国内テレビドラマ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第八話【潤之介がプロポーズ】あらすじ・見逃し

恋も仕事も絶好調の奈未

潤之介と仲直りした奈未(上白石萌音)は、潤之介(玉森裕太)とラブラブな同棲生活を送っていました。

仕事では、雑「誌MIYAVI」の廃刊危機を乗り越えるべく、編集部一丸となって、COACHとISOBEとコラボした化粧水発売のプロジェクトが進んでいきます。
奈未は、特集記事で磯部(近藤芳正)の紹介記事の執筆を任されることになり、自分の原稿が載ることにワクワク・・・
潤之介も応援してくれます。

一方の潤之介は、カメラマンを辞める決意をしていました。
実家に戻り、「宝来グループを継ぐ」と母の香織(高橋ひとみ)に告げます。
すると、香織は付き合っている子を一度家に連れてきなさいと言いました。
潤之介は、奈未にその話をしようとするのですが、なかなかタイミングがつかめず・・・

麗子がパワハラ!?雑誌の企画がストップに

ある日、「MIYAVI」編集部に週刊誌のゲラが送られてきます。
なんとそこには、麗子(菜々緒)と奈未の写真が・・・
麗子がパワハラをしていると書かれていたのです!

この記事が出てしまったら、今進んでいるコラボ企画がダメになるかもしれない・・・
麗子は慌てて副社長の宇賀神(ユースケ・サンタマリア)とともに磯部へ謝罪に向かいますが、納得してもらえるはずがなく・・・

コラボ企画が一時中断となっていまいました。

麗子らが説得できなかったものの、なんとしてもこのコラボ企画を成功させたい奈未は、パワハラ報道は嘘ではないけど、ホントではないということを伝えるために、副編集長の半田(なだぎ武)とともに磯部に謝罪に向かったのでした。

そこに、麗子があらわれます。
実は、これは奈未の作戦でした。
ここで、麗子と奈未の言い合いを、あえて磯部に見せつけることで、週刊誌の内容はホントではないと知ってもらおうとしたのです。
奈未の作戦はうまくいき、何とかコラボ企画が再始動となりました。

「MIYAVI」無事出版されるものの・・・

雑誌「MIYAVI」は、何とか出版され、コラボ化粧水も大注目で、売れ行きがどんどん伸びていきます。
しかし、「MIYAVI」の廃刊は決定してしまったのでした・・・
さらに麗子のパワハラ報道を週刊誌も発売されてしまい・・・

ある日、麗子はライバル出版社の編集長麻美と会食をすることになりました。
会食で、「MIYAVI」の存続が決まったと知らされます。
コラボ企画が予想以上の反響を呼んだため、廃刊にすることができないと決まったのです。
しかし、麗子が編集長から外れることが条件として挙げられたのでした。

彼氏ができたらやりたいことを叶える潤之介

奈未に、実家に来て欲しいとなかなか言えずにいる潤之介は、奈未の部屋でみつけた「彼氏ができたらやりたい10のこと」をひとつずつ実行し、奈未の願いを叶えていきます。
そんなこととは知らない奈未は、突然潤之介の様子が変わって、ちょっと驚きながらも、二人の時間を楽しんでいました。

そして、遊園地デートで、潤之介が奈未のメモを持っていたことを偶然知って驚きます。
奈未は、願いを叶えようとしてくれている潤之介の姿に、キュンとしてしまい、何も言わずに過ごすことに。

日が落ちて、貸切されたスケートリンクで、潤之介は奈未にプロポーズします。
「俺の奥さんになって」と。
プロポーズに満面の笑みを浮かべた奈未だったのですが・・・

「MIYAVI」の廃刊危機は何とか解消されて、編集部みんなでまた仕事ができるのかと思いきや、麗子はいなくなってしまいそうな予感がします。
麗子はどこに行くつもりなのでしょうか。
宇賀神も麗子を引き留めたいと動き出したのですが、間に合わなかったようで・・・二人の関係も気になるところです。

さらに、プロポーズを受けた奈未も、嬉しそうな表情の後、少し悲しそうな表情をしたシーンで終わってしまったのがとても気になった第8話でした。

奈未がプロポーズを受けた場合、金沢に行く=編集部を辞めるということになりますね。
恋か仕事か・・・・究極の決断が次回に待っていそうな予感です。

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第八話続き

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第九話あらすじへ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第七話あらすじへ

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」目次へ