきた清一郎はあいこがいないことに気づき、涙しながら原稿用紙に向かい漫画を描く。

最後のワンシーンは…。

おそらく出ていく直前に清一郎の入院先に顔を見に来たあいこ。
愛しそうに顔を見て、
「刈部さんバイバイ」と言ってキスをする。

【次週最終回予告】あいこは見つかるのか?清一郎とあいこの関係は?

漫画を全く描けなくなってしまった清一郎はあいこと付き合いだし、現実と虚構の間に苦悩していた。
食事もろくにとらず、眠ることも拒否して、とうとう過労で倒れてしまい救急車で運ばれてしまう。
可憐に
「あなたが悪いワケではないけれど、あなたのせいだ」と言われ、責任を感じたあいこは刈部家を出ていくことに。
清一郎も失意のどん底からペンを握り、原稿を書き上げる。
ギリギリ入稿も間に合い、2回連続で原稿を落とすことはしなかった。
令和編ラストをかき上げ、向後に正式に休載することを願い出た。
清一郎の行動は?果たしてあいこは見つかるのか?どうなる最終話、お楽しみに!

ドラマ「レンアイ漫画家」第10話 目次

ドラマ「レンアイ漫画家」第11話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第9話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話あらすじネタバレ