ドラマ ラブストーリー 韓国ドラマ

韓国ドラマ「その年、私たちは」キャスト・相関図紹介

韓国ドラマ「その年、私たちは」人物たちが活躍する舞台や背景紹介

19歳の夏、舞台はソウル市内にある高校。洋館のようなノスタルジックなその建物で、育った環境も価値観も何一つ違うチェ・ウンとクク・ヨンスは出会った。知り合うはずのなかった人生がドキュメンタリー番組によって引き寄せられ、キラキラした青春の1ページのような日常が2人の距離を徐々に縮めていった。その年、互いに初めての恋をし、数年後つらい別れを経験する。10年の月日がたち、社会人になった2人は再びカメラの前に立つことに。思い描いてた未来とは違った者。別れの傷を引きずりながら絵を描き続けている者。ずっと恋心を隠し続けてきた者。孤独を感じながら表舞台で活躍する者。それぞれが出会い、不器用にぶつかり合い、惹かれ合う。2人のやり取りに思わずクスッとしてしまう学生時代と、仕事と恋愛と現実の中でもがく大人時代を交互に描きながら物語は展開していく。

韓国ドラマ「その年、私たちは」 人物紹介

主人公 チェ・ウン役 / チェ・ウシク(죄 우식)

高校時代の成績は学年ビリ。マイペースで人と争うことが苦手な平和主義者。現在は建物や風景を専門に描く人気の画家コオとして活躍中。ヨンスの元恋人で別れた今もずっと好きでいる。両親は食堂を多数経営していて裕福な家庭で育つ。

チェ・ウシク 1990年3月生まれ。カナダ国籍で英語が堪能。サイモンフレーザー大学で舞台演出を学び、ドラマ「チャクペー相棒ー」で俳優デビュー。「平凡な容姿が強み」と自ら語る。パク・ソジュンやBTSのVらと交流があり、ウガファミリーの一員でもある。「パラサイト 半地下の家族」ではソン・ガンホ演じるギテクの息子ギウ役に抜擢。数々の賞を受賞した。キム・ダミとは映画「The Witch 魔女」(18)以来、2度目の共演となる。

【主な出演作】
・ドラマ「ホグの愛」(15)
・映画「新感染ファイナル・エクスプレス」(16)、「パラサイト 半地下の家族」(19)

主人公 クク・ヨンス役 / キム・ダミ(김 다미)

高校時代の成績は学年トップ。負けず嫌いで上昇志向。実はおばあちゃん思いで根は優しい苦労人。現在は広告代理店「RAN」の企画チーム長として手腕を発揮している。ウンの元恋人。気が強いけど、ウンの前では可愛らしい一面も見せる。

キム・ダミ 1995年4月生まれ。倍率1500倍のオーディションを勝ち抜き「The Witch 魔女」(18)でスクリーンデビュー。特殊な能力を持つ少女を演じ、新人女優賞を総なめにした。小柄そうな顔つきだが、意外と身長が170cmあるスレンダー美女。

【主な出演作】
・ドラマ「梨泰院クラス」(20)
・映画「マリオネット 私が殺された日」(18)

キム・ジウン役 / キム・ソンチョル(김 성철)

TV局SBC勤務のプロデューサー。ウンの幼なじみでヨンスとは高校の同級生。忙しい母と2人暮らしで寂しい思いをしていたが、ウンの両親が実の息子のように愛情を注いでくれたため救われた。実はヨンスのことが好き。

キム・ソンチョル 1991年12月生まれ。ミュージカルを中心に活躍。映画「長沙里9.15」(19)で優秀な学生兵のエースを演じ、大韓民国文化演芸大賞の映画部門男性新人賞を受賞。

【主な出演作】
・ドラマ「刑務所のルールブック」(17)、「賢い医師生活」(20)、「ラケット少年団」(21)、「ヴィンチェンツォ」(21)
・映画「82年生まれ、キム・ジヨン」(19)

NJ役 / ノ・ジョンウィ(노 정의)

9年間不動のトップアイドル。自由奔放でまっすぐな性格。元々画家コオのファンで次第にウン自身に好意を持つようになり、忙しい合間をぬって度々会いに来るほど。華やかさとは裏腹に誹謗中傷に苦しむなど悩みもを抱えている。

ノ・ジョンウィ 2001年7月生まれ。9歳の時にドラマ「神のクイズ」(10)で子役デビュー。「ピノキオ」(14)では、主演パク・シネの子供時代を演じ一躍話題になった。

【主な出演作】
・ドラマ「フルハウスTAKE2」(12)、「以心伝心〜脈あり!恋あり?~」(17)
・映画「I Am a Dad」(11)、「ヒッチハイク」(19)、「私が死んだ日」(20)

ク・ウノ / アン・ドング(안 동구)

ウンの自称・敏腕マネージャーで、仕事だけでなく私生活の面倒も見ている。元々チェ・ホの経営する店でアルバイトをしていたが、そこでウンの才能に気づきマネージャーに転身。良い奴だけど騒がしい。

アン・ドング 1993年11月生まれ。大学で演劇を学び、ドラマ「風が吹く」(19)でデビューした新人俳優。少しパク・ソジュンに似ている。

【主な出演作】
・ドラマ「スノードロップ」(21)、「静かなる海」(21)
・映画「被写体」(20)

チェ・ホ / パク・ウォンサン(박 원상)

ウンの父親。食堂を何軒も経営しているオーナー。ウンのことはもちろんジウンのことも実の息子のように大切に思っている。

パク・ウォンサン 1970年1月生まれ。幅広く役を演じるベテラン俳優。

【主な出演作】
・ドラマ「ドリームハイ」(11)、「ヒーラー~最高の恋人~」(14)、「Wー君と僕の世界」(16)、「七日の王妃」(17)、「知ってるワイフ」(18)、「ザ・キング 永遠の君主」(20)

イ・ヨンオク / ソ・ジョンヨン(서 정연)

ウンの母親。夫婦二人三脚で店を繁盛させた働き者。愛情溢れる太陽のような人。

ソ・ジョンヨン 1975年9月生まれ。演劇「民衆の敵」(96’)で女優デビュー。ヒット作には欠かせない名脇役。

【主な出演作】
・ドラマ「彼女はキレイだった」(15)、「太陽の末裔」(16)、「キム課長とソ理事」(17)、「ハベクの新婦」(17)、「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(18)、「気象庁の人々」(22)

イ・ソリ / パク・ジンジュ(박 진주)

ヨンスの親友。元作家で現在は居酒屋を経営しているが、借金だらけで繫盛はしていない。男で苦労するタイプ。

パク・ジンジュ 1988年生まれ。ソウル芸術大学演技科を卒業後、映画「サニー 永遠の仲間たち」(11)でデビュー。ドラマ「彼女の私生活」(19)では、主人公のオタク仲間で一児の母イ・ソンジュを演じた。共演のパク・ミニョンとはプライベートでも仲が良い。

【主な出演作】
・ドラマ「あなたが眠っている間に」(17)、「サイコだけど大丈夫」(20)、「都会の男女の恋愛法」(20)

カン・ジャギョン / チャ・ミギョン(자 미경)

ヨンスの祖母で唯一の家族。厳しく意地っ張りなヨンスの性格は祖母譲り。誰よりもヨンスの幸せを願っている。

チャ・ミギョン 1965年7月生まれ。数多くの母役を演じてきたベテラン女優。ドラマ「梨泰院クラス」(20)では不動産業界の重鎮キム・スンレを演じた。

【主な出演作】
・ドラマ「サンガプ食堂」(20)、「ラケット少年団」(21)
・映画「82年生まれ、キム・ジヨン」(19)

ヌア / クァク・ドンヨン(곽 동연)

ウンのライバル画家。嫌味な言い方をするが確信をついている時もある。大学時代にウンの作品を盗作したことを認める。

クァク・ドンヨン 1997年3月生まれ。ドラマ「棚ぼたのあなた」(12)でデビュー。多方面で活躍する人気俳優。ドラマ「ヴィンチェンツォ」(21)では主人公の敵でバベルグループの会長チャ・ハンソを演じて話題に。

【主な出演作】
・ドラマ「雲が描いた月明り」(16)、「私のⅠⅮはカンナム美人」(18)

パク・ドンイル / チョ・ボクレ(조 복래)

ジウンの先輩プロデューサー。10年前にウンとヨンスのドキュメンタリー番組を撮影した。いい加減そうに見えてジウンのことをとても気にかけている。

チョ・ボクレ 1986年7月生まれ。ソウル芸術大学演劇科で演劇を学ぶ。

【主な出演作】
・ドラマ「ヨンパリ」(15)、「タンタラ」(16)、「ナビレラ」(21)
・映画「ソウォン/願い」(13)、「ジョゼと虎と魚たち」(20)

チャン・ドユル / イ・ジュンヒョク(이 준혁)

「ソエンショップ」の韓国支店企画チーム長。頭が良くて鋭い。実は犬好き。

イ・ジュンヒョク 1984年3月生まれ。韓国のみならず中国でも活躍中の俳優。

【主な出演作】
・ドラマ「スターの恋人」(03)、「シティーハンター」(11)、「秘密の森」(17)、「ラブ・セラピー~A  POEM DAY~」(18)、「365:運命をさかのぼる1年」(20)
・映画「野球少女」(20)

チョン・チェラン / チョン・ヘウォン(전 해원)

頼りになる優秀なジウンの後輩アシスタントディレクター。密かにジウンのことが好き。

チョン・ヘウォン 1998年4月生まれ。映画「0000」(15)でデビュー。「この恋は初めてだから」(17)で本格的に女優活動を始める。

【主な出演作】
・ドラマ「詩を忘れたあなたに」(18)、「スケッチ」(18)、「女神降臨」(20)
・映画「ちょうど1日」(16)、「チャンピオン」(18)

パン・イフン / ホ・ジュンソク(허 준석)

広告代理店「RUN」の代表。ヨンスの大学の先輩。お茶目なところがある。

ホ・ジュンソク 1982年6月生まれ。2002年に演劇俳優デビュー。マルチに活躍中。

【主な出演作】
・ドラマ「星から来たあなた」(13)、「タンタラ」(16)、「あやしいパートナー」(17)、「シーシュポス」(21)

キム・ミョンホ / パク・ヨヌ(박 연우)

ヨンスの企画チームメンバー。正直者でたまに毒舌。

パク・ヨヌ 1990年4月生まれ。デビュー間もない新人俳優。

【主な出演作】
・ドラマ「椿の花咲く頃」(19)、「キミと僕の警察学校」(22)
・映画「障害~獣を捕まえる罠~」(21)

チ・イェイン / ユン・サンジョン(윤 상정)

ヨンスの企画チームメンバー。情報通で自称:恋愛のプロ。

ユン・サンジョン 1998年1月生まれ。新人ながら話題作に多数出演。

【主な出演作】
・ドラマ「君は私の春」(21)、「社内お見合い」(22)、「流れ星」(22)

カン・ジウン / チャ・スンヨプ(자 승엽)

ヨンスの企画チームのインターン。ヨンスを尊敬している。彼女持ち。

チャ・スンヨプ 1993年生まれ。WEBドラマでデビューしたばかりの新人俳優。

【主な出演作】
・ドラマ「イベントを確認して下さい」(21)

イム・テフン / イ・スンウ(이 승우 )

ジウンとチェランのチームに配属されたインターン。抜けているようで実は仕事ができる。

イ・スンウ 1994年9月生まれ。新人俳優。

【主な出演作】
・ドラマ「ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌」(20)、「ハッシュ~沈黙注意報」(20)、「ドクター・ロイヤー」(22)

韓国ドラマ「その年、私たちは」

■韓国ドラマ「その年、私たちは」全話あらすじ(ネタバレ有)

「ドラコレ」おすすめドラマ一覧

■おすすめ国内ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ海外ドラマあらすじ(ネタバレ)

■おすすめ韓国ドラマあらすじ(ネタバレ)

-ドラマ, ラブストーリー, 韓国ドラマ