国内テレビドラマ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第8話【愛と裏切りの果て!? 運命と悲劇の大逆転】あらすじ・見逃し

日高の双子の兄・東朔也の正体は……

望月彩子(綾瀬はるか)と日高陽斗(高橋一生)。
女刑事と容疑者のベンチャー企業・コ・アースの経営者は歩道橋の階段で揉み合っているうちに、転落し、魂が入れ替わっていた。

彩子は日高、日高は彩子として暮らすことに……

次第に彩子は日高は本来は優しい性格であると気がついた。
サイコキラーを装いながら誰かをかばっている……
そう確信した彩子は、一人の人間に行き当たった。

「東朔也」日高の双子の兄でありながら、運命に翻弄されて全く違った人生を辿った男。
意外にもその東は彩子のすぐそばにいた。

同居人・渡辺陸(柄本佑)の師匠・湯浅和男(迫田孝也)だったのだ。
湯浅は末期の膵臓がんであり、意識を失い病院に運ばれていた。

そのかたわら、日高が警備会社の社長宅に侵入した頃に、社長の息子が殺されていたことが判明した。

東朔也を追え!

日高は兄・東朔也の居場所をつきとめ病院までやって来たが、東は陸と共に地元・福岡まで足を伸ばしていた。

新たな殺人はいままでと同じように掌にΦの字が書かれていたが、以前の現場で見られた周囲を清掃したような痕跡はなかった。
いままで起こった殺人は、東が行った犯行を、日高が追いかけ、もみ消していた疑いが濃厚になる。

日高はコ・アースに訪れ、彩子に社長を辞任するように迫る。
彩子が殺人容疑で捕まったとしても、また東が逮捕されても会社の存続が危うくなるのは間違いない。
彩子は日高の指示に従い、社長を辞任し、富樫義貴(馬場徹)に譲る。

日高は東に容疑がかかるのを妨害するため、犯行現場にあった物証と同じものを買い集め、犯人が橋から川へ飛び降り、自殺したように工作した。

しかし日高の工作は無駄に終わる。
河原三雄(北村一輝)は捜査会議で日高の双子の兄・東朔也の存在を明かしたのだ。

事件付近の防犯カメラに映った男は東だと認定された。
東は以前、社長の息子が殺された警備会社に勤務していた。
息子と同じビルの警備にあたった東は、息子の職務怠慢で起こった不始末をなすりつけられ、会社を解雇されていた。

河原はさらに日高と東に接点があることも指摘した。
また日高が東の情報を知りながら黙っていたことも暴かれてしまう。

鑑識課の新田将吾(林泰文)は被害者の飼い犬の糞から、子供の乳歯を発見した。
解析の結果、それは日高の乳歯だと判明した。
日高と東に対して、緊急配備が敷かれた。

絶対絶命! 彩子に捜査の手が伸びる

管理官・五十嵐公平(野間口徹)がコ・アースに捜査令状を持ってやってきた。
彩子は八巻英雄(溝端淳平)から連絡を受け、社屋から逃亡する。

日高の秘書・五木樹里(中村ゆり)は記憶障害になる前の日高とは人が変わったと気がついていた。彩子は魂の入れ替わりを五木に打ち明けた。

五木は彩子を助けるため、日高がもう一度彩子と入れ替わろうとしてるのではないかと予測した。
その頃、日高は彩子の部屋から入れ替わる時にあった、奄美大島の丸石を持ち出していた。

彩子ついに逮捕! 日高の真意は

警察の手が彩子に迫っている中、日高は彩子を歩道橋に呼び出した。

日高は丸石を彩子に渡し、手錠をかけようとする。
丸石は殺人に使われた凶器でもあった。

日高は自分に逮捕された方が1番安全だと言うのだが……
日高の真意が分からないまま、2人はもつれながら階段を転げ落ちてい行った。

果たして2人の魂は入れ替わったのか? それとも……

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第8話 続き

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第9話あらすじへ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」第7話あらすじへ

ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」シリーズ目次へ