ドラマ

【ネタバレ】「緊急取調室」第1話あらすじ・見逃し【キントリ再集結】

ハイジャック発生

捜査一課 緊急事案対応取調班【通称:キントリ】の真壁有希子(天海祐希)は北海道警察に講師として招かれた。
出発前に梶山勝利管理官(田中哲司)に俺たちの今後について考えようと意味深な事を言われるが……
新千歳空港の検査場で持病の薬の処方箋が見つからず困惑している年配の女性(桃井かおり)を助ける。
しかし、女性は毒薬を使ってハイジャックを行おうとしていた。
真壁はいち早く女性の異変を感じ取り、キントリのメンバーに連絡する。
大國塔子はかつて日本中を震え上がらせた革命運動家だった。
大國は飛行機に同乗している大臣・国土交通副大臣・宮越(大谷亮平)に波島パーク疑惑の釈明を求めた。
しかし宮越はこれを拒否。
宮越の秘書東(今井朋彦)が毒を打たれる覚悟で大國に捨て身の体当たりをして倒れる。
居合わせた警乗警察官・山上善春(工藤阿須加)が大國に発砲して逮捕された。
東は死亡。大國が用意した爆弾には発火装置がついていないのに、なぜか爆破事故は発生した。
 

真壁が取調に?

あとになって、真壁が大國のテロリストを見破ることができず、事件を誘発した罪で公安が取調を受けることに……
取調の中で真壁は山上の暴走を制止するために、胸ぐらを掴んだ。
それは公安の思うつぼだった。公務員妨害法に抵触した。
しかし、肝心のキントリの仲間達にも爆弾がニセモノであることが信じてもらえない。
大國の訴えは不問にされて、東の死もマスコミによって美談で処理された。
真壁は山上に元へ行き、爆弾の真偽を問うが、山上は公安の意見と同じだった。
なんと山上はかつてのキントリの仲間善さん(大杉漣)の息子だった。
離婚した母の姓を名乗っていたので分からなかった。
梶山は今度ばかりは、政治が絡んでいるので、意地を張るなと言ったが……
居酒屋しんじに、捜査一課のモツナベコンビ監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)が大國の共犯者の情報を持ってきた。
真壁は菱本進(でんでん)、小石川春夫(小日向文世)にハイジャックの裏を突き止めようともちかける。
しかし、キントリは9月で解散が決まっていた。
真壁は特殊捜査班、梶山はサッチョウの課長、菱本は運転試験場の検査官、小石川は警察学校の講師が決まっている。
どうせ解散するなら真壁は安定の地位よりも、キントリらしく正義を貫こうと言う。

秘書の死の真相

梶山は大國の取調を1時間だけ許されるが、刑事部部長は交換条件に北斗偉(池田成志)真壁の辞表を要求した。
北斗の真壁への悪口雑言を梶山はしっかりボイスレコーダーに収めていた。
葬儀のときに、東の息子が「死ね!」と言っていたことを聞きつけ、自宅に窺った。
妻は疑惑を葬り去るために、死ねと指示されたことを知っていた。
宮越は自分の疑惑を隠蔽するために東を利用し、切り捨てたのだ。
東は宮越の不正の記録を残したハイジャックのときにパソコンを持っていた。
公安が探しているのも、宮越の残したパソコンのようだ。
大國には共犯者に小暮しのぶがいたが、大國は小暮になりすまして50年間潜伏していた。
国ぐるみの隠蔽工作の証拠を知っている真壁は口封じのために抹殺される可能性がある。

ドラマ「緊急取調室」第1話あらすじ 目次

ドラマ「緊急取調室」第8話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「緊急取調室」第7話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「緊急取調室」第6話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「緊急取調室」第5話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「緊急取調室」第4話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「緊急取調室」第3話あらすじ(ネタバレ)

ドラマ「緊急取調室」第2話あらすじ(ネタバレ)