ドラマ

ドラマ「監察医朝顔2」第12話あらすじ・見逃し!【桑原の理想の旦那過ぎる姿に胸キュン】

ママのために

つぐみがいなくなったという連絡を受け、朝顔(上野樹里)と桑原(風間俊介)は家に急いで帰りました。

自宅にいた桑原の姉・忍(ともさかりえ)と合流し、つぐみを探すことに。

時間が経つに連れ、もしかしたら事件に巻き込まれのではないかと、悪いことばかりが頭をよぎってしまう朝顔。

つぐみは、自宅から離れた無人駅の近くで無事に保護されました。

パトカーで自宅に送り届けられるつぐみ。
朝顔と桑原は、泣きながら走ってくるつぐみを強く抱きしめます。

桑原がつぐみを座らせて、怒りました。
勝手に1人で外に出ないと約束していたのにも関わらず、それを破ったつぐみ。

つぐみは祖父の家に向かおうとしていたようでした。
鞄の中には、つぐみの手作り切符が入っていたのでした。

理由を聞くと、「ママはいつも大変で、つぐみのせいで泣いてるから」と答えるつぐみ。
どうやら朝顔のことを心配しての家出だった様子。

桑原はつぐみにもう一度、『ひとりで外に出ない』と約束をさせました。

悩みを告白

朝顔は桑原に、今抱えている全てを打ち明けることにしました。
平の物忘れが多く検査を勧めたが、怒られてしまったこと。
仕事がいつも遅くなり、つぐみが保育園で待たせることが多くなっていること。

祖父・浩之(柄本明)が里子(石田ひかり)のものと思われる歯を鑑定して欲しいと頼まれたこと。

を話します。

いろいろ抱えさせ過ぎたと感じた桑原は、こちらに戻ってくると言いますが、負担をかけたくないと断る朝顔。

「朝顔と毎日笑って過ごすためだけに結婚したわけじゃないよ。
あなたが辛いときとか、大変なときとか、 そういうときに側にいるために、結婚したんだよ」

朝顔の気持ちをまっすぐに受け止める桑原。
張り詰めていた朝顔の顔にも、ようやく笑顔が戻ってきました。

薬物遺体

朝顔は、階段から転落した女性、松野紗英の解剖を行いました。
どうやら薬物により意識を失って階段から落ちたようです。

紗英からは、先日解剖をおこなった木嶋和樹と同じ成分の薬物が見つかりました。

木嶋の元交際相手は、高橋(中尾明慶)が好意を持っている『ホワイトベーカリー』の北村愛菜(矢作穂香)だったのです。

薬物遺体の関係者

高橋は刑事から、薬物で亡くなった木嶋の元交際相手が愛菜だと知らされます。

デートで借りたマフラーから髪の毛を採取し、高橋は内緒で薬物検査を行います。
違っていて欲しいと願う高橋の想いもむなしく、『陽性』の診断結果が出てしまいます。

犯罪者になった娘

法医学教室に松野紗英の両親がやって来ました。
父は犯罪者になった娘に会う気はないと怒りますが、母はどんな姿でも我が子だからと会うことを望みます。

薬物の影響で体中傷だらけの我が子をみて、母親は憔悴します。

何とか薬物を使用する前の姿に戻せないかと考える朝顔たち。
エンバーマーでもよほど腕の良い人でなければ無理だと悩みます。

そんな中、光子(志田未来)は夏目茶子先生(山口智子)を密かに呼び戻していました。
両親から紗英の遺体を引き取りたいという希望があり、準備をはじめようとする藤堂(板尾創路)たち。

しかし何故かそれを止め、もう少し待って欲しいと頼みます。
「私の出番ですかね」
そう言って現れたのは、元・主任教授の夏目茶子(山口智子)でした。

「監察医朝顔2」第12話 まとめ

つぐみが無事に見つかって本当に良かったです。
勝手にいなくなったつぐみを、きちんと叱る桑原くんも素晴らしいパパでした。

朝顔にもしっかりと寄り添って、ほんと理想の旦那さんですね。

法医学教室に久しぶりに登場した茶子先生。
次回もどんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

ドラマ「監察医朝顔」目次

ドラマ「監察医朝顔」第13話あらすじ

ドラマ「監察医朝顔」第11話あらすじ

ドラマ「監察医朝顔」シリーズ総集編