ドラマ ミステリー 国内テレビドラマ

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第1話から最終話あらすじ紹介(ネタバレ・見逃し)毎週更新

目次

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第1話あらすじ・見逃し【羽男と石子、凸凹コンビ結成!】

羽男と石子

石子(有村架純)は父が営む「潮法律事務所」でパラリーガルとして働いている。
そんなある日、父が体調を崩し、そんな父の代わりの弁護士として潮法律事務所にやって来たのは羽男(中村倫也)。
初めて羽男と対面した石子は型破りなドラマのような弁護士に憧れキザに振る舞う羽男に引いてしまう。
「そんな振る舞いだと依頼者が減るので、今すぐに辞めてください!」
石子と羽男は早速言い争いになるのだった。
そんななか、潮法律事務所に依頼人がやって来る。
依頼者は会社員・大庭(赤楚衛二)で、彼はほぼ毎日通っているカフェでスマホを充電していたことで電気代など100万円払え!と訴えられたのだとか。

調査開始!

その後、この件を調べるためカフェを訪れた石子と羽男。
しかし店長は引き下がらず、羽男は早々に諦めモードに入り、石子は一人でこの件について調べることにするのだった。
翌日、この件で依頼人が勝てるよう資料を集めた石子は再び羽男と共にカフェを訪ねる。
そしてカフェの店長が資金繰りに困り家賃を滞納していたこと、それを解消するために店長は大庭に100万円を請求したことを知ると羽男と石子は「家賃の不払いについて自分達が間に入り円滑に解決に進むようお手伝いします」と提案。
すると店長はそれに応じ、大庭への訴えを取り下げることに決めるのだった。

本当の依頼

無事にこの件が解決しひと安心するなか、羽男は大庭に「あなた、隠し事をしてますよね?」と突然問い詰める。
すると大庭が依頼してきた本当の理由が判明する。
実は大庭はカフェの向かいにある車屋で働いていたがそこで支店長からパワハラを受け職場いじめに遭うように。
その状況を見かねた同期・沢村が助けてくれるも、支店長は沢村に対してもいじめを行うようになった。
大庭はそのことを本社に告発するも、本社は真面目に取り合ってくれずこの件は解決しなかった。
そして大庭は告発を理由に今の職場である整備工場に異動させられ、上司の職場いじめの実態を映像に残すべく、車屋の向かいにあるカフェに毎日通い、車屋に向かいスマホのカメラを向けていたのだ。
「沢村は今でも支店長からいじめられてるんです。あいつを助けてあげてください!」
それを聞いた羽男と石子はこの件を解決すべく調査を始めるのだった。

改めて調査開始!

調査を始めた羽男と石子。
すると大庭の同僚からある情報を得る。
それは沢村にパワハラしていたのは支店長ではなく大庭で、大庭はそれが理由で整備工場に左遷されたというのだ。
それを聞いた羽男と石子はこの件の真相を暴くべくさらに調査を進めるのだった。
その後、石子は父と話していた。
そこで石子は羽男が見たものを瞬時に記憶できる能力があること、しかしその反面、予想外のことが起こると対応できなくなってしまうという欠点もあることを知るのだった。

真相が明らかに!

その後、今回の件の真相が明らかになる。
実は沢村は支店長からいじめをやめることを条件に大庭が職場いじめの犯人になるよう証拠の捏造を強要されていたことが判明。
さらに沢村は支店長からのいじめ、そして支店長からの証拠捏造を強要された際の会話をボイスレコーダーに録音していてそれが証拠となり支店長を告発することに成功。
そして大庭はアルバイトとして潮法律事務所で働くこととなるのだった。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第1話あらすじ・第2話見どころ【訳アリ親子のトラブルに挑む!】

父が営む潮法律事務所でパラリーガル・石子。
ある日、父が体調を崩し、代わりにやって来た弁護士・羽男とコンビを組むことに。
そして依頼人・大庭の依頼の調査を行うも、大庭の真の依頼が明らかになり、石子と羽男はその依頼を解決することに成功。
その後、大庭はアルバイトとして潮法律事務所で働くこととなるのだった。

次回の依頼人はある親子。
その依頼は息子がスマホゲームに課金してしまい運営会社から高額請求されているという内容だった。
その依頼を受けた石子と羽男はゲーム運営会社を訪ね顧問弁護士と対面。
するとその顧問弁護士が羽男の元同僚だと判明し…。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第2話あらすじ・見逃し【スマホゲーム課金の裏に密む親子の本音】

ゲーム課金についての依頼

石子(有村架純)と羽男(中村倫也)はショッピングモールで無料法律相談を行なっていた。
するとそこに息子を持つ母・瑛子(木村佳乃)がある依頼をして来る。
それは息子・孝多がスマホゲームに課金してしまい、瑛子はゲームの運営会社に返金を要求しても拒否されたというもの。
その額、なんと198700円。
その依頼を聞いた石子と羽男は民法的に返金可能ということでこの依頼を引き受けることにした。

毒親疑惑

その後、運営会社の顧問弁護士の元を訪ねた石子と羽男。
するとその弁護士は羽男が前に働いていた弁護士事務所の弁護士だと判明。
さらにその弁護士は「課金の際には必ず年齢認証もしているし、返金はできない」の一点張りで苦戦を強いられるのだった。
その後、再度調べを進めるため依頼人宅に向かった石子と羽男。
するとそこでの瑛子と息子・孝多の様子から「依頼人親子の関係性に問題があるのでは…?」という疑念と「瑛子が毒親なのでは…?」という疑惑が浮上するのだった。
そんななか、さらに調べを進める石子と羽男。
すると課金した孝多について、課金額の割にゲームへのログイン記録が少ないことが判明。
詳しく話を聞くべく、石子と羽男は塾終わりの孝多を直撃し話を聞く。
すると孝多は中学受験を辞めるためにわざと課金したと白状した。
そして孝多は「このことは母には自分で話す」言い、その日は帰宅した。

新たな事件発生

数日後、瑛子から再び高額課金の請求が来だときう知らせを受ける石子と羽男。
さらにそれは孝多によるものではないことが判明し、アカウント乗っ取りの可能性が高いとして警察に捜査してもらうことになった。
その後、石子は瑛子の毒親疑惑ついて調べる。
すると瑛子は生活のためにダブルワークするなど全く毒親ではないことが判明した。
そんななか、羽男はアカウント乗っ取り犯を特定し、連絡を取ることに成功。
乗っ取り犯は孝多の塾の友達だった。
しかし彼は何者かに塾の模試のカンニングのことで脅され、孝多のアカウントとは知らずにログインして脅してきた人物の言う通りにしただけだった。
「乗っ取りを指示した犯人は塾にいる」
そう推理した石子と羽男は調べを進める。
そしてその結果、アカウント乗っ取りを指示した犯人が女性塾講師だと判明。
彼女には家庭の事情で大学に行けなかったという学力コンプレックスがあり、家庭環境に恵まれ受験する塾の生徒たちへの妬みから犯行に及んだのだった。
そして塾講師は警察に逮捕された。

孝多の本音

その後、アプリゲームの年齢認証「不備があったことが判明し、課金分を返金できる目処がつく。
そのことを瑛子に報告するも、瑛子から「この件で返金を求めないことにしました」と驚きの言葉が。
瑛子は最初の課金について孝多がわざとしたということを知り、自分たち親子の関係性の問題からこのような事態を招いたのだから、自分たちでその責任を負おうと考えこの決断をしたのだ。
すると孝多は自らの気持ちを話し始める。
実は本音では孝多は受験を辞めたくなかった。
しかし毎日自分のために頑張り疲れ果てている母の姿を見て「受験を辞めた方が良いのでは…」と思い始めたのだとか。
それを聞いた瑛子は「あなたがしたいことをやればいいのよ…」と優しい言葉をかけるのだった。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第2話あらすじ・第3話見どころ【ファスト映画で逮捕された大学生を弁護!】

石子と羽男の元に舞い込んだ依頼は、中学生になる息子がスマホゲームで課金したお金を返金して欲しいというもの。
依頼者に毒親疑惑が浮上する中、調べを進めると、依頼者の息子・孝多は中学受験を辞めたいがためにわざと課金していたことが判明。
しかしその後、孝多ではない別の人物が息子のアカウントで課金するという新たな事件が発生。
調べを進めたところ、孝多が通う塾の女性講師が別の塾の生徒を使いアカウントを乗っ取り課金させていたことが判明したのだった。

次回は羽男に、”国選弁護”の依頼が舞い込む。
依頼内容はファスト映画の違法アップロードで逮捕された大学生の弁護。
羽男は「金にはならないが注目度は高い」と考え、その依頼を受けることに。
しかし弁護する大学生がなかなかクセ者で苦戦するなか、新たな事件が…。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第3話あらすじ・見逃し【ファスト映画投稿者を弁護】

ファスト映画

羽男(中村倫也)に国選弁護の依頼が舞い込む。
依頼内容はファスト映画の違法アップロードで逮捕された大学生の弁護。
羽男は「金にはならないが注目度は高い」と考え、その依頼を受けることに。
依頼者の山田遼平は映画監督を目指す23歳。
はじめは映画サークルのメンバーに好きな映画を紹介するために映画の内容を10分ほどに編集したものを動画サイトに限定公開でアップしていた。
しかしある日誤って通常公開したところ大バズり。
その日から様々な映画のファスト映画を作成しては動画サイトに投稿するようになりその数は27本に。
そしてそのなかの9本を製作している映画会社「ジパングピクチャー」から著作権法違反で告訴され逮捕されたのだ。

羽男が話を聞くと、山田は「ファスト映画の何が悪いんですか?僕の動画は収益化もして無いですし…」と全く反省していないのだった。

反省しない遼平

その後、羽男はジパングピクチャーへ行き、山田への告訴について示談に応じて欲しいと頼む。
しかしジパングピクチャーは「お金の問題では無い。ファスト映画を世間に認知してもらうのが告訴の目的なんです」と言われてしまうのだった。
さらにその後、羽男はファスト映画の投稿者の弁護士ということでSNSで叩かれていた。
この状況に困った羽男は、山田に罪を認めさせることを決意。
しかし山田は第一回公判でも「何が悪いんですか?」と反省ゼロの態度を見せるのだった。
その後、公判を終えた羽男の元にある女性がやって来る。
彼女は羽男の姉で検事の優乃(MEGUMI)。
初対面の石子は挨拶をし、羽男の父も裁判官だと知る。
しかしどうやら羽男と父にはわだかまりがあるようで…。

風評被害

その後、羽男は全く反省する気がない山田の様子を見て、「もう弁護はできない」と諦めかけるなか、山田と名前が似ている映画監督・山田恭兵(でんでん)がとばっちりを喰らいSNS上でファスト映画の投稿者と勘違いされ炎上していた。
数日後、動画サイトには山田恭兵の新作映画のファスト映画が投稿されていた。
コメント欄には「もしかして監督の自作自演か?」など辛辣なコメントが並んでいた。
その後、動画サイトに投稿された山田恭兵の新作映画のファスト映画について調べた羽男と石子。
するとそのファスト映画には映画本編では使われなかった未公開カットの映像が一部使われていることが判明する。
つまり、映画の関係者がこのファスト映画を作ったのだ。
石子は山田恭兵の事務所を訪ねそのことを報告すると、山田恭兵は「おそらく助監督の仕業だろう。彼は新作の客入りが悪いことを嘆き、宣伝のためにやったのだと思います…」と話した。

遼平を反省させるための作戦

その後、石子と羽男は全く反省していない遼平を反省させるための名案を思い付く。
それは遼平が尊敬する山田恭兵監督の新作のファスト映画が投稿されていること、そしてコメント欄にはその動画だけで酷評のレビューが多数を占めていることなどを報告。
「あなたはこれと同じことをしていたんですよ。あなたは映画を潰し、映画に関わったすべての人を苦しめたんです。あなたのしたことがどれだけ罪深いものか理解してもらえましたか?」
羽男がそう話すと、遼平は改心し罪を認め反省。
これにより執行猶予がつき、羽男も満足するのだった。
その後、遼平は羽男と石子と共に山田恭兵監督の元へ行き、土下座。
山田恭兵監督は優しく対応しながらも「もう映画は撮らないかもしれない。どんなに謝罪されても受け入れることはできません…」と告げ立ち去るのだった。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第3話あらすじ・第4話見どころ【電動キックボードによるトラブルを解決せよ!】

羽男はファスト映画投稿者・山田遼平を弁護することになるも、遼平は全く反省しておらず「このままだと執行猶予も取れない…」と頭を悩ませる。
そんななか、名前が似ているということで映画監督の山田恭兵監督がファスト映画投稿者だと勘違いされSNSで炎上するなど風評被害を受け始める。
さらに山田恭兵監督の新作映画のファスト映画も動画サイト上に投稿されるとその作品も批判の対象に。
羽男は全く反省していない遼平にそのことを報告すると、遼平も山田恭兵監督の大ファンだったことから自分が起こしたことの罪深さを痛感。
遼平は深く反省し、執行猶予となるのだった。

次回の依頼は電動キックボードによるトラブル。
依頼者の女性は妹が電動キックボードで男性とぶつかり、その後男性の容体が急変したことで妹がひき逃げ犯として逮捕されてしまったのだとか。
その後、羽男は被害者男性に示談交渉しに行くも、男性はひき逃げだと主張し裁判に。
さらに裁判では羽男は姉で検事の優乃とバトルすることに…。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第4話あらすじ・見逃し【電動キックボードによるトラブルを解決せよ!】

電動キックボードによる事故

潮法律事務所に電動キックボードによるひき逃げ事件の加害者の弁護の依頼が入る。
依頼者は絵実(趣里)という女性で弁護する相手は一奈(生見愛瑠)。
一奈は電動キックボードで事故を起こし、すぐに被害者に駆け寄ったが、当時被害者・隆信(じろう)は大丈夫だと告げ帰宅した。
しかしその後、容体が急変したことで一奈はひき逃げの容疑をかけられ逮捕されてしまったのだ。
羽男(中村倫也)と石子(有村架純)らはその弁護を引き受け、被害者・隆信の妻に話を聞きに行く。
「夫は事故の加害者はぶつかってすぐに逃げたと話していました」
隆信の妻はそう話し、示談するつもりはないと話すのだった。
そんななか、この件の検事が姉・優乃(MEGUMI)だと判明した。

示談の条件

第一回公判が始まる。
検事・優乃は現場周辺のカメラの映像などから一奈が事故の後救護活動を行った形跡がないと主張。
さらに過去に交通違反に関する非行を行った経歴があったことを責められ、羽男はなす術がなくなるのだった。
そんななか、被害者・隆信から示談に応じても良いという連絡が。
しかしその条件は「裁判で罪を認め1000万円を払う」という厳しいもので、羽男たちは困惑するのだった。

事件の真相

その後、羽男たちは一奈から「事故の時、被害者から甘酸っぱい匂いがした…」という証言を聞き、被害者・隆信の事故当日の動きやその素性について探ることに。
そして調べた結果、隆信の妻の父が東京地検の元検事正だと判明。
さらに隆信は事件当日、酒に酔っていたこと、事故前にある店に立ち寄っていたことが判明。
早速、羽男と石子がその店に行くとそこは違法カジノで、甘酸っぱい匂いというのは水タバコの匂いだったと判明。
2人は店に潜入するもバレてしまいピンチに陥るも警察が乗り込んで来たことで助けられるのだった。
その後、第二回公判がスタート。
羽男はそこで被害者・隆信が違法カジノ店へ行っていたことを指摘し、さらに新たな証拠を提示。
その証拠は現場から少し離れた場所で路上駐車していたトラックのドライブレコーダーの映像で、それには一奈が被害者を助けようとしていた様子がしっかりと映っていた。
これにより一奈に救護義務違反がないこと、そして被害者・隆信が虚偽の証言をしていたことが証明され、一奈は懲役2年、執行猶予3年となるのだった。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第4話あらすじ・第5話見どころ【ご近所トラブルを解決せよ!】

今回の依頼は電動キックボードによる事故を起こした女性・一奈の弁護。
被害者・隆信は事故を起こした時には何もなかったがその後容体が悪化したことで一奈はひき逃げの容疑をかけられていた。
その後、石子と羽男が調べを進めると、隆信の義父が東京地検の元検事正だと判明したり、隆信が事故前に違法カジノに行っていたことが判明。
そして現場から少し離れた場所で路上駐車していたトラックのドライブレコーダーの映像が証拠となり一奈が一度は被害者に駆け寄り救護活動を行なっていたこと、被害者・隆信が虚偽の証言をしていたことが証明されるのだった。

次回の相談は隣人トラブルで、依頼者は親しくしているそば店の塩崎。
どうやら叔父・重野が住む自宅の隣家の庭の木が大きくなり、自宅に毛虫が大量発生して困っているのだとか。
石子と羽男は早速重野家に行き話をし、長く伸びた枝を切ることに。
これで問題は解決…かと思われたが、数日後、今度は隣人から重野へ「ピアノの音がうるさい」という内容で訴えられてしまい…。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第5話あらすじ・見逃し【ご近所トラブルを解決せよ!】

ご近所トラブル発生

石子(有村架純)と羽男(中村倫也)のもとに親しい蕎麦屋の塩崎(おいでやす小田)から依頼が。
その依頼内容は叔父・重野(中村梅雀)の隣家の木が重野の家まで伸びて来て毛虫の被害が出てトラブっているというもの。
早速石子と羽男はそのトラブルを解決すべく重野の隣人・万寿江(風吹ジュン)宅へ。
すると万寿江は枝を切ることを了承。
その件は無事に解決した…かに見えたが、数日後、今度は万寿江が重野に対してピアノの騒音で精神的苦痛を被ったとして慰謝料を請求してきた。
石子と羽男は「どういうことだ?木の件の逆としてら恨みか?」と困惑し、引き続きこのトラブルについて調べることにした。

石子の体に異変が

そんななか、石子の体にある異変が。
腹痛で病院に行くと卵巣嚢腫の疑いがあるとの診断を受けた。
その後、実は重野と万寿江が前まで親しくしていたがここ最近は疎遠になっていた事実が判明。
茂野は落ち込んだ様子で慰謝料の支払いに応じることに決めるのだった。
翌日、改めて病院で検査を受けた結果、良性の腫瘍だと判明。
治療すれば治るということで石子はひと安心した。
その後、重野が慰謝料を支払うことが不当だと考えている石子たちは、万寿江の家を訪ね話を聞くことに。
するとピアノの騒音による慰謝料請求は、万寿江の意向ではなく間に入った町内会長だと万寿江は明かす。
そして万寿江は慰謝料請求を撤回すると宣言するのだった。
さらに万寿江は重野に想いを寄せていたこと、そして親しくしていたが3ヶ月前に重野の方から距離を置かれたことを話すのだった。

重野の秘密

重野が突然距離を置くようになった理由が気になった石子と羽男はその理由について探ることに。
そして調べを進めた結果、重野に関するある事実が判明した。
実は重野は慢性腎不全で人工透析をしていて、万寿江と仲が深まったとしても病気の件で彼女に迷惑をかけると考え、万寿江と突然距離を置いたのだった。
重野が病気を原因で恋を諦めようとしていたことが判明し、石子と羽男は「諦めることはない」と励まし、万寿江の家に行き2人で話すよう背中を押す。
そして重野は万寿江の家に行き、2人で話し、一緒に食事に出かけるなど仲を深めるのだった。
一方、石子は新たな就職先が決まったアルバイト・大庭(赤楚衛二)から愛の告白をされるのだった。

「石子と羽男ーそんなことで訴えます?ー」第5話あらすじ・第6話見どころ【事故物件トラブル!】

今回石子と羽男が担当したのは重野の隣の家の木が自分の家まで伸びて来て毛虫の被害に遭ったというご近所トラブル。
石子と羽男は問題の木の持ち主・万寿江の家を訪ね万寿江はすんなり木を切ることを了承し問題解決したかに見えたが、数日後に万寿江が重野を騒音で訴え慰謝料を請求してきた。
石子と羽男が調べた結果、実はこの訴えは間に入っている町内会長の意向によるもので万寿江自身は訴えるつもりがないこと、さらに重野に好意があること、さらに重野の方は自身が患う病が原因で万寿江と距離をとっていたことが判明。
石子と羽男は重野と話をし、病のことを気にせず恋をするべきだと重野の背中を押してあげるのだった。

次回、石子と羽男が担当するのは事故物件トラブル。
依頼者・拓真は妻と幼い子どもと引っ越すも、引越し後にそこが事故物件だと判明。
そして引越し前にこのことを教えてくれなかった不動産屋を相手取り引越し費用の請求、そして違約金は無効するよう申し出たのだ。
依頼を受けた石子と羽男は早速調査開始。
しかし不動産屋の社長は曲者で…。

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■おすすめ国内ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ海外ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ韓国ドラマあらすじ(ネタバレ)

-ドラマ, ミステリー, 国内テレビドラマ