サスペンス ドラマ 国内テレビドラマ

【ネタバレ】「和田家の男たち」第1話あらすじ・見逃し【マスコミ三世代・奇妙な共同生活スタート】

「和田家の男たち」第1話あらすじ

祖父・新聞記者、父・TV局報道マン、息子・ネットニュース記者のマスコミ三世代の共同生活がはじまる。
『和田家の男たち』のあらすじ&ネタバレを紹介していきます。

共同生活/「和田家の男たち」第1話あらすじ

コロナ渦で勤めていた会社が倒産した和田優(相葉雅紀)は、生活費を稼ぐため宅配サービスの配達を行っていた。
ある日、優は宅配先で、社会人になってから疎遠になっていた父・和田秀平(佐々木蔵之介)と、祖父・和田寛(段田安則)と再会する。

秀平は優の母親・りえと再婚し、父親になったため優とは血の繋がりはない。
りえは26年前に取材中の事故で亡くなり、優は秀平と親子2人で生活していたのだ。
社会人になったことをきっかけに優が家を出てからは、秀平とは疎遠になっており、寛とは幼いに数回顔を合わせた程度だった。

秀平は優に「ここで3人で暮らさないか」と持ち掛ける。
優が職を失ったことを知り、寛が1人で生活することが心配だったこともあり、この家の家事をしてくれたらバイト代を出すと提案する。
優は迷いながらも、ここで共同生活を行うことを決めた。

ネットニュース記者/「和田家の男たち」第1話あらすじ

優は大学時代のゼミの後輩から、ネットニュース『バズとび』の記者を募集していると聞く。職を失っていたこともあり、優はやってみようかなと軽い気持ちで後輩の話に乗った。
以前、寛から教えて貰った『すき焼きに牛乳を入れるとコクが生れる』というネタで、優はネットニュース記者デビューを果たす。
自分の書いた記事がネットにあがり喜びを感じる優。

バズとびの信念は、ビューを稼ぐこと。
ビューを稼ぐことが我々にとっての正義であり評価だと教えられた。

さっそく優は秀平たちにも自分の書いた記事を見せる。
しかし、句読点の位置が違うなど新聞記者らしいツッコミを入れる寛。
記事には厳しいマスコミで働いてきた俊平たちは、取材にも行かずこたつに入ったままでも記事を書ける記者・通称『こたつ記者』になった優に頭を抱える。

アルパカから大スクープに/「和田家の男たち」第1話あらすじ

優は新たな記事の取材のため、那須高原にアルパカを撮影しに訪れた。
癒されるアルパカ写真をスマホに収め、さっそく記事を書いていく優。

途中で雨が降ってしまい慌てて家に帰ると、寛が一人泣いている姿を目撃する。
寝たふりをする優だったが、寛に捕まってしまい話を聞くことに。
寛はどうやら女性に振られたようだ。
話の流れで優も女性関係を聞かれたものの、3年前を最後にいないと答える。

翌朝、朝食の準備を進める優。
秀平は優のアルパカの記事の写真を見てあることに気付く。
他のアルパカの写真も送って欲しいと頼むと、何も知らない優は嬉しそうに写真を送る。

実は優が撮影した写真には、癒着の疑いのある国土開発大臣と株式会社マイニーの社長の2人が写っていた。
秀平は2人が小中同じ学校だったことまでは掴んでいたものの決定的な証拠を掴めずにいたのだ。

その夜のニュースで、優は自分の写真が大スクープとしてニュースになっているのを目にする。
自分の写真を何も言わずに使った秀平に怒りをぶつけるも、「親子だから家族だからは関係ない、俺はプロで優は素人だって事だ」と冷たく返されてしまう。

大スクープがきっかけでアルパカの記事は桁違いのアクセス数を稼ぐものの、優は複雑な気持ちをぬぐえずにいた。

「和田家の男たち」第1話あらすじ・第2話見どころ【元カノの結婚式・優に好意を寄せる女性の正体は?】

コロナ渦で会社が倒産してしまい、生活費を稼ぐために宅配サービスのアルバイトをしていた優。
ある日、配達先で父・秀平と、幼少時代に数回会ったことのある祖父・寛と再会する。
寛をひとり暮らしさせておくのが心配だった秀平は、3人で一緒に暮らさないかと持ち掛けた。
優はゼミの後輩から、ネットニュース記者『バズとぴ』の契約社員としてスタートする。
しかしある日、優が記事に挙げたアルパカの写真が、大スクープへと繋がる。
自分の撮影した写真を勝手に使われた優は俊平に怒りをぶつけるものの、プロと素人の差を見せつけられてしまった。

3年前に別れた彼女の結婚式に出席することになった優は会場で、ほのかと言う女性と出会う。
披露宴の途中にも関わらず帰ると言うほのかと共に優は、披露宴から抜け出すことに。
さらに、ほのかは優に好意を示し急接近してきたのだ。
果たしてほのかの好意は信じていいのか、それとも―。

-サスペンス, ドラマ, 国内テレビドラマ