ドラマ

ドラマ「監察医朝顔2」第11話あらすじ・ネタバレ【トンネル崩落!巻き込まれた桑原の運命は!?】

『監察医朝顔2』第11話あらすじ・ネタバレ

父・平(時任三郎)の物わすれを心配する朝顔(上野樹里)。
そんな中、夫・桑原(風間俊介)が勤務する交番近くのトンネルで崩落事故が発生する。

高橋の濃い模様

法医学教室には今日も、パンの訪問販売『ホワイトベーカリー』がやってきていました。
売れ残ったパンを照れながら買い取る高橋(中尾明慶)。
愛菜(矢作穂香)と相変わらず仲が良さそうだ。

今度の休みに2人で食事に行く約束もしていて、とても嬉しそうです。

物わすれを自覚しはじめる平

平は今日も美幸の店、『仙ノ浦食堂』に顔を出していました。

最近、物わすれが多い気がすると相談する平に対し美幸は、年齢のせいだと励まします。

ボケてしまったら私が面倒みてあげようかと言う美幸。
その代わり、私がボケたときはお願いしますねと続けた。

薬物中毒の遺体

法医学教室に薬物の過剰摂取で亡くなった遺体が運ばれてきました。

他の大学でも同様に、若者が薬物中毒で亡くなっているケースがあり、
若者たちの間で薬物が流行っているようでした。

悪化する物わすれ

入院している朝顔の祖父・浩之(柄本明)が転院することになりました。
翌日、朝顔はつぐみと共に転院先の浩之の病院に行くことに。

朝顔たちを駅まで迎えに来てくれていた平は、2人を乗せて病院へ向かいました。
しかし着いた病院は、浩之の転院前の病院でした。

それだけでなく、転院先の病院でも面会時間の予約も間違えていた平。
さすがに朝顔も心配が募ります。

平に病院に行くよう勧める

平は朝顔に帰りの新幹線の時間を聞きますが、その質問も3回目でした。
朝顔はもうすぐ自分の健康診断もある事を理由に、平も一緒に診てもらおうと切り出します。

自覚はあるが認めたくない気持ちから平は、もういいと怒ってしまいました。

美幸の想い

次の日、朝顔は美幸の食堂を訪れました。

昨日ここで朝顔たちと食事をしたときも、キーケースを忘れていた平。
忘れものは初めてだったのかと美幸に聞きます。

「だったらどうするの?朝顔さんの心配が本当だったとしたら」

私がいるから大丈夫と言う美幸。
美幸が平に対して特別な想いを抱いていることに、朝顔も気づいたようです。

トンネル崩落事故発生

長野県でトンネル崩落事故が発生し、休みだった朝顔も急遽呼び出されます。

つぐみの面倒をみるため、桑原の姉・忍(ともさかりえ)が朝顔の家に来てくれました。

仕事に向かう準備をする朝顔に、ママ大変だから行っちゃダメと止めるつぐみ。
そんなつぐみに大丈夫と伝えるも、納得していない様子です。

現場の諏訪市は朝顔の夫・桑原が勤務している場所でもありました。
朝顔は無事を確認するため桑原に電話をかけますが繋がりません。

桑原を心配しながら遺体安置所の準備を進める朝顔の元に、桑原と同じ交番で働く巡査がやってきました。
そこで朝顔はトンネルに巡回に行った桑原が帰ってこない事を知らされます。

遺体安置所は不謹慎

準備が進む中、外が騒がしくなっていることに気づいた朝顔。
外にはトンネル崩落に巻き込まれた人の家族が押し寄せていました。

遺体安置所を作るなんて不謹慎だと怒る家族たち。
誰も亡くなっていないことを祈りながら、それでもここを準備しないといけないと訴える朝顔。

大切な人の無事を願う気持ちは、朝顔も同じでした。

一難去ってまた一難

崩落に巻き込まれた桑原は病院で手当を受けていました。
ようやく連絡がとれ、桑原の無事が確認できた朝顔。

桑原も現場に戻って朝顔たちと合流します

救助活動が続く中、朝顔のスマホに忍から電話がかかってきました。
つぐみが、少し目を離した間にいなくなってしまったと言うのです。

一体、つぐみはどこに行ってしまったのでしょう。

ドラマ「監察医朝顔2」第11話 まとめ

桑原くんの無事が分かって安心していたら、今度はつぐみが居なくなってしまいましたね。

仕事が忙しい朝顔のことを心配していたつぐみ。
どうして突然いなくなってしまったのでしょう。

つぐみの行方が気になりますね。

ドラマ「監察医朝顔2」目次

ドラマ「監察医朝顔2」第12話あらすじ

ドラマ「監察医朝顔2」第10話あらすじ

ドラマ「監察医朝顔2」シリーズ総集編