ドラマ ラブストーリー 海外ドラマ

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン2あらすじ(ネタバレあり)

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン2 あらすじ

前シーズンで、フランス旅行をチャックにドタキャンされたブレアは、チャックへの仕返しに新しい彼氏を連れてフランスから帰国。その彼氏と真剣に付き合い始めたブレアを取り戻したいチャックは、自らのプライドを捨ててブレアへの告白を試みるも、あと一歩が中々踏み出せない。そうこうしている内に、ブレアと再熱したネイトは、チャックとの三角関係に悩まされる。
ダンと正式に別れたセリーナは、新しい彼氏ガブリエルとの恋にうつつを抜かすが、そのせいでとんでもない事態に巻き込まれてしまう。
思春期真っ只中のジェニーに頭を悩ませるルーファスは、シシーからリリーとの間に実子がいることを打ち明けられる。その息子に対面することを夢見るが、やっと面会した養父から悲しい知らせが。

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン2

第1話「恋しくて」

セレブたちの別荘が建ち並ぶハンプトンヅでは、毎年恒例のホワイトパーティーが今年も開催される。
セリーナが一人寂しくハンプトンヅで夏を過ごす一方で、ネイトは人妻のキャサリンとひと夏の恋を満喫していた。しかし、予定よりも早くキャサリンの夫が帰省し急遽中断。そこでネイトは、夫を偵察してやろうとセリーナとホワイトパーティーに参加することに。
パーティー当日。ネイトの姿に驚いたキャサリンは、彼を避けて冷たくあしらう。しかし、それに逆上したネイトは、セリーナと熱々のところをキャサリンにわざと見せつける。そこに思いがけずダンが現れ、パーティーは波乱の展開に。
ブレアは、フランス旅行をドタキャンしたチャックを嫉妬させようと新しい彼氏マーカスを連れて帰国。しかし、マーカスにイギリス皇室の身分をカミングアウトされたブレアは、途端に彼の虜に…。

第2話「キケンな情事」

夏休みも終盤。パンプトンヅで優雅に休暇を過ごしたセレブたちは、アッパーイーストサイドの街へ戻って来る。
ネイトは、父が薬物使用の罪を認めたことで家の資産が没収されたことを知る。それをキャサリンに相談したところ、今後も彼女と交際を続けるという条件でお金の援助を受けることに。
マーカスと街に戻ったブレアは、彼の歓迎パーティーを開催する。 一方、チャックは友だちを装ってマーカスに近づき情報収集をする。そして、花嫁の見定めが厳しいという彼の義理母と会うが、まさかのその人物はキャサリン。彼女とネイトの関係を知らないチャックは、キャサリンをそのパーティーに招きマーカスとブレアの関係を壊させる作戦に出る。
パーティーに現れたキャサリンは、パーティーの合間に別室でネイトとイチャつくところをブレアに目撃される。弱みをブレアに握られたキャサリンは…。

第3話「ダークナイト」

破産した家族を助けるため、ネイトはキャサリンに身体を売ってお金を稼いでいた。そんな中、キャサリンはヴァネッサとデートをするネイトを目撃。ヴァネッサをネイトから遠ざけたいキャサリンは、ブレアに協力を煽る。
早速ブレアは、ネイトとヴァネッサを今夜のパーティーに誘うが、いつもと違うブレアの様子に何かを察したネイトは、パーティーに行くのは無しにしようとヴァネッサに留守電を入れる。しかし、留守電を聞いていない振りをしてパーティーに参加いてしまうヴァネッサ。そして、運悪く、キャサリンと手を繋ぐネイトと鉢合わせる。
パーティーの途中、停電が起こりエレベータ内に閉じ込められたダンとセリーナは、ずっと避けてきた喧嘩の原因について話し合うことに。そして、解決策が見つからないことを悟った2人は、別れを決断する。

第4話「EX-ファイル」

シングルに戻ったセリーナの女王復活を心待ちにするチャックは、ある手回しをしてセリーナの恋愛闘争心を掻き立てる。
転校生のアマンダと仲良くなったダンは、早速アマンダをランチに誘うが、ブレア率いるお嬢様軍団は、失恋を引きずるセリーナをよそに羽を伸ばすダンに苛立ちを隠せないでいる。そこで、アマンダとダンのランチを阻止することに。
そんなお嬢様軍団のやり方に納得がいかないセリーナは、アマンダとダンを飲みに誘い、アマンダと仲良くなろうとするがチャックに邪魔されてしまう。
マーカスとキャサリンのキス現場を偶然目撃したヴァネッサは、こっそり写真を撮ってその場を後に。ヴァネッサから事情を聞いたブレアは、ネイトの賠償金を要求する代わりにマーカスとの関係を秘密にする取引をキャサリンと交わす。だが、この取引を知らないヴァネッサは…。

第5話「セリーナはまた昇る」

NYのファッションウィークが始まる。エレノアのファッションショーでは、セリーナとブレアがバックステージにいるのは毎年恒例のお決まりごと。しかし、今年はインターン生のジェニーの提案で、マスコミを集める為に有名セレブとその友人のセリーナがショーの最前席に。
ファションショー当日、この提案に納得がいかないブレアはジェニーに仕返し攻撃。ジェニーがデザインしたドレスをショーのドレスに忍ばせたり、モデルを帰らせたりとやりたい放題。
ダンは、イエールの文学部を目指して執筆に大忙し。しかし自作の小説がマンネリ化に陥り悩んだ挙句、チャックを小説のネタにすることに。早速、情報収集の為にそれとなくチャックに近づき仲良くなろうとするダン。そんなダンを最初は毛嫌いするチャックだが、徐々に気を許してしまいある深刻な悩みをダンに打ち明ける。しかしその直後、チャックはダンの鞄から小説の原稿を見つける。

第6話「イェールへの道」

大学訪問の週末。この日は、イエール志望者が学生選考部長と面接に挑む。面接に合格すればイエールの懇親パーティーにゲストとして招待されるのだ。
ファッションウィークの一件以来、ブレアへの闘争心に火が付いたセリーナは、志望大学をイエールに変更。そして急遽、ブレアと共に学生選考部長との面接に臨む。
持ち前の愛嬌で部長に気に入られたセリーナは、見事面接に合格。一方、不合格だったブレアは裏の手を使ってパーティーに何とか参加するが、パーティーそっちのけでセリーナと大喧嘩。
その頃、ネイトはキャンパスツアーにいた助教授に一目ぼれ。しかしキャンパス内で父の悪い噂を聞き、正体を偽ることに。とっさに自らをダンと名乗り、助教授を研究室に誘い込むことに成功。その矢先、文学部の研究室を訪ねたダンは…。

第7話「チャック・イン・リアルライフ」

ブルックリンの老舗バー保存の申し立ての為にチャリティー活動をするヴァネッサは、マーカスの浮気写真をちらつかせてブレアにも署名集めをお願いする。それを厄介に思ったブレアは、チャックと悪魔の契約を結び、ヴァネッサ潰しに協力してもらう。早速チャックはバーに出向いて嘘の買収話を店主に持ち掛けるが、老舗バーを守りたいという店主とヴァネッサの思いを知り、罪悪感に駆られる。
大学訪問以来、ダンと仲良くなったネイトは、家が売り払われたことをきっかけにハンフリー家に居候する。
パリから戻ったバートは、子供たちのスキャンダルが仕事に影響しないよう家に厳しいルールを作る。そんな堅苦しいバートに嫌気がさすセリーナは、わざと派手な言動をしてバート反抗する。

第8話「ジェニーのプレタポルテ」

本格的にエレノアのアトリエで働き始めたジェニーは、自分のデザインを盗まれ、重要な仕事を任せてもらえないことに不満を募らせる。ついにエレノアと言い争いになったジェニーは、モデルの友人アグネスの誘いで独立に踏み切ろうとする。
チャックに熱を上げているブレアは、男であるダンからアドバイスをもらいながら、チャックの気を引こうと頑張る。やっとチャックから誘いを受けたブレアは、彼に告白をしようとするが、突然心変わりしたダンの邪魔が入り波乱の結末に。
展示会イベントに参加したセリーナは、芸術家のアーロンと知り合い、彼からデートに誘われる。ダンとの関係をまだ引きずりながらも、彼にどこか懐かしさを感じ惹かれ始めるセリーナは…。

第9話「ゼア・マイト・ビー・ブラッド」

デザイナーとして独立したジェニーはアグネスの協力を借りてチャリティーパーティーでゲリラファションショーを決行することに。
パーティー当日。チャリティーの表彰式はぶち壊されるもジェニーのファッションショーは大成功を収め、ニューヨーク中の話題を独占する。しかし、ルーファスは娘の大胆な活動に猛反対。
ジェニーに片思いをするネイトは、チャリティーイベントでジェニーとキス。だが、そこを情報員に撮られてしまいゴシップガールに投稿される。投稿を見て怒ったダンは、ネイトをすぐに家から追い出す。
イエールに進学したいブレアは、選考部長に取り入ろうと部長の友人夫妻を接待。そのついでに、夫妻から籠りを頼まれたブレアは、ハチャメチャな小悪魔娘に振り回される…。

第10話「虚栄のかがり火」

ビジネスパートナーのアグネスと衝突を繰り返すジェニーは、彼女に黙って一人でブランド設立の契約を進める。それを知ったアグネスは、ジェニーを家から追い出しブランドの服を全て燃やしてしまう。一文無しになっても尚、成功したいジェニーはある大胆な決断をする。
シャピロの伝手でニューヨークマガジンの編集長と面会したダンは、チャックの父バート・バスのスクープ記事執筆を依頼される。そのついでに自分の作品も雑誌に掲載してくれるという大チャンスに促されたダンは、建設業界について執筆を装ってバートに密着取材を申し込む。しかし、ダンを警戒するチャックはダンの行動に探りを入れ始める。
母エレノアの新恋人サイラスと顔合わせをしたブレアは、理想の義理父とはかけ離れたサイラスを毛嫌い。何とか彼を受け入れようと努力するが…。

第11話「偉大なるアーチボルド家の人々」

感謝祭の日。極秘帰国した父と再会したネイトは、逃亡先のドミニカで家族一緒に暮らすことを父に提案される。しかし、FBIと接触したヴァネッサとチャックに呼び出されたネイトは、父のある緻密な計画を知る。
その頃、自由恋愛主義者のアーロンと付き合ったセリーナは、他の女子からアーロンを独占しようと酒とドラックに無縁の完璧な彼女を演じるが、ダンの余計な一言で台無しに。
一文無しでエリックの部屋に転がり込んでいたジェニーは、ブランド設立の契約書を自分でサインをする為、両親と決別する準備を進める。しかし、旅行から戻ったリリーとバートに事がばれて逃げ場がなくなる。
リリーは、夫バートが家族全員の秘密収集を探偵に依頼していたことを知って失望。バートと一旦距離を置く為、セリーナとエリックを連れてハンフリー家の感謝祭にお邪魔する。

第12話「素晴らしき嘘」

冬の一大行事スノーフレークパーティーを目前に、ジェニーはネイトにまだ未練があることをヴァネッサに相談するが、その直後、ヴァネッサとネイトのキス写真をゴシップガールで目撃。ヴァネッサに腹を立てたジェニーは、彼女がパーティーで着るドレスにある仕掛けをする。何も知らないヴァネッサは、そのドレスを着て会場に現れる。
アーロンの元恋人レキシーと仲良くなったダンは、彼女をスノーフレークパーティーに誘う。ダンへの気持ちがまだ残っているセリーナは、レキシーが相当な遊び人だとアーロンから聞き、パーティーでの2人の様子を監視し始める。
リリーのある衝撃過去を探偵から買収していたバートだが、パーティーに現れたリリーのことで急遽チャックから連絡をもらう。バートは急いでパーティー会場へ向かうが、その途中…。

第13話「オー・ブラザー」

バートが亡くなった日の夜に、ルーファスと会っていたリリーを恨むチャックは、父が調査していたリリーの秘密を探偵から買収する。そして、大々的に世間にリークするつもりでいた。さらに、チャックは自分を支えようとしてくれるブレアを振り切って、再び酒とドラック、女遊びに溺れていく。
ルーファスと人生をやり直す決心をしたリリーは、彼とクリスマス休暇に旅行をする約束をする。それを知ったリリーの母シシーは、2人が寄りを戻す前に知っておいて欲しいとリリーの秘密をルーファスに打ち明ける。
セリーナを諦めきれないダンは、アーロンと旅行に行くつもりのセリーナに思いを伝えるが、お互いの親が愛し合っているからと拒まれる。憤りを感じたダンは、ルーファスにリリーとの関係を問い詰めるが…。

第14話「さまようチャック」

新年を迎えたニューヨークの朝。バーレスクバーのビクトローラを買い戻したチャックは、相変わらず酒と女遊びの生活を送っている。そんなチャックの面倒を見るため、叔父のジャックがオーストラリアからニューヨークにやって来る。
一方、ブレアはチャックから見捨てられた虚しさを吹っ切る為、この街で由緒ある女性クラブ「コロニークラブ」へのメンバー入りを目指す。
ルーファスは、自分とリリーの間に息子がいることをシシーから聞かされる。何としても息子を一目見たいルーファスは、子供たちに内緒で養子に出された息子を探す旅に出る。
学校に戻りたくなったジェニーは、お嬢様軍団とは距離を置いて普通の学生生活を再開。しかし、ペネロペたちにいじめられているネリーが心配になり、ペネロペたちに喧嘩を売ってネリーを助けようとするが…。

第15話「遺言と共に去りぬ」

バートの遺言状開封の日。弁護士を介して、チャックと叔父のジャックの間で遺産相続の話し合いが行われる。バス産業の後継人を狙うジャックは、会社を継ぐつもりが全くないチャックに清々する。
しかし、息子に継いでほしいというバート意向が書かれた手紙を受け取ったチャックは、父の後を継ぐ決心をする。一方で、何としても会社が欲しいジェックは、チャックの社長就任祝いパーティーを開催して、そこでチャックを貶める作戦を立てる。
パーティー当日、バス産業の取締役員や株主たちが集まり盛大にパーティーが始まる。しかし、その前夜ジャックに女遊びを誘われたチャックは、パーティーのことも知らず朝まで酒と女に溺れる。そこでジャックは、招待客をチャックがいる社長室に招き入れ…。

第16話「ユー・ガット・イェール」

イエール合格発表の日。セリーナが見事合格した一方で、補欠になったブレアは学校の成績を維持することでラストチャンスを狙う。しかし新学期早々、新任のカー先生からB評定を付けられ絶体絶命に。交渉に応じてくれないカー先生に腹を立てたブレアは、彼女に攻撃を仕掛ける。
イエールに無事合格したダンは、セリーナの合格辞退にショックを受ける。親同士が愛し合っているだけでなく、大学も別々になることにセリーナとダンは将来の不安を感じ始める。そんな時、ダンは新任の文学教師カー先生と意気投合。
会社の後見人争いで叔父のジャックにはめられたチャックは、リリーの助けを借りてジェックを社長の座から降ろすことに成功。しかし、逆恨みしたジェックはリリーを襲い…。

第17話「愛の狩人」

奉仕活動が終わり、ブレアは打倒カー先生に燃える。そこで、最近仲の良いカー先生とダンに目を付けたブレアは、2人が付き合っているのでは⁉と嘘の噂をゴシップガールに提供。事態を知った校長先生は、名誉棄損でブレアに退学処分を言い渡す。しかし、噂が本当だった場合を示唆した弁護士のブレアパパは、緊急保護者会を開いて学校側に全面対決を挑む。
一方、退学の危機が迫るブレアが心配でならないセリーナは、ブレアのことを許してあげてほしいとカー先生に直談判するが、全く聞き入れてもらえず。その帰り道、セリーナはカフェでダンと会っているカー先生を目撃。
記憶がないまま目覚めたチャックは、昨晩のパーティーで何があったのか、そしてそこで出会った魅力的な女性は誰なのかを調べ始める。

第18話「エイジ・オブ・イノセンス」

演劇リハーサルの日。校長先生に呼び出されたブレアは、カー先生の件についてイエールに匿名の電話があったこと、それによって自分の合格が取り消されたことを知る。さらには、ブレアとマーカスが別れた理由も何者かによってこの日ゴシップガールに拡散されてしまう。全ての犯人がヴァネッサだとか確信したブレアは、彼女を問い詰める。
セリーナと別れたばかりのダンは、学校を辞職したカー先生と密に交際を始める。しかし、ダンはカー先生の意外な一面を知ることに。
紳士クラブという秘密組織が主催するパーティーに招かれ、途中から記憶を消されたチャックは、そこで恋に落ちたエルという女性を見つけ出す。しかし、権力者の秘密を知ったことで組織に狙われているエルは、部外者のチャックとの接触を避けようとする。それでも諦めないチャックを手玉に取ったエルは、チャックを利用して…。

第19話「グランドファーザー」

雪が降り積もるニューヨークの朝。わだかまりを解消するために親戚の集まりに参加したネイトは、お爺さんの期待に答えようと彼の言いなり状態になる。ついには、ヴァネッサとの夏の旅行をキャンセルして、お爺さんからのインターンの誘いを引き受けてしまう。
イエール進学の夢が閉ざされ落ち込むブレアは、カーターの誘惑に負けて悪い道に引きずられていく。その一方で、エルに裏切られやっと目が覚めたチャックは、ブレアとの関係をやり直そうとするが、すっかり人が変わってしまったブレアに戸惑う。
そんな中、久しぶりに社交の場に戻ったブレアは、パーティーの合間にネイトと話したことがきっかけで、徐々に自分を取り戻していく。
その日の夜、ブレアが心配なチャックは彼女の家を訪ねるが、エントランスには何故かネイトの上着が…。

第20話「Jの名残り」

パーティーの夜以来、ネイトと再び惹かれ合っていたブレアは、ようやく負のスパイラルから抜け出そうとしている。一方、ネイトから別れを切り出されたヴァネッサは、チャックと協力してネイトとブレアの仲を引き裂こうと企む。
ジェニーの誕生日パーティーの企画を任されたセリーナは、アットホームなパーティーにしたいというジェニーの希望を無視して、派手なパーティーを開いてしまう。怒ったジェニーは、大胆な手を使ってセリーナに仕返し。
誕生日パーティーに出席していたヴァネッサは、ブレアと一緒に来ていたネイトの前で、チャックとキス。ネイトに嫉妬させて気を引く作戦に出る。しかし、ヴァネッサの大人げない行動に呆れたネイトは…。
ジェニーとの揉め事にうんざりなセリーナは、気晴らしに友人のポピーとスペイン旅行に出かける。

第21話「過越祭」

コロンビア大学に合格したネイトは、コネで自分をイエールに入れようとする祖父と反発。しかし一方で、イエールとのコネを理由にネイトの祖父に味方したブレアは、ネイトとの関係が崩壊寸前に。
ポピーとスペイン旅行に出かけたセリーナは、そこで出会ったポピーの知り合いガブリエルと恋に落ちる。帰国後、セリーナはニューヨークまで追いかけてきてくれたガブリエルと付き合い始めることに。
ダンは、イエールの学費を稼ぐ為に父に内緒でウエイターの日雇いバイトをすることに。しかしこの日は、偶然にもエレノアの夫サイラス主催の過ぎ越し祭りで働くことになる。そして祭りには、セリーナやリリー、ルーファスも招かれる。さらにはセリーナを追いかけに来たガブリエルまで乱入し、祭りは波乱の展開に…。

第22話「南部紳士は金髪がお好き」

ガブリエルと付き合い始めたセリーナは、頻繁にデートをキャンセルする彼が心配になりブレアに相談。ガブリエルを怪しんだブレアは、チャックと協力して彼を尾行する。その結果、セリーナの友人ポピーとの二股が発覚。
しかし、セリーナに問い詰められたガブリエルは、会社の出資金を握っているポピーに脅されていることを告白する。そうであればと、セリーナは母リリーの力を借りて出資者をパーティーで募ることに。
一方で、いまだガブリエルを警戒するブレアとチャックは、ガブリエルの素性を暴くため彼と繋がりのあるジョージーナを訪ねる。
ネイトは、打倒ガブリエルに燃えて結託するチャックとブレアに嫉妬するあまり、今後の大学生活のためにとブレアに同棲を提案。しかし、チャックとの時間がいとおしく気持ちが揺らぎ始めるブレアは…。

第23話「Gの復活」

ガブリエルの信用詐欺に加担してしまったセリーナは、リリーにこの事を黙っておくようダンを口止め。しかしダンは、自分の学費を出資につぎ込んだルーファスが心配になり、リリーに全てを話す。
セリーナはガブリエルを警察に突き出そうとするが、詐欺の黒幕が実はポピーであったこと、彼女が大金を持ち逃げしたことが判明する。何としても、ポピーからお金を取り戻したいセリーナはブレアとチャックの協力を得てポピー復讐計画を練る。一方、事を荒立てたくないリリーは、ポピーを警察には通報せず内々で解決し始める。
すっかり善人に生まれ変わったジョージーナは、チャックに連れられアッパーイーストサイドに戻って来るなり、ブレアに過去の過ちの許しを請う。そこでブレアは、許しと引き換えにジョージーナをポピー復讐に協力させるが…。

第24話「ヴァレー・ガールズ」

事態を丸く収めたいリリーは、ポピーの代わりにセリーナを警察に逮捕させる。娘をスキャンダルから守りたいからとは言え、あまりのセリーナへの仕打ちに周囲から呆れられるリリー。ルーファスからも、まるでリリーの実母シシーのようだと失望される。その夜、リリーは留置所にいるセリーナを引き取りに行くが、そこには既にシシーの姿が。その事をきっかけに、リリーは親の期待から逃れて自由に生きたいと願った高校時代の記憶をたどる。
プロムの夜。ブレアは、幼いころから夢見た理想の相手ネイトとプロムに現れる。チャックは、プロムクイーンに相応しいブレアの晴れ姿を見届けようと、投票箱に仕掛けをする。そうとは知らず、プロムクイーンとキングに選ばれたブレアとネイトは、高校最後の栄光が終わるとともに…。

第25話「グッバイ・ゴシップガール」

卒業式当日。ゴッシプガールから皮肉を込めたお祝いメッセージが卒業生たちに届く。式のムードを台無しにしたゴシップガールに苛立つセリーナは、チャックたちと協力してゴシップガールの正体を探り始める。
お嬢様軍団が卒業してくれて清々するジェニー。しかし、既にコンスタンス高校では次期女王の座をめぐって権力争いが始まっていた。この権力体制を終わらせたいジェニーは、ブレアの一言をきっかけに女王の座をブレアから引き継ぐことになる。
その頃、子供たちの高校卒業をルーファスと祝杯していたリリーは、ルーファスからついにプロポーズを受ける。
卒業パーティーの夜。謎の管理人に、ゴッシプガールの正体探しがばれたチャックたちは、ゴッシプガールからネタの暴露攻撃を受ける羽目に…。

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン2 感想(見所・注目内容)

今シーズンでも、恋の駆け引きを繰り返すブレアとチャックですが、お互いへの一途な気持ちは変わらないままのようです。しかし、お父さんを亡くしたことで自暴自棄になったチャックが、ブレアを見放して再びお酒と女遊びに逃げてしまうところが、とても切ないです。
ルーファスがリリーにプロポーズしたことで、恋人同士から兄弟になったダンとセリーナ。2人の不思議な関係性に次回シーズンの展開が気になります。
シーズン2最終話では、ブレアたちの宿敵ジョージーナがついに復活します。ブレアとダン、ヴァネッサが進学するニューヨーク大学に入るつもりの彼女は、大学の寮でブレアとルームメイトになるために早速手回し。ジョージーナのどんな復讐劇が始まるのかハラハラドキドキです。

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン 目次

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン1あらすじ(ネタバレ含む)

海外ドラマ「ゴシップガール」シーズン3あらすじ(ネタバレ含む)

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■他の国内ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

■他の海外ドラマあらすじ一覧(ネタバレ)

-ドラマ, ラブストーリー, 海外ドラマ