ドラマ

【ネタバレ】「着飾る恋には理由があって」第8話あらすじ・見逃し【好きのその先にあるものは】

少しずつ好きが育ってきたものの

el Arco Irisの広報所属の真柴くるみ(川口春奈)はSNS担当で、おしゃれな生活を盛って発信していた。
それは全て学生時代から憧れだった社長・葉山祥吾(向井理)を助けたい一心から。
しかし、葉山は突如、社長を辞任して失踪してしまう。
SNS発信も止められて、くるみは目的を失って、喪失感を抱えるように……

傷心のくるみを支えたのはシェアハウスの同居人・藤野駿(横浜流星)だった。
駿はかつてマスコミにも話題になった料理人になったが、店の運営に挫折し、今はフードトラックをしている。
駿の生き方に感化される共に、だんだん恋愛対象として惹かれていくくるみ。

ところが、葉山が帰国して流れが変わってしまう。
葉山は新しいビジネスを実現しようとしていた。
駿の方も元カノの福本葉菜(山本千尋)が現れ、駿が戻ったときのために店を継続していたことが分かった。

古巣へ戻って……

くるみと駿の仲を知ったシェアハウスオーナー-早乙女香子(夏川結衣)は2人が仲を深まるように、知人の那須塩原のレストランへ行き、宿泊するように手配してくれた。
一方、羽瀬彩夏(中村アン)と寺井陽人(丸山隆平)はお互いに好きなことを認めて、正式につきあうことになった。
駿は葉菜にレストランを切り盛りする父が入院する2ヶ月間、助っ人で店を手伝ってくれないかと頼まれる。
駿は以前の店を黙って逃げ出して、消息を絶っていた。

久しぶりに会った葉菜の父は、駿の顔を見るなり「帰れ!」と怒鳴った。
葉山は駿にくるみを任せたと言うが、もし任せられないようだったら、遠慮せずにくるみを自分のものにすると宣言する。

駿は葉菜に頼まれて悩んでいる件をくるみに打ち明けた。
くるみは後悔することを捨てたらと、駿が過去に残してきた失敗を克服するように勧める後押しした。
葉山は会社に顔を出して、社員達に感謝と別れの挨拶をした。
駿は葉菜の父から、1週間で店の25種類のメニューを覚えられるか試された。
葉山は新事業のための資金集めが難航していた。
くるみは出資先企業の経営者がSNSで相互フォロ-をしていることが分かり、自転車でその企業に向かった。
経営者は葉山の理念に共感して、好感触だ。

駿の挑戦! でもすれ違い

テストに合格するためスマホを持ち歩かない駿とすれ違い生活が続きやきもきするくるみ。
店は順調にスタートしたが、料理となると熱中する駿はくるみを構っている余裕はない。
那須塩原のレストランへ行く約束があったが、その日は大事なお客さんの誕生日だった。
お客さんに満足してもらって、再び料理人としての自信を取り戻しつつある駿。
しかし、気がついたらくるみとの約束の時間は過ぎていた。

シェアハウスに戻ってもスマホの電源が入ってないので連絡もつかない。
1人で向かうくるみを追いかける駿だったが、そこには葉山の姿が……

またも駿の悪いクセが……

追いかければ間に合う時間だったが、2人の仲睦まじい姿を見て、またも尻込みしてしまう。
一方、くるみは投稿したバッグのデザイナーに盗作騒動が起こり、盗作に加担したとして、くるみにもアンチコメントが殺到する事態に……

「着飾る恋には理由があって」第8話 目次

「着飾る恋には理由があって」第10話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第9話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第7話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第6話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第5話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第4話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第3話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第2話あらすじネタバレ

「着飾る恋には理由があって」第1話あらすじネタバレ