国内テレビドラマ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第九話【プロポーズをOKした奈未だが】あらすじ・見逃し

潤之介のプロポーズにOKした奈未

潤之介(玉森裕太)からプロポーズされた奈未(上白石萌音)は、舞い上がってすぐに「はい」と返事しました。

嬉しくて気分が舞い上がっている奈未ですが、その一方で奈未は仕事を辞めることができるのかな~と潤之介(玉森裕太)は気にかけます。

MIYAVIが存続されると編集部全員で喜んでいたのも束の間、麗子(菜々緒)の代わりに、編集長として麻美(高橋メアリージュン)がやってきたのです。

麻美は、これまでのMIYAVIとは内容を大きく変えると、編集部全員に告げます。
しかし、それではMIYAVIじゃない!と感じた奈美は、麗子を呼び戻そうと編集部全員で
動き出します。

潤之介の家族とお食事会

編集部全員で、麗子を呼び戻そうと、あれこれ策を立てるモノの、思うようにいきません。
そして、麗子は戻るつもりはない!の一点張りでした。

そんな中、潤之介から、食事会を開こうと提案されます。
潤之介の父と母が、東京に出てくるというのです。

奈未は、嬉しい反面、自分が仕事を辞めることができないと感じていたので複雑な心境でした。
食事会の前に、潤之介の母・香織が奈未に会いに来ました。

そこで奈未は、麗子と麗子の父・勝之介の関係がこじれてしまっているという話を聞きます。
奈未は、麗子と勝之介が仲直りできるように、食事会に来て欲しいと誘うのですが・・・

当日、麗子の姿はありませんでした。
しかし、奈未は勝之介に、麗子がどんなにすばらしい編集長なのか伝えます。
勝之介は、自分が麗子に言い過ぎていたということに気が付きました。

その時、麗子が食事会の席にあらわれ、二人は仲直りできたのです。

麗子からの一言で自分の夢に気が付く奈未

麗子と勝之介が無事に仲直りでき、奈未はほっとしていました。
あとは麗子が編集部に戻ってきてくれれば・・・

という気持ちで、麗子にもう一度「戻ってきてほしい」と告げるのですが、麗子は、
奈未を編集部に残した理由を明かしました。

そこで、奈未は自分の夢を諦めたくないという気持ちがより強くなっていきます。
偶然その会話を聞いてしまった潤之介・・・

奈未に婚約指輪を渡しますが、奈未の本当の気持ちを知りたくて、「不安なことがあったら言ってね」と言います。

しかし奈未は、「大丈夫」と答えただけでした。

潤之介のプロポーズを断る奈未

奈未は、理央(倉科カナ)に呼ばれて、ふたりで会っていました。
自分の手術に、潤之介を付き添わせるのをOKしてくれた奈未にお礼をしたかったのです。
奈未が仕事と結婚のことで悩んでいるという話を聞いて、やりたいことに蓋をしてしまうと、潤之介は余計傷つくのではないかと助言します。

それを聞いた奈未は、潤之介のことは大好きだけど、やっぱり結婚はできないと決意。
潤之介に、指輪を返し、プロポーズを断ってしまったのでした。

潤之介は、奈美ちゃんが笑ってくれているのが一番だと、奈未の夢を応援するため、受け入れます。

帰り道、潤之介との思い出を振り返り、涙が止まらない奈未。
本当にこれで良かったのでしょうか・・・

ラブラブだった二人ですが、夢を諦めたくない奈未は、プロポーズを断ってしまいました。断らなくても良かったのでは?と思ってしまいましたね。
他に方法はなかったのでしょうか・・・・

しかも、奈未が潤之介と別れて泣いているタイミングで、中沢(間宮祥太朗)が、あらわれるというなんというタイミングの良さ・・・

「お前が泣いているような気がして・・・」と奈未に告げて、えっ!次回このふたりはどうなるの?!という展開でした。

潤之介ともう一度よりを戻してほしいです!

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第九話続き

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第十話あらすじへ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第八話あらすじへ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」目次へ