ドラマ

ドラマ「にじいろカルテ」第2話あらすじ・ネタバレ!【真空の誤診、朔先生の愛の叱り】

ドラマ「にじいろカルテ」第2話 あらすじ・ネタバレ

病気を告白し、村人たちにも受け入れられた真空(まそら)。
虹ノ村で医師としての新しい生活が始まりました。

医師としての再スタート

紅野真空(高畑充希)は、看護師の蒼山太陽(北村匠海)と役場の職員、緑川嵐(水野美紀)と一緒に村を往診のため回っていました。

往診先で元小学校の教師である桃井佐和子(永野久美)に出会います。

高齢ながら最近スマホを買ったと嬉しそうに話す佐和子。
しかし、話す相手がいないと困っていました。
そんな佐和子に私で良ければいつでもかけてくださいと、真空は連絡先を交換する。

1日に何度もかかってくるよと心配する嵐と太陽。さっそく佐和子からの着信が。
何でもない電話に嬉しそうに答える真空。
2人の心配をよそに真空は佐和子との会話を楽しんでいました。

『くせに』は禁止

体調が悪く、いつもより遅く起きた真空。
リビングに向かうと、朔と太陽がちょうど朝ご飯を作っていました。

相変わらず言い合いをしている朔と太陽。
そんな横で真空も野菜を切り始めました。

しかし、その手元を見た朔が大慌てで止めに入ります。
真空の切った野菜は、見るもかわいそう姿にされていました。
料理が壊滅的に下手だった真空。

朔は思わず「おまえそれでも・・・」と言いかけますが真空に止められます。

「それでも女かよ」や「女のくせに」と言わないで欲しいと静かに怒り、木の棒を持って2人に歩み寄りました。

どうやら「○○のくせに」と言われるのが大嫌いな様子。

真空の主張に太陽も大きく賛同。
「看護師のくせに男かよ」と言われ続けてきたため、真空の気持ちが痛いほど分かりました。

佐和子との約束

昼食中スマホを確認すると、佐和子からの不在着信が入っていました。
真空はすぐにかけ直しましたが、電話に出ません。

念のため、朔と共に佐和子の家に向かうことにしました。
自宅に着くと畑で作業する佐和子の姿があり、何ごともなくほっとする真空たち。

佐和子に、留守番電話に何でも良いからメッセージを残すようにと約束しました。

誤診で急変

真空が来てから、診療所は毎日大忙しでした。
そんな診療所に“じじーず”の1人、筑紫次郎(半海一晃)がやって来ます。

最近、風邪のような症状が続いているという次郎。
診察を終えた真空は風邪と診断し、薬を出して数日様子を見ることに。

夕方、畑仕事を終えた次郎が再びやってきました。
様子がおかしく太陽がそっと近寄り肩を支えます。
話していた次郎は急に咳き込みだして倒れてしまったのです。

糖尿病の次郎は心筋梗塞を起こしていました。
内科医なら気づけて当然のはずだったのにと、真空は責任を感じて謝ります。

「何で自分で全部言うんだよ!可愛くないぞ!ちゃんと怒られろ」

人が言う前に何でも謝る真空に、朔がはじめて怒りました。

やさしい留守電

病院に搬送して手術を終え、一命を取り留めた次郎。
真空のスマホに佐和子からの留守番電話が入っていました。

佐和子は、歌を歌って留守番電話に残していたのです。
張り詰めていた感情がほどけ、真空の目からは涙が溢れ出しました。

ドラマ「にじいろカルテ」第2話 まとめ

村人たちに必要とされて頑張りすぎる真空先生。
そんな真空先生の側に、愛をもって叱ってくれる仲間がいるのは、とてもうらやましいです。

にじいろカルテは、誰かを大切に想う感情がとても丁寧に描かれています。
見終わったあと、身近な人をもっと大切にしたくなってきますね。

ドラマ「にじいろカルテ」第2話あらすじ 続き

ドラマ「にじいろカルテ」第9話最終話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第8話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第7話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第6話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第5話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第4話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第3話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」第1話あらすじネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」シリーズあらすじネタバレ