ドラマ

【ネタバレ】「レンアイ漫画家」第9話あらすじ・見逃し【キスの後…さらされた漫画家の正体!?】

清一郎とあいこのキスの波紋。

刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)のキスを見ていた早瀬剛(竜星涼)は驚いてしまい、二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店で、向後達也(片岡愛之助)と金條可憐(木南晴夏)に口を滑らしてしまう。
2人がキスしたということで、それも清一郎から、ということに衝撃を隠しきれない。
たまたま来たレン(岩田琉聖)も知ることになる。

レンはいつもの食事の席でぎこちない2人を見て
「お付き合いしているのか」と聞くが、慌ててしまって動揺する。
清一郎はレンに説明するために「付き合う」という言葉を辞書で引き、考えてみるが、どうしたものかわからない。
それでも、あいこに原稿が出来上がったら、食事に行こう、と誘った。
精一杯の清一郎の愛情表現だった。

編集部では、『悲報、刈部まりあはおっさん』と清一郎の画像付きでSNSを拡散され、大炎上していた。
慌てた向後。
可憐と早瀬は刈部家へ行き、あいこにその一部始終を話す。

レンアイ漫画家がおっさんだと大炎上!

向後は編集長と炎上対策の話をしていた。
編集長はこの騒ぎを逆手に取って、みんなの前に出たらいい、とまで言い出す。
そこへ『銀河天使』が日本漫画大賞を獲得したと連絡が入る。
清一郎はそのことを知らず、黙ってエントリーしたことを悔み、賞を辞退するつもりでいたが、編集長にはいい機会だ、と言われて焦る。

SNSで拡散されたことで野次馬が増えて、作品をボロボロにされてしまったことで、落ち込む清一郎は、部屋に閉じこもる。

そんな清一郎に向後は部屋のドアに向かって、向後と清一郎との出会いから今までの思い出話をした。
当時スポーツ紙の担当をしたかった向後は、少女漫画の担当でやけっぱっちになっていた。
清一郎が自作漫画を持ち込んだその時に、その才能に惚れ込み、我慢強く育てあげたのは向後だった。

SNSで刈部まりあの正体をばらしたのは、二階堂の元彼女の伊藤由奈(小西桜子)だった。
由奈は、あいこに嫉妬してやった、と二階堂と共にあいこに頭を下げる。
あいこは、自分が清一郎の邪魔をしていた、と気にしてしまい、落ち込んで一人公園で考え込んでいた。
そこに誰かから電話が掛かってきて…。

清一郎の感謝の言葉。

日本漫画大賞の受賞式で、向後は受賞辞退しようと壇上に上がった時、清一郎が会場に登場する。
マイクの前に立ち
「はじめまして、刈部まりあです」と挨拶をして
全て一人背負う覚悟で描いてきた、けれど一人ではなく、支えてくれた担当編集者と読者に感謝の言葉を述べるのだった。
後から駆けつけていた、あいこもその姿を見て拍手を贈る。

帰り道、清一郎はあいこに自分たちは付き合っているのか、と確認しようとすると、今度はあいこからキスをされる。
「意味はわたしたちでつくりませんか」と言うあいこに清一郎は嬉しそうに笑うのだった。

最後のワンシーンは…。

「読者を信じられるようになるまで待つからさ」と向後にドア越しで言われた時の清一郎。
ダンボールの中から、初めて持ち込み、向後に見てもらった原稿を広げて眺める。
その中に主人公が
「5回目の告白」と言っているくだりを見つけ、あいこ、死んだ弟の純の過去の言葉を重ね、
彼女を描いてたのか。
と、感慨深げに笑う清一郎の姿。

【次週第10話予告】令和版「美女と野獣」ついに佳境へ!

清一郎はあいこと付き合いだし、お流れになっている食事にあいこを誘うが、あいこから提案されたのは遊園地だった。
至福の2人の時間を過ごす。
だが、清一郎は原稿のネームを仕上げられずにいた。
「まっとうな幸せは才能をダメにする」という呪いにとらわれてしまう。
そして、初めて原稿を落としてしまうのだった。
漫画か描けないのはわたしのせいだ、とあいこは責任と感じる。
清一郎、あいこ、思い込みの呪いを乗り越えることができるのか?どうなる第10話、お楽しみに!

ドラマ「レンアイ漫画家」第9話 目次

ドラマ「レンアイ漫画家」第11話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第10話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第2話あらすじネタバレ

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話あらすじネタバレ