国内テレビドラマ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第十話【ハッピーエンドの最終回!】あらすじ・見逃し

潤之介と別れた奈未は潤之介ロスに・・・

潤之介(玉森裕太)に別れを告げた奈未(上白石萌音)は、泣きはらした顔で出社し、編集部のメンバーから、何があったの?と心配されてしまいます。

潤之介への想いを、そう簡単に手放せるはずもなく・・・
仕事場でも、カメラマンが潤之介に見えてしまったり、モデルさんが潤之介に見えてしまうという大変なロス状態になっていました。

編集部では、麻美(高橋メアリージュン)が、編集長となり、MIYAVIを作り上げていましたが、思うようにいかず、麻美は自分が抜けることを決意します。
一方の潤之介は、会社を継ぐ立場として、父・勝之介(宇梶剛士)とともに、会議への出席や、取引先を訪問するなど多忙な日々を過ごしていました。

麻美がいなくなった編集部は、何とか麗子(菜々緒)に戻ってきてもらいたいと思うのですが、麗子の意思は固く・・・

とりあえずの後任として、半田(なだぎ武)が、編集長に。

麗子が編集部に戻ってきた

雑誌MIYAVIの次号で、表紙を飾る予定だったモデルさんの写真が、事前にネットで流出してしまったことで、編集部は大変な状況になっていました。

当初はどうなることかと思ったものの、モデルのhinataは、かえってありがたかったと言い、事態は丸くおさまります。

そして、無事に雑誌が創刊し、奈未は、それを麗子に見せることにしました。
麗子は、最初読むことを拒絶しますが、奈未がどうしても読んで欲しい、編集長に教わったことを全部詰めた自分の記事を見て欲しいと頭を下げます。

麗子は、それを読んで、編集部でもう一度仕事をしようと決意するのです。

翌朝、MIYAVIは、麗子を編集長として、再スタートを切ることになりました。

奈未と潤之介がデート

潤之介は、理緒の手術が無事終わり、退院に立ち会っていました。
理緒は、自分はもうプロ活動はできないけれど、潤之介には諦めないで欲しいという気持ちを伝えていました。

そこに、一太(亜生)から電話がかかってきます。
電話に出ると、なんとそれは奈未でした。

奈未は、潤之介に「明日1日彼氏になってください。フリでいいから」とお願いします。
潤之介は、OKしました。

奈未が、潤之介をデートに誘ったのは、二人で行きたい場所があったからでした。
潤之介とのデートを楽しんだ後、最後に向かったのはレンタル倉庫でした。

一体何が・・・?

レンタル倉庫をあけると、一太が捨てることができなかった潤之介の写真が大量に置かれていたのです。

一太は、潤之介にカメラマンの夢を捨てないで欲しいという想いから、奈未に見せてもらうようにお願いしていたのでした。

潤之介は、奈未からの後押しで、気持ちが固まります。
実家に帰り、父に会社を継ぐことはできないと伝えました。

そこへ、麗子も帰ってきて、潤之介の夢を応援してほしいと、父に頼みます。
父は、二人の気持ちを受け止めたのでした。

潤之介がカンボジアへ?!

潤之介が、会社を継ぐことを辞めたと知らない奈未は、麗子から潤之介が、カンボジアへ立つと聞かされ、大慌てします。
慌てて空港へ向かおうとすると、編集部に潤之介があらわれて・・・・
奈未に、待っていてほしいと告白。

奈未の答えはもちろんYES。

そして3年後。
奈未は、MIYAVIから、麗子が新しく雑誌を作っている会社に転職します。

潤之介は、相変わらずカンボジアで忙しいのか、連絡がない・・・

どうなっているの?と思う奈未。

実は、潤之介はサプライズで東京に戻ってきていたのです。
ふたりが出会ったベンチに、奈未が座ろうとしていると・・・

そこに潤之介の姿が!
驚く奈未に、潤之介が「ただいま」と言い、ハッピーエンド。

最後は、素敵な結末になって良かったです!
個人的には、中沢(間宮祥太朗)と遥(久保田紗友)がいい感じになりかけていたので、二人のその後も見たかったですね~
宇賀神(ユースケ・サンタマリア)は、麗子を支えるということで、うまくいきそうな雰囲気でしたよね。

恋に仕事に頑張る奈未ちゃんが、素敵でした!

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」まとめ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」目次へ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第九話あらすじへ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第一話あらすじへ